日刊大衆TOP 芸能

往年のアイドルか大物の復帰か?NHK紅白歌合戦「秘密兵器サプライズ」スッパ抜き!!

[週刊大衆11月23日号]

往年のアイドルか大物の復帰か?NHK紅白歌合戦「秘密兵器サプライズ」スッパ抜き!!

司会者発表も大幅に遅れ、大揉めの今年。視聴率低迷のピンチに瀕した国民的番組の秘密兵器をキャッチ!
「このままでは視聴率40%割れの大惨敗は必至。局内では起死回生の仰天サプライズ案が飛び交っていますよ」(NHK関係者)
大晦日の国民行事とも言える『NHK紅白歌合戦』が大ピンチだ。まず、一足早く紅組司会に決定したのが綾瀬はるか。総合司会には昨年と同じく有働由美子アナが決まった。
「北島三郎、タモリ、SMAPなどと大物の名前が飛び交かった白組司会ですが、結局、V6の井ノ原快彦に収まりました」(前同)
綾瀬はともかく、イノッチと有働の『あさイチ』コンビでは、なんとも地味。
「もともと、NHKは司会にタモリを抜擢したかった。ところが、この極秘計画が早々にマスコミに漏れたこと、さらにタモリの所属事務所が交換条件として同じ事務所の夏目三久の起用も求めたため、話はオジャンになったんです」(同)
目玉司会者を失ったうえ、今年は歌手勢にも大ヒットがなく、話題性に欠ける。
「昨年は『アナと雪の女王』の“レリゴー”ブームや、松田聖子と神田沙也加の母娘共演などもあり、視聴者の関心を惹きましたが、今年は、クマムシの『あったかいんだからぁ♪』ぐらい。歌手には期待できないので、審査員で登場確実のラグビーの五郎丸歩選手に、五郎丸ポーズで視聴率を稼いでもらうしかありません」(芸能ライター)
さらに、民放の裏番組からも思わぬ刺客が!
「フジテレビが格闘技番組『RIZIN』を放映するので、若い世代はそっちに流れる可能性が高い」(前同)
こうした追い詰められた状況に、NHK局内では、なりふり構わぬ“目玉級サプライズ”案が次々と提出されているという。その中身を本誌がスッパ抜いた!
まずは、北島三郎の復帰だ。2013年に“後輩に道を譲りたい”として、紅白を卒業したサブちゃんに未練がましくラブコール。
「“サブちゃんのいない紅白は見ない”とNHKに苦情が殺到するほど、いまだに人気は絶大です。紅白復帰を模索し、今年の夏、音楽番組『思い出のメロディー』で、サブちゃんを司会に抜擢しました。その勢いで紅白の司会も、という話も出ましたが……」(前出のNHK関係者)
結局、司会は実現しなかったものの、なんらかの形で出場してもらえないか、目下交渉中だという。
「北島の所有馬キタサンブラックが10月25日の菊花賞でGⅠを初制覇した際、京都競馬場で“まつりだ、まつりだ、キタサンまつり~”とサブちゃんが熱唱したんです。これに局内の期待は高まりました」(前同)
大物歌手といえば、昨年はサザンオールスターズと中森明菜の出演が目玉となったが、今年はどうか。
「すでに名前が挙がっているのは、デビュー35周年になる近藤真彦と、デビュー30周年のTUBE。そして、最強のサプライズと期待されているのが松山千春です」(芸能ライター)
近年はテレビに出ていない松山だが、実は今年9月、『のど自慢』にゲスト出演。なんと、15年ぶりに生放送で歌を熱唱したのだ。
80年代アイドルが3人一緒に
「松山は素人時代、『のど自慢』に出ることが夢だったことから、この出演も実現したんです。NHKとしては、これをキッカケに、必死の交渉をしています」(別のNHK関係者)
松山出場となれば、話題にはなりそうだが、頼みの綱は“過去の人”ばかりといった印象。そんな中、あのNHKがまさかの“スキャンダル枠”を新設したとの怪情報も!
「第一候補は高橋ジョージです。高橋は春夏に放送されたNHKドラマ『美女と男子』で“妻子に捨てられた一発屋歌手”という、本人の生き様を地でいく役を熱演しました。劇中歌のCDを発売するなど、NHKに貢献しています。『ロード』が200万枚以上売れても紅白は落選した過去もあり、初出場への執念は相当強いようです」(前出のNHK関係者)
同ドラマで主演を務めた仲間由紀恵が応援に駆けつける、なんて演出もある!? さらに、TV美女評論家の八木晶王氏はこう言う。
「どうせなら今年は結婚した芸能人も多かったので、“結婚枠”と“離婚枠”を設けるべき。結婚組は爆笑問題の田中裕二、堀北真希をモノにした山本耕史などが登場して、高橋さんと絡ませるんです。今年一年、幸せだった人と不幸せだった人とのやり取りは、間違いなく面白いですよ」
実現すればワイドショーもビックリのサプライズだ。
演出面では、喉頭がん手術で声帯を摘出したつんく♂の登場が大本命。NHKが好む感動的なストーリーにも仕立てやすいが、さらなる秘策まであるという。
「つんく♂を応援すべく、モーニング娘。の初期メンバーが登場。加護亜依や矢口真里も何食わぬ顔で歌って踊るんです。もちろん、審査員の方は“笑ってはいけない”ルールですよ」(広告代理店スタッフ)
日テレ大晦日恒例の裏番組も、これにはKO! これに加え、『RIZIN』も真っ青な“格闘”も用意されているとか……。
「紅組きゃりーぱみゅぱみゅと、白組SEKAI NO OWARIの対決です。ご存じの通り、きゃりーとセカオワのFukaseは交際していましたが、今年破局。ジャニーズ枠でNEWSが出れば、きゃりーの浮気相手とされる手越祐也との、三角関係バトルも見ものです」(芸能ライター)
紅白でドロドロの展開と相成るか。そんな話とは別に、NHKではなぜか、菊池桃子の名前も挙がっているという。
「菊池は、安倍内閣が掲げる“一億総活躍社会”に向けた国民会議の民間議員に選ばれました。NHK会長と首相は懇意の仲ですから、“安倍ゴリ押し枠”として、審査員あたりで出場する可能性は大です」(前同)
ゴリ押しといえば、ヒット曲もなく今年こそ、ついに落選かといわれた和田アキ子も結局、出る方向だ。
「司会の綾瀬と同じ事務所の大先輩。さすがに落とすわけにはいきませんよ」(前出のNHK関係者)
事務所絡みでは、独立問題で13年から紅白出場を干されていた小林幸子も、いよいよ復帰する。
「事務所のゴタゴタも解決し、NHKとは和解済みです。小林のあの衣装を見たいという声は多いですからね。ただ、復活となれば今まで以上の演出が必要。そこで、“工事中の新国立競技場でフェニックスのごとく、幸子を舞い上がらせてはどうか?”なんて、冗談みたいな話まで持ち上がっています」(別のNHK関係者)
もはや何でもアリの紅白だが、芸能ライターの三杉武氏は真面目にこう語る。
「今の紅白を見るのはオヤジ世代。昨年は中森明菜、薬師丸ひろ子、松田聖子と80年代のアイドルが次々と出たから楽しめたんです。今年は河合奈保子がデビュー35周年、斉藤由貴、国生さゆりがデビュー30周年。この3人が一緒に懐メロを歌うといったサプライズがあれば、視聴率は上がると思います」
我々も楽しめる、面白い紅白歌合戦を、とにかく期待していますゾ!

往年のアイドルか大物の復帰か?NHK紅白歌合戦「秘密兵器サプライズ」スッパ抜き!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.