日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】競馬の神様が微笑んだ1日8勝の快挙

[週刊大衆11月30日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

人生に役立つ勝負師の作法 武豊
あれは、10年……いや、もうちょっと前のことだったかもしれません。「今日は、ノッてますね」と言われるのが、喉に刺さった小骨のように、どうにも心に引っかかる時期がありました。
1レース、1レース、すべて勝とうと集中し、そのとき持っている最高の技術で騎乗しているジョッキーに対して、それはないだろうと思っていたのです。ノッているから勝てる。ノッていないから勝てない――競馬はそんな甘いものじゃないという自負が強かったのかもしれません。
もちろん、今でもそれは変わらず持ち続けていますが同時に、力や技術だけではない何か……"競馬の神様"が存在しているような気がします。
クビ差、ハナ差はともかく、2008年、「天皇賞・秋」で、ウオッカとダイワスカーレットが演じた死闘、わずか2センチの決着は、まさしくそれで、馬の力や、騎手の技術を超えたところに、勝敗の分かれ目がありました。
いつから、この"競馬の神様"を意識したのかはもう覚えていませんが、「背中をぐっと後押ししてくれたのかな?」と思えたのは02年12月7日、阪神競馬場でのことでした。
この日、僕が騎乗機会をいただいたのは全12レース中、10鞍。前日、調整ルームで出馬表をじっくりと見ながら、「けっこういけるかも⁉」という予感はありましたが、それでもあの1日は競馬の神様が微笑んでくれたとしか思えません。騎乗した10頭のうち、9頭が1番人気で。その中には、「嘘やろう?」と何度もパドックでオッズを確認した馬や、力はあるけど、気性に難があって、乗りづらいと感じていた馬もいました。
目指すは1日9勝今も狙っています
ところが、レースが始まると、すべての歯車がガチっと噛み合い、第10レースまでにタイ記録の6勝を挙げることができたのです。
さあ、いよいよ記録のかかったメインレース「ギャラクシーS」です。コンビを組むのは、4連勝中のビワシンセイキ。このレースは、負ける気がしませんでした。
10レース後のウィナーズサークルで、「次で決めます!」と宣言した通り、新記録を達成。その勢いのまま、最終12レースも、シロキタゴッドランで勝って1日8勝! レース後、なんとも言えない充実感と悦びに浸っていました。
馬のレベルも、騎手のレベルも当時に比べると全体的にアップした今、この記録を塗り替えるのはかなり難しくなっています。でも、あの日、最終レース後のインタビューで話した、「次は1日9勝を目指します!」という言葉は、今でも僕の中で生きています。1日3勝や、2日間で4勝したくらいで、「すごいですね!」と言われているようでは、まだまだです。
今年も、今週末に行われるGⅠ「マイルチャンピオンシップ」を入れて、残りの開催は、あと6週間。武豊が武豊であることを証明したいと思います。
皆さん、競馬場でお会いしましょう。
■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】競馬の神様が微笑んだ1日8勝の快挙

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.