日刊大衆TOP 娯楽

1回当たれば7000発!! パチンコ界屈指の一撃台で「巨万の富」は築けるか?

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」
第9回 パチンコわらしべ大作戦アゲイン!!

 日刊大衆をご覧の皆様、九度目まして! さぁ、たったの3000円を元手にパチ&スロを打って巨万の富を掴みとろうとする、希望に満ちあふれたコラムのお時間ですよ! 現実がたとえ8戦1勝7敗で、負け額トータルがなぜか-64500円であっても、後ろを振り向いてる場合じゃないことに気が付いた2015年年末。改めましてこんにちは、現実逃避が大好きなアドリブ兄と申します。

 前回は、大当たりしやすい機種から出玉を増やしつつ、甘デジ→ライトミドル→MAX→豪邸の主人……というルートをたどる「わらしべパチンコ大作戦」を敢行するも、一番最初の甘デジからつまずいてハネモノのパチンコに逆わらしべ。そこからぼちぼち当たったものの結局は敗北……わらしべ作戦なのに何ひとつステップアップできないで終わってしまいました。

 ただ、このわらしべ大作戦。個人的にはかなりしっくりきました。負けはしましたが、ここを磨いていけば手堅く勝利を積み重ねることができるんじゃ? となんか手ごたえを感じたんですね。まず、前回296玉(=約1000円分)でハネモノを当てた実績があるので、今回のわらしべ大作戦ではハネモノからスタートし、甘デジ→ライトミドル……とステップアップしていくのがベストだと考えます。

 ハネモノは少ない投資でも大当たりできる、非常に遊びやすい機種。まずはこのハネモノで2500玉(=約1万円分)を目指します。そこから大当たり確率が約1/99の甘デジへ。もしもそれ以上出るようならば、甘デジ飛ばしてライトミドルなんて選択も全然アリ。うん。何にも無理してない自然な作戦。さすがにこれならイケるんじゃ?

 さっそくホールへ足を運び、何を打とうかと悩みながらハネモノコーナーにたどり着くと、ある機種をクローズアップした大きいポップを発見します。その機種とは『餃子の王将3 メガ盛7000』。見てみると5台中4台が稼働していましたが、偶然にも空席が1つ。新台の空き台ってチャンスじゃん! まったく台の予備知識はなかったものの、吸い寄せられるように着席。台横にある機種説明のプレートを見てみるとこの機種、大当たり出玉がなんと約7000発!! さらに、大当たり終了後に発生する「おかわりタイム」で引き戻しできれば、その7000発が連チャンしちゃうこともあるとか!!

001
(C)(株)王将フードサービス

 これ、1回当たっただけで一気にライトミドルで勝負をかけられるレベルじゃない! それでは巨万の富を現実にするための第一歩、いきます!(17時58分)

002

 波に乗るも乗らないも、最初の1000円にかかっていると言っても過言ではないですからね。ここで当たってしまえば今日はイケるはず! よし、言ってるそばからヘソに玉が入って役物をくぐりぬけ、辿り着いた先の穴にイン! よっしゃ当たっ……ん? なんかデジタルの数字が回ってますけども!? そして何事もなかったかのように、静かに止まる数字を見て記憶が蘇ります。

 ……そうだった。過去、『餃子の王将』シリーズを1回しか打ったことがないので思いっきり忘れていました。このシリーズはまず役物があり、その先の穴(=スタートチャッカー)に入ればデジタルが回転。ここではじめて他のパチンコのように、一定確率の大当たり抽選を受けるというわけなんです。この『餃子の王将3 メガ盛7000』でいえば、数々の難関(役物)をクリアしたその1玉で、大当たり確率1/35.8の抽選をくぐり抜けなければならない。

003

 あれ? 冷静に考えてみるとこれってかなり当たりにくいんじゃないの? ハネモノコーナーにはあるけど、中身はもしかしてとんでもない確率の台なんじゃ……? 不安になってスマホで調べてみると、「役モノトータル確率は約1/14」と書いてある。これってつまり、ヘソに玉が入ったうちの14回に1回がスタートチャッカーの穴までたどり着けるってことでしょ。てことは、電卓で計算してみると……どうでしょう。役モノ確率約1/14×大当たり確率1/35.8=1/501.2じゃないの! あらやだ!!(主婦のノリで)

 いや……MAXタイプパチンコの出玉が2000発とかなんだから、確かにそんな簡単に7000発なんてくれるはずがない。自分のお花畑全開なメデタイ脳ミソを恨みましたが、時すでに遅し。「ハネモノから確実に!」なんて言っておきながら、中身がMAXタイプ級の台を打ってしまった自分の機種選択ミスを思いっきり後悔……。あっという間に最後の1000円を投入。すると、液晶画面に餃子群が出現。そこから期待度激高の「食は王将にあり~」のCMリーチへ発展! 

004

 これだ。これさえ当たればハッピーエンド。「台選び間違えちゃったけど結果オーライ! テヘッ♪」ですむ。頼む……頼むぅぅぅうう!! ……が、無情にもハズレ。ついに3000円がなくなります(18時10分)

「どうしよう……別のハネモノ台で1からやり直すか?」「いや、これはこれで受け止めるべきじゃないのか?」様々な思いが交錯します。でも、ここでやり直す選択をしてしまうと、当たるまで3000円投資を繰り返して、都合のいい結果だけをコラムに書くこともできてしまうわけで。でも、それをやってこなかったわけで。

 ルール無用の追加投資は得意技だけど、ウソだけはつきたくない! 起こってしまったことを全て受け止め、心を無にして当たるまで打とうと決めます。そしてひたすら打ち続け、3人目の福沢君がお財布から逃げようとした時、ドット液晶に「激アツ」の文字が!! 発展先はまたもCMリーチ。さっきはハズレたけど今回は……7が揃~う!!

005

 総投資25000円、待望の大当たり!! 普段なら「ここから確変入ってくれ!」とか「連チャンしてくれ!」って念じながら打つところですが、1回の当たりで7000発が約束されていることの安心感たるや!! 残念ながら、おかわりタイムで連チャンさせることはできませんでしたが、出玉は6924個と上皿分。

006

 よーしやっと出玉は確保した。ついにわらしべパチンコのスタートじゃい!……と、ちょっとタイム。冷静に考えてみると、今まで実質MAXタイプ以上のパチンコを打っていたわけで。ここから転がす先ってなあに? って話ですよ。そもそもわらしべパチンコは、大当たりしやすい台から出玉を作ってステップアップしていく作戦。約500分の1の台で作った出玉を持って、甘デジとかライトミドルに行くのも、ちょっと違わない?

 しかも今交換すれば、ちょうどプラスマイナスゼロの状況。……もう25000円使ってるし、この出玉をムダになくすのももったいない……よね。打つ台も間違えちゃったことだし、ちょっと今回はこのへんで切り上げて、仕切りなおそう……かな。

「よーし、今日はこのくらいにしといてやらぁ!」ボスの手下が主人公に負けておきながらのたまうような捨て台詞を吐いて、今回は実戦終了!!

今回の収支:±0円
今回のギャラ:0円
今回の反省点:打つ前はちゃんと台のスペックを確認してからねっ!

(次回に続く!?)

■アドリブ兄 プロフィール
1979年東京都生まれ。ニコナナチャンネル『回胴フラグティエ』という番組にて、月に4~5回ホール実戦の様子を生放送でお届け中。得意技は“ホール内無想転生”という名の乱れ打ち。 4時間で17台触ったのが自己最高記録。

・ブログ http://ameblo.jp/i-want-777/
・ツイッター @adlib_brother



●アドリブ兄、北斗とガチンコ勝負!!
『回胴フラグティエ』 パチスロ北斗の拳 強敵 編


1回当たれば7000発!! パチンコ界屈指の一撃台で「巨万の富」は築けるか?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.