日刊大衆TOP コラム

パンチ佐藤 U-18世界大会で思う「世界を見る」ことの大切さ

1isii1

パンチ佐藤の「野球が一番!」
第23回 「世界を見る」ことの大切さ


今年のU-18世界大会で思ったことがあります。それは「世界を見る」ことの大切さです。 実際、僕自身、社会人・熊谷組時代に海外で他国の選手と試合をし、一皮むけて帰って来た思い出があります。

当時は台湾、韓国、プエルトリコへ遠征しました。 特に、プエルトリコでインターコンチネンタル世界大会が開催された時、「あること」を考えさせられたんです。それは「日本の野球環境が良すぎる」ということ。

インターコンチネンタル大会は国際大会ですが、球場のライトが薄暗くて内野までしか光が届かない。つまり「外野手は何も見えない」んです。

「こんなところ(球場)でよくやっているな」と試合開始当初、僕は思いましたが、キューバの選手が平然とプレーしている姿に「日本が良すぎるだけだ」と考えを改めたんです。

しかも、キューバ選手団はバットにグローブを挟み、そこへスパイクの袋をぶら下げて登場。まるで小学生みたいです。さらに、アンダーシャツはお尻のポケットに入れている。

かたや日本選手団は、バッグの中にタオル、ペットボトル、コンタクトレンズや爪切り…お泊まりセットみたいな物が入っている。そして、現地は水道環境が良くないので、スライディングするごとに、ペットボトルの水で汚れを流す。

それに比べ、何もしないキューバ選手のハングリーさ…比較対象になりません。 ナイターが終わり、宿舎に戻るのが深夜2時、3時頃。移動に時間がかかるんです。

それでもキューバ選手は、早朝6時には食堂まで走って朝食を摂りにきます。日本選手はその時間、しっかり寝ていますからね。

キューバの子供たちは拾った棒で野球をするんです。日本と違い、ボールなど高価な品は一般家庭にはありません。何と、トウモロコシの種をボールに見立てて遊ぶんです。日本の少年野球は、土日にユニフォームを着て練習。最近では、遊びで野球をする少年が激減しています。

こういった生活環境からキューバの子供たちと日本の子供たちは大きく異なるんです。 分かりやすくいえば、ブラジルの少年と日本の少年を比べればわかります。彼らと日本の草サッカーの質は一幕瞭然ですよね。ボールを蹴ることが生活の一部になっている。メジャー競技になったとはいえ、日本のサッカーはまだまだ生活の一部にはなっていない。
海外球場は比較的芝生が高い。レフト前にヒットが飛ぶと全力でダッシュしなければ、ボールがズルズルと止まってしまう。アメリカやキューバの選手はレフト前ヒットが二塁打になります。台湾の球場はグランドがガタガタという印象でした。みんな捻挫していましたね。

日本のグラウンドは綺麗であることを実感できます。ただ、海外の不便さを経験すると、ひとまわり大きくなって帰って来られる。かつて、持て囃された「時差」「阪神の死のロード」など古い話。海外の選手は劣悪の中でも平気な顔をしてプレーしている。日本だけ生温いんです。

アメリカは40度近い場所で試合し、次の日は豪雪地帯に移動したりする。選手はタフです。

よくいる日本選手は「梅干しが手放せない」。これは問題外です。アメリカではアメリカの文化に従い、韓国では韓国の文化に順応しないといけない。

野球に限らず、日本のスポーツ全体にいえることですけれどね。 どんどん海外に出て、プレー以外でもタフになってもらいたい。

やっぱり「野球が一番!」ですね。


パンチ佐藤(ぱんち・さとう)プロフィール

1964年12月3日生まれ
亜細亜大学から熊谷組を経て、オリックスにドラフト1位で入団。プロ野球時代、トレードマークのパンチパーマと独特な発言で人気者に。引退後はタレントとしても活躍し、2015年シーズンからBCリーグ『武蔵ヒートベアーズ』の宣伝本部長に就任した。

パンチ佐藤 U-18世界大会で思う「世界を見る」ことの大切さ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.