日刊大衆TOP 芸能

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)の評価が賛否両論だ。この番組は、明石家さんま(60)をはじめとしたお笑い向上委員会メンバーたちが、毎回、ゲストのお笑い芸人にクレームをつける形で、芸の向上を図るというのが一応のテーマ。もともとは『FNS27時間テレビ』内の1コーナーで、この4月から本格的にレギュラー化したものだ。

土曜日のゴールデン・プライム枠での放映ではあるが、今田耕司(49)、太田光(50)、ホリケン(45)、土田晃之(43)などなど、とにかく出演陣が豪華である。また、コンビの芸人でもピンで出ることが多く、いつものストッパーがいないぶん、太田光やホリケンといった破天荒キャラの暴走が見られる「お楽しみ」もある。(太田はギャラの折り合いがつかず3回目以降出演していない)

出演者は全員芸人。しかも司会はお笑い怪獣の明石家さんまだ。逃げ場なしのお笑い格闘技的な緊張感があり、「とにかく笑わせよう」という現場の熱気は伝わってくる。では、なにが批判を受けているのか? ただただうるさいのである。

まず、ゲストであるお笑い芸人が登場するまでが異常に長くフリートークや小芝居が延々と続き、それだけで見ているほうは萎えてしてしまう。勢いに任せているといえば聞こえはいいが、悪い意味での「やりたい放題」。さすがにこれでは内容がなさ過ぎると考えてか、放送8回目から冒頭に出演メンバーによるミニドラマが挿入されるようになったが、これがまたサムく、内輪ウケ感をますます濃厚にしてしまった。まぁ、内輪ウケはフジテレビのお家芸だけに、仕方ないのかもしれないが。
それにどこか嘘くさいのだ。1回の収録で3週ぶんをとっているのだが、後半になると出演陣が疲れているのが見てとれる。さんまは、そうした極限状態から笑いを生み出そうと考えてるのかもしれないが、お笑い芸人の愛想笑いを見てもこっちは面白くもなんともない。

芸人たちが必死になって「笑わそう」としているのは、テレビの前の視聴者ではなく、司会者のさんまなのだと気づかされてしまう。お笑い芸人だって、サラリーマンと同じなのだ。上司をヨイショできない平社員は一生ヒラのままか、もしくはリストラ対象だ。かつては欽ちゃんがそうであったように、後継を育てようとするその熱意が、時にアダとなる。

編集にも問題がありそうだ。制作予算が少ないぶん、1組のゲストで3週まで引き延ばすのもグダグダ感を強めるし、ここ数週間出ていないホリケンも「この番組はつなげてくれるから嬉しい」と言っており、ホリケンの暴走を適当に切って、合間合間に差し込んでいるということがわかる。放送では、ホリケンが空気を読まずヒッチャカメッチャカにしているように見えるが、実は編集で切って張って散らしているだけなのである。もはやお腹いっぱいの感があるさんまの張り芸(声を張って笑いをとる芸)だって、いいさじ加減で調整できるはずだ。

とはいえ、芸人の実力があからさまになる数少ない番組ともいえる。できれば、ゴールデンには昇格せず、自由にできるいまの時間帯で切磋琢磨してほしい。バラエティも、芸人も笑わせてナンボだ。このままだと「“さんま”はアカンねんで」になりかねない!?

(キクタヤスナリ)

「さんまのお笑い向上委員会」豪華出演陣なのに少しも笑えない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.