日刊大衆TOP 娯楽

パチンコで稼ぐ「パチプロ」が1日で10万負けても平気な理由


現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第13回 「パチプロはなぜ負けても平気なのか?」
データ表示機をポチポチしながら「よし! この台が良さそうだ」と、もっともらしい台選びをしてるフリをして若い女性の隣にシレッと座るおじさん。そんな中年にはなりたくないと思っていたのに、すでにオッサンのパチプロ・アンドレです。
「パチプロ」の定義はいろんな見方があります。打つ技術が上手いか下手かの基準はさておき、パチンコで勝ったお金で生活している人を「プロ」と呼ぶのが一般的。自分で「俺はパチプロだ」なんて名乗る人はあまりいませんが、わしもそのパチンコ生活者の一人です。
「パチプロ=常に勝つ人」が世間の認識だと思います。とはいえ、例えプロでも百戦百勝とはいきません。勝率だけで言えばわしの場合は7割弱です。つまり3回に1回は負けているんです。意外に大したことありませんよね。
それでも収支的には、平均負け額よりも平均勝ち額のほうが大きいので、何とかやっていけています。……が、最近はそうでもなくなってきました。
パチプロになって20年以上が経ちますが、ずっと7割をキープしていた勝率がここ数年で急落。今年に限ってみれば5割も危ういほど。ちょっとピンチです。いや、かなりヤバイかも。
過去には大スランプや機種の移り変わりでそんなピンチは幾度となくありました。それを乗り越えてこそのプロなので、基本通り「勝てる店、勝てる台探し」に奔走して頑張ろうと思っている日々です。
さて、パチプロでも人並みに負けることがあるのはおわかりいただけたかと思います。しかし「負け」に対する意識は、プロ独特のものがあるかもしれません。今回はそのあたりをお話してみたいと思います。
まず、パチプロはどんな時でも計算上「勝てない台」は打ちません。回らない台のことです。逆に言えば、回る台ならどこまででも追いかけます。むちゃくちゃ回るなら千回ハマリでも2千回ハマリでも全く気にしません。
もちろんハマリに比例して万札が次々と消えていきますが、「勝てる見込み」が前提にあるのでクヤシイとかイライラする感情は湧きません。
どんなによく回る台でも、朝から晩までブン回せば10万負けはザラ。そんな台を追い続けて2週間全敗……なんて極端な不ヅキもあります。
ところが月間収支で見れば、よく回る台だけを打っていればまずマイナスにはなりません。さらに年間単位なら100%勝てるでしょう。いわばこれが「勝てる見込み」、つまりトータルで考えることが大事なのです。
余談ですが、「回る台で粘る」を実践していれば月に1~2回は10万勝ちに出会えます。20万勝ちもさほど珍しくはありません。個人的な過去最高額なら『えびすV』という大昔の連チャン機で一撃13万発、33万円勝ちなんてのもありました。
あくまで普段は1日平均2~3万の勝ちを目指しているので、10万勝ちも10万負けも結果論のマグレにすぎません。パチプロ稼業というのは言い換えれば「一喜一憂しないタフネスさ」なのかもしれませんのう。
話を「負け」に戻しますが、20年間の経験上、現金投資が8万円を超えると、そこからのプラス逆転が非常に難しいです。展開的に投資が10万を超える場合もありますが、そうなると負け確定を承知の上。
「こんなに回る台にはもう巡り会えないだろうから時間の限り打ち切ろう!」こんな心境なんですね。ちなみに1日での最高負け額は14万。これはちょっと無謀すぎました……。
もしそんな大負けをしても、ブン回りの台であれば運が悪かっただけとすぐ切り替えます。本音は正直悔しいですが、日々の不運を嘆いていてはプロ生活は務まりません。明日もあさっても回る台を探して黙々と打ち続けるだけなのです。
ところが、プロのくせにクヤシイと思える負けもあります。
それは思ったほど回らない台に投資をしてしまった時、釘がイマイチで移動する時などです。
誰にでもよくあることでしょうが、台を見切った時点でムダ金なのでたとえ千円の試し打ちであってももったいなくて許せません。プロっぽい人が必死で釘を読んだり覚えたりするのは、そんなムダ金を1円でも減らすためなのです。
回る台なら10万負けでも平気なのに、ダメ台に落とした千円は後悔してしまうなんて、これもパチプロ独特の考え方なんですのう。
先月は朝イチから、大当たり確率の5倍ハマリを1週間連続で喰らってしまいました。負けても負けても万札をブチ込む後ろ姿はかなり悲壮感が漂っていたはずです。
ホールからは「コイツ手強いプロだな?」ではなく「プロっぽく見えるけど実は上得意様か?」と思われているかもしれません。今後もパチプロ生活を続けていくうえでは後者のほうがありがたいんですけどね(笑)。
と、言いつつ今回のトンネルはいつになったら抜けるのやら……。
■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコで稼ぐ「パチプロ」が1日で10万負けても平気な理由

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.