日刊大衆TOP 芸能

竹中直人に鶴見辰吾も? いま、仮面ライダーではベテラン俳優たちが大活躍中!

竹中直人に鶴見辰吾も? いま、仮面ライダーではベテラン俳優たちが大活躍中!

オールドファンにとっては、仮面ライダーシリーズ(TBSテレビ系)は子どもたちのヒーローだったが、平成以降のファンにとっては、ブレイク前のフレッシュなイケメンたちが登場するため、子どもだけでなくお母さんたちもワクワクさせていることが知られている。

しかし、近年はイケメンだけでなく、映画やドラマで名脇役として活躍している、ベテラン俳優も出演しており、本格的なドラマとして愉しめる作りになっている。平成のライダーシリーズ(テレビ朝日系)に登場した、その味わい深い顔ぶれとは……?

竹中直人(59)→『仮面ライダーゴースト』(2015年10月4日〜放送中)
主人公が初回で殺されて幽霊として蘇り、宮本武蔵やエジソンなど、世界の偉人たちの力を借りて戦うという設定で、竹中は死後の世界の仙人として登場。主人公にベルトを授け、仮面ライダーとして蘇らせるのだが、そのキャラが「濃すぎる」と、特撮ファンの間で話題になっている。空中に顔アップで浮かび上がるシーンでは、敵の攻撃をはねかえしてしまう底知れない力を披露するのだが、凄くクドくてシュール。いかにも竹中直人らしいと評判だ。

片岡鶴太郎(60)→『仮面ライダードライブ』(2014年10月5日〜2015年9月27日放送)
主人公はバイクではなく自動車を運転する「仮面ライダー」。刑事ドラマの要素が取り入れられていて、片岡は主人公が警察組織の内部で活動するため、隠れ蓑として設立された特状課の課長、本願寺純として登場。ストーリー終盤の第44話で、警察が開発した量産型ドライバー第1号の被験者として「仮面ライダー純」に変身する。異例の還暦ライダーとして、最年長での「変身」記録となった。

小倉久寛(61)→『仮面ライダーウィザード』(2012年9月2日〜2015年9月29日放送)
魔法使いがテーマのファンタジー路線のライダーシリーズで、小倉は骨董品屋「面影堂」を営む店主、輪島繁として登場。謎の儀式「サバト」に巻き込まれるも生き残り、魔法使いになる資格を得た主人公を店に居候させて、父親のような存在になっている。輪島繁は宝石職人として魔法の石を指輪にする技術も持っているが、出来上がった指輪がどういう力を発揮するかは、本人も使ってみないとわからない、というトボけた役。

鶴見辰吾(50)→『仮面ライダーフォーゼ』(2011年9月4日〜2012年8月26日放送)
リーゼントに短ランという往年のツッパリスタイルの転校生が主人公で、シリーズ初の高校を舞台にした学園モノ。コンセプトは「NASAと宇宙に向かうライダーで、決め台詞は『宇宙キター!』。鶴見は主人公が通う高校の理事長、我望光明として登場するが、幹部怪人集団「ホロスコープス」の司令塔という裏の顔も持ち、怪人サジタリウス・ゾディアーツに変身する。福士蒼汰(22)など、若手にまじり、ベテランらしい抜群の存在感を見せていた。
宇梶剛士(53)→『仮面ライダーオーズ/000』(2010年9月5日〜2011年8月28日放送)
わずかな日銭と明日のパンツだけを持ち、世界を放浪している青年が主人公。謎のメダルとベルトを手に入れた彼は、800年の眠りから目覚めた怪人たちと戦う。宇梶はオーズを支援する謎の巨大財団の会長、鴻上光生として登場。いかついルックスに似合わず、ケーキ作りが趣味で、何かにつけてバースデーケーキを作っては贈呈している。会長室にはオーブンやケーキの調理器具が置かれていた。強面の宇梶だが、本作ではコミカルな一面を見せ、好評となった。

寺田農(72)→『仮面ライダーW』(2009年9月6日〜2010年8月29日放送)
シリーズ初の「2人で1人の仮面ライダー」で、主役の2人が同時に変身ベルトを装着することで1人のライダーへと変身する。寺田は日本にある架空の都市「風都」を影で操る敵組織の総帥、園咲琉兵衛として登場。ケーキなどの甘味に目がなく、有能なパティシエの作った菓子を好む。USBメモリのような形のガイアメモリを所有していて、自らも幹部怪人、テラー・ドーパントに変身する。ちなみに寺田は『仮面ライダー鎧武』のスピンオフオリジナルビデオ『鎧武外伝』シリーズの『仮面ライダー斬月/仮面ライダーバロン』にも出演している。

石橋蓮司(74)→『仮面ライダーディケイド』(2009年1月25日〜8月30日放送)
過去に活躍した「仮面ライダー」たちの世界が融合してしまい、それぞれの世界の敵が同時に現れてしまったという設定で、主人公は9つの並行世界で戦う。石橋は主人公が居候している「光写真館」の老主人で、ヒロインの祖父、光栄次郎として登場。銀髪のセミロングと眼鏡、蝶ネクタイというルックスで、怪人の存在を知っても特に驚きも見せずマイペースに順応する、謎の多い人物を演じた。

下條アトム(68)→『仮面ライダー響鬼』(2005年1月30日〜2006年1月22日放送)
修行によって「鬼」になる能力を身につけた者たちが戦うシリーズで、従来の仮面ライダーたちと違って「変身ベルト」を使わない。そのため変身ベルト玩具は、和太鼓とバチをモチーフにした「DX音撃棒セット」が発売された。下條は「甘味処たちばな」の経営者であり、「鬼」をサポートする組織「猛士」事務局長でもある、立花勢地郎として登場。もちろん「立花」は、仮面ライダー1号の協力者、スナックアミーゴの店長、立花藤兵衛からとったもの。主人公たちからは『おやっさん』と呼ばれ、オールドファンを喜ばせた。

また、映画版のみだが、吉川晃司(50)は『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイド MOVIE大戦2010』(2009年公開、東映系)、「仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE」(2010年公開、東映系)に出演している。「仮面ライダーW」本編の1年前に死去した設定で、主人公たちが拠点としている探偵事務所の所長だった鳴海荘吉として登場し、「仮面ライダースカル」に変身する。出演依頼が来た時はマネージャーに「怪人の役じゃないの?」と尋ねたそうだ。アクションシーンでは吹き替えを嫌い、ライブステージでお馴染みの回し蹴りを披露した。

竹中直人に鶴見辰吾も? いま、仮面ライダーではベテラン俳優たちが大活躍中!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.