日刊大衆TOP 芸能

ピースにどぶろっく……芸人のコンビ名に込められた意外な意味

ピースにどぶろっく……芸人のコンビ名に込められた意外な意味

最近のお笑いコンビは抽象的な名前が多い。コンビ名を聞いただけでは芸人なのかバンドなのか、それともどこかのアングラ劇団なのか、想像がつかないものばかりだ。いったい全体どういう理由でつけられたのか、調べてみた。


若手編

●ウーマンラッシュアワー/村本大輔(34)・中川和宗(34)
ナルシストで性格の悪い村本と、元ヤンキーで天然の中川による漫才コンビ。2013年の『THE MANZAI』(フジテレビ系)で優勝を果たした吉本興業若手のホープだ。
理由→「どんな検索でも一発でトップにくること」を前提に村本が考案。そのうえで、映画好きの村本が『プリティ・ウーマン』と『ラッシュアワー』を合わせた。ゲスキャラの割りにはベタな映画がお好きなようで!?

●どぶろっく/森慎太郎(37)・江口直人(37)
欽ちゃん擁する浅井企画所属の歌ネタコンビ。昨年、男の妄想全開の『もしかしてだけど』でプチブレイク。
理由→顔色や声、息、爪が「ドブ川」を連想させる森と「ろくでもない男」の江口、がコンビ名の由来。江口のほうは24歳の頃に「ロック」と心中しかけたから、という説もあるが、まぁなんでもいいんだろう(笑)。

中堅編

●ピース/綾部祐二(37)・又吉直樹(35)
芥川賞作家の又吉と又吉じゃないほう・綾部によるお笑いコンビ。
理由→元々「ナンバーピース」にしようと思っていたが、ブランド名「ナンバーナイン」やバンドの「ナンバーガール」とカブってしまうため、却下。その後、又吉がカタカナ語辞典を適当に引き、「スカベンジャー」になりかけたが、意味が「腐肉を食う動物、ゴミを漁る人」だったためこれも却下。結局、ノートに書かれていたピースになった。

●オリエンタルラジオ/中田敦彦(33)・藤森慎吾(32)
保険会社の受付オペレーターのアルバイトで出会い、コンビ結成。武勇伝ネタでブレイクした。
理由→お互い好きな言葉を持ち寄り、中田は「オリエンタル」、藤森は「ラジオ」を選んで2つを合体。自動車保険販売業を営む中田の父親に「いい車の名前にはラ行の文字が入っている」と言われたことも理由の一つで、ラ行が3つ入った「オリエンタルラジオ」を採用した。

●南海キャンディーズ/山里亮太(37)・山崎静代(36)
現在、コンビとしては開店休業状態。M-1決勝に2回出場し、その実力は評価されていただけに、復活を望む声も多い。
理由→「山崎・山里」→「すずらん」→「南海ホークス」→「南海キャンディーズ」の順でコンビ名が変更している。「すずらん」での活動もしていたが、札幌吉本にも同じ名前のコンビがいたため、改名することに。先輩の勧めで「南海ホークス」になるも、2人とも野球に詳しくないため、南海を残し、山里の飲み屋でのあだ名「キャンディー」をくっつけて南海キャンディーズとなった。

●オードリー/若林正恭(37)・春日俊彰(36)
「トゥース」の春日と地味な若林による漫才コンビ。
理由→結成当初の事務所主催のライブに「若林春日」で参加しようとするも、「コンビ名がないと参加できない」と言われ、春日がその場で思いついた「ナイスミドル」というコンビ名でデビュー。2005年、事務所社長から「うにいくら」、「オードリー」の2択を迫られ、オードリーに決定した。社長いわく、華がない二人なので、華のあるオードリー・ヘプバーンから採ったという。

●サンドウィッチマン/伊達みきお(41)・富澤たけし(41)
仙台出身の見た目コワモテコンビ。2007年M-1では敗者復活戦からの優勝を果たす。
理由→上京当初は「親不孝」というコンビ名だったが、その後、もう一人加入しトリオに。3人になったので3(サン)のつく名前のサンドウィッチマンに改名。当時いたメンバーが痩せていたため、伊達と富澤で挟み「サンドウィッチマン!」というネタもあった。

●ロザン/菅広文(39)・宇治原史規(39)
大阪教育大学附属高校時代の同級生による秀才コンビ。デビュー時は京都大学と大阪府立大学の現役学生だった。
理由→初めてオーディションに参加するにあたり、コンビ名を「ロザン」決定。これは、漫画『聖闘士星矢』に登場する龍星座の紫龍の必殺技「盧山昇龍覇」(ろざんしょうりゅうは)より菅がつけたもの。また、フランス語の「ロザンジュ(日本語で菱形)」からとったという説もある。
●ブラックマヨネーズ/吉田敬(42)・小杉竜一(42)
2005年M-1王者。漫才はもちろんのこと、フリートークのレベルの高さにも定評がある。
理由→コンビ名は「Mr,Children」のように正反対でアンバランスな意味の単語を組み合わせ、考えたもの。マヨネーズという身近なものを入れることで「マヨネーズを見るたびに自分たちのことを思い出してくれたら」という思惑もある。

昭和のお笑いコンビといえば、「やすし・きよし」「大木こだま・ひびき」「夢路いとし・喜味こいし」など、コンビ名は師匠から付けてもらうのが常であった。駄洒落や言葉遊びをもじったものが多く、言うなればわかりやすく、ストレートだった。そういう意味では、コンビ名も人の名前と同じく「キラキラネーム」の時代がきているのかもしれない。

ピースにどぶろっく……芸人のコンビ名に込められた意外な意味

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.