日刊大衆TOP 芸能

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

[別冊週刊大衆 あの80年代アイドルは今! 101人大捜査]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

1985年4月1日、フジテレビのバラエティ番組「夕やけニャンニャン」開始とともにデビューし、のちに次々とアイドルをブレイクさせていった『おニャン子クラブ』。1987年8月31日の同番組終了に伴って、翌9月に解散コンサートを行い、わずか二年半という短期間で活動を綴じた。
男子たちが誰もが夢中になった彼女たちは、いまどこで何をしているのだろうか? 合格のみの最短メンバーから現役で活躍するおニャン子までを全網羅!


 * * * * * *

■会員番号1番・奥田美香
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。'88年、プレイメイト・ジャパンに選出され裸を披露。その後、プロダクションの社長に就任したとか。

■会員番号2番・榎田道子
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。その後、ASAYANのオーディションに応募するも落選。現在、補正下着を扱う会社で働いているらしい。

■会員番号3番・吉野佳代子
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。それ以降、メディアで姿を見ることはいっさいない。現在は一般人に戻っていると思われる。

■会員番号4番・新田恵利
グループ結成時のオリジナルメンバー。おニャン子クラブのデビュー曲「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカルを務めるなど、初期のおニャン子クラブの象徴であった。'86年1月に「冬のオペラグラス」でソロデビュー。オリコン史上初となる、女性歌手デビュー曲初登場第1位を記録した。同年9月にグループを卒業しソロ活動を開始。'90年に文筆業を目指すため芸能界を一時引退するも、'93年、芸能界に復帰。'95年には初のエッセー「これじゃ結婚できないわ」を上梓した。'97年、前年のフジテレビの日に開催された「復活夕やけニャンニャン」を担当したフジテレビの社員と結婚。現在も情報番組のレギュラーや舞台出演など、芸能活動を継続中。
■会員番号5番・中島美春
グループ結成時のオリジナルメンバー。“放課後のクラブ活動”というおニャン子クラブのコンセプトを最も明確にしたメンバーであった。'86年3月にグループを卒業し芸能界を引退。その後、歯科技工士の専門学校に入学し、都内の歯科医院に勤務していた。'96年のフジテレビの日に開催された「復活夕やけニャンニャン」で、かつてとんねるずのマネージャーだったボブ市川と再会し交際がスタート。'99年に結婚して現在は専業主婦とのこと。

■会員番号6番・樹原亜紀
グループ結成時のオリジナルメンバー。結成当初は最年少でありながら、169㎝というおニャン子一の高身長であった。お笑い色の強いメンバーで、'86年4月、ニャンギラスのメンバーとして「私は里歌ちゃん」でユニットデビュー。同年9月のニャンギラス解散以降もグループに残り、'87年3月に卒業。その後は編集やライターの仕事を経てオランダ人の芸術家と結婚した。現在は夫とともにオランダに在住。専業主婦で2児の母である。

■会員番号7番・友田麻美子
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。その後、某女性誌のニット大賞を受賞したとのこと。現在は一般人に戻っていると思われる。

■会員番号8番・国生さゆり
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャンの前身である「オールナイトフジ・女子高生スペシャル」では美少女コンテストでグランプリに輝いた。運動部出身ということで上下関係に厳しく、おニャン子クラブのリーダー的存在であった。'86年2月に「バレンタイン・キッス」でソロデビュー。'87年3月にグループを卒業し、その後も芸能活動を継続している。90年代は女優に専念していたが、00年代に入って「ロンドンハーツ」をはじめバラエティ番組への出演も目立ち、当時、犬猿の仲と言われた新田恵利との共演も見られるようになった。'07年には「バレンタイン・キッス」のセルフカバーを発表。私生活では2度の結婚を経験している。

■会員番号9番・名越美香
グループ結成時のオリジナルメンバー。グループ内では教育係を担当していたという一面を持つ。'86年4月にニャンギラスのメンバーとして「私は里歌ちゃん」でユニットデビューしたが、同年9月にグループを卒業。この卒業でニャンギラスも解散となった。その後は「痛快なりゆき番組風雲!たけし城」に出演していたが、程なくして芸能界を引退。香港人のパイロットと結婚し、現在は香港でスタイリストとして活躍している。1児の母。

■会員番号10番・佐藤真由美
グループ結成時のオリジナルメンバー。夕やけニャンニャン放送開始直後に喫煙写真をスクープされグループを脱退。その後、ミスアイスクリームを受賞したとか。現在、モデル活動をしているという噂あり。
■会員番号11番・福永恵規
グループ結成時のオリジナルメンバー。ショートカットと小泉今日子を彷彿させるルックスで初期の人気メンバーとなった。'86年5月に「風のInvitation」でソロデビュー。同年9月にグループを卒業し、その後も芸能界に残った。韓国のガイドブックを執筆したこともある。'88年に芸能界を引退しOLとして働いていたが、'94年に結婚。現在はプロダクション勤務という話。引退後のメディア登場がいっさいない主要メンバーの1人である。

■会員番号12番・河合その子
85年4月おニャン子入り。当時19歳でグループ最年長であった。同年9月、「涙の茉莉花LOVE」でおニャン子初のソロデビュー。“歌うリカちゃん人形”と呼ばれるようになった。'86年3月にグループを卒業しソロ活動を開始。当初はアイドル路線であったが、'89年から作曲を手掛けるようになり、アルバム重視のアーティストとしての活動に移行した。'94年に作曲家の後藤次利と結婚し芸能界を引退。その後は基本的にメディアへの登場を控えているが、'00年にドラマ「多重人格探偵サイコ雨宮一彦の帰還」にワンシーンのみ出演。'10年に荻野目洋子、石川秀美、伊藤つかさと資生堂のCMに出演した。このとき、専業主婦で1児の母であることを明かした。

* * * * *
80年代&90年代に活躍したアイドルの現在の姿を徹底追跡したムック「あの80年代アイドルは今! 101人大捜査」(双葉社)が発売となった。今回はそのムックのなかの「おニャン子の今!」の特集から一部を紹介した。あの頃に青春を過ごした大人たちならきっと胸キュン間違い無しのこのムック。是非、書店などでお買い求めください。


消えたアイドル、懐かしのアイドルの歴史を辿ったムック「あの80年代アイドルは今!」絶賛発売中!

別冊週刊大衆シリーズ『あの80年代アイドルは今! 101人大捜査』

徹底調査!地元アイドルから4児の母まで「おニャン子」全54人のメンバーの現在は!? その1

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.