日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ店に一撃数万発ゲットの穴場が!? パチプロが選ぶ「意外な爆裂台」

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第11回 「打つなら今しかない!」ガチプロのイチ推し機種対決!?


「に、に、兄ちゃん! 2千円貸してくれんか? もう当たるからすすす、すぐ返す」

20年以上前の出来事ですが、ホールで見知らぬおじさんに懇願されました。とても困っている様子だったので慌てて2千円を渡すと、おじさんは店の外へ猛ダッシュ。二度と戻ってくることはありませんでした……。若い頃からポンコツすぎる、パチプロ・アンドレの青い経験です。

さて巷ではパチンコのMAX自粛に関して様々な噂が飛び交っています。いわゆる「1/400 MAXスペック」の機種がもう打てなくなる、あるいはXデーに一斉撤去が始まる、等々。正しくは「11月以降からはMAXスペックの新機種が発売されなくなる」というものです。

しかし、ホールに現存している『牙狼』や『北斗』『慶次』などのMAX機種は今ならこれまで通り変わりなく遊べます。中古台としてなら新規入替も可能。ところが来年末あたりを目安として徐々に既存MAX機種の撤去を進める方向で業界は検討しています。そうなるとホールにおけるこれからの主軸スペックはどう変わってくるのか。今後の動向には要注目したいと思います。

そして大きな変革はもう1つあります。確変継続率(連チャン率)です。こちらはまだ正式な結論が出ていませんが、90%や80%といった高い継続率の機種は発売されなくなる見込みです。そうなると確率だけでなくゲーム性も含めてホール内の勢力図はガラリと変わりそうですのう。

わしのパチンコ歴は25年ほどですが、これまでいろんな規則改正や変更がありました。そのたびに思うのが「あぁ、大好きだったあの機種をもっと打っておけば良かった!」です。たとえパチンコ歴が短い人でもそんな思い出の機種があるかと思います。

そんなわけで、わしが今のうちに打ち込んでおきたいと思っているのが『CR 009 RE:CYBORG』です。

009
CR 009 RE:CYBORG
(ニューギン)
(C)2012「009 RE:CYBORG」製作委員会



メインスペックは、大当たり確率が約1/215のライトミドル版。この機種は、初回大当たりの全てに時短100回転が付き、その時短中に再び大当たりさせることができれば、怒涛のST連チャン「加速RUSH」に突入します。継続率は破格の90%なので、ひとたび突入すれば平均で10連以上の期待があるのです。

わしも初めての大当たりがいきなり28連で、一撃2万発オーバーでした。毎回そんなに噴くわけではありませんが、何しろ大当たりさせやすい確率なので半日も打てば連チャンのチャンスは何度も巡ってきます。

パチプロは釘が全てなので打ちたい機種ありきで台を選ぶことはしません。ただ、回転率などの条件が同じなら、わしは迷わずこの『009』を狙っています。当たりやすい安定感と、夢のある爆発力を兼ね備えたイイところどりマシンが他にないからです。

最近は大当たり確率が約1/99の甘デジ版も積極的に打ち込んでいます。時間があって本腰を入れたい時はライトミドル版、短時間勝負や他機種での負け分回収(笑)では甘デジ版がもってこいなのです。

どちらの『009』も現行スペックでは屈指の出玉性能を誇りますが、先日15年来の付き合いがある知人プロにその『009』の魅力を熱く語っていると、「だったら『ダンバイン』のほうがスゴいんじゃない?」と返されてしまいました。『CR聖戦士ダンバイン』はわしも好きなマシンなので何度か打ってますが、確かにそれはあるかも。これは甲乙付けがたいのう……。

ダンバイン
CR聖戦士ダンバイン
(サミー)
(C)創通・サンライズ Project by Sammy



『ダンバイン』の大当たり確率は『009』より少し低めの1/256。それでも初回大当たりの半分でいきなりST突入となるのが大きな魅力です。残り半分は時短ですが、そこで当たればもちろんSTに入ります。連チャン率は『009』と同じく90%超なので平均10連以上のポテンシャルがあります。

『ダンバイン』は設置店が少ないのがネックですが、その知人プロは的を絞って追い続け、狙っていた優秀ホールで50連チャンを含む大当たり170回を叩き出しました。投資数千円で何と6万発ゲット!

さらに一番の魅力は演出がシンプルなところ。消化スピードが抜群なのでST中は壊れたように当たり続けるのが快感です。また通常時もシンプルでガセや煽りが少ないのでストレスが溜まらずにすみます。ド派手でやたら引っ張る演出ばかりの台が多い昨今にあって、『ダンバイン』の潔さはむしろ新鮮さを感じるほど。

ここまで書いてたらわしも『ダンバイン』の設置店を探したくなってきたのう。知人プロとわしは腕前としては互角。良きライバルでもありますが、いくら仲良しでもお互いパチプロ。やはり負けたくはありません。『009』と『ダンバイン』、どっちも打ち込みまくって50連以上の場外ホームランを狙ってみせます!



■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。


パチンコ店に一撃数万発ゲットの穴場が!? パチプロが選ぶ「意外な爆裂台」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.