日刊大衆TOP 芸能

不滅のチャレンジスピリッツ、天田ヒロミ[チャクリキ甘井コラム]

チャクリキ代表 甘井もとゆきのファイティングスポーツはサイコー!
第6回「不滅のチャレンジスピリッツ、天田ヒロミ」

 これまでにも書いてきたように、ピーター・アーツやジェロム・レ・バンナなどのチャクリキの偉大な選手たちからはその付き合いの中で大切な事を気付かせてくれます。現在、チャクリキ・ジャパンでマネージメントをさせて貰っている“K-1の特攻隊長”天田ヒロミ選手もそんな選手たちの一人です。天田選手からは“チャレンジスピリッツ”の大切さを教えて貰った気がします。

 昔のチャクリキ・ジャパンにとって、天田ヒロミ選手は大きな壁でした。ノブ ハヤシ選手のK-1初参戦、JAPAN GP決勝での武蔵選手への敗北はキャリア的にしょうがないとしても、K-1 JAPAN GPへ5度目の出場となった2004年の静岡大会は、コンディションも過去最高、キャリア的にも不足無く、チャクリキチーム一丸となってJAPAN GPの初制覇を目指しました。

 決勝の相手はこれまたGP初制覇を目指す天田選手。この頃は誰もが天田選手と戦う際の戦法として「距離を取って、ローキックで勝負する」というのが定石でした。当然ながらセコンド陣もそうした指示をノブに出しました。しかし、ノブ選手は天田選手とパンチの打ち合いでの勝負を挑み、判定負けを喫し、天田ヒロミ選手がK-1 JAPAN GP初制覇を果たしました。

 試合後、どうして天田選手の得意なパンチの打合いでの勝負を挑んだのかノブ選手に聞くと、「せっかく決勝で天田さんと当たれたのに、パンチで勝負しないと意味ないでしょう? というか勿体無いです。少なくとも僕は天田さんとパンチで勝負したかった。負けても納得しています」と、こんなところでまで“ハートの男前ぶり”を発揮していました(苦笑)。

 余談ですが、以後、ノブ選手は海外でのK-1予選GPが主戦場となり、この大会が最後のK-1 JAPAN GP参戦でした。そう考えると納得出来る試合が出来た事の方が、気持ちに反して勝利を拾う行為をするより、今となっては良かった気がします。決勝の相手が天田ヒロミ選手だったのもある意味で運命ですね。

 まあ、ハートが男前のノブ選手だけでなく、天田ヒロミ選手は対戦相手をそんな気分にさせてしまうんですね。“男気”の塊とでも申しましょうか、兎に角、その男らしい試合に惹かれる選手が多いのなんの。「自分は引退するまでに一度、天田選手と戦いたい!」と熱望する選手が私の知るだけで数名おります。試合会場でも男性人気はダントツです。そして試合となれば日本一に輝いたボクシングテクニックをベースにパンチの打合いを挑み、多くの選手を豪腕で捩じ伏せてきました。天田選手と真っ向から打ち合って勝ったのは、世界広しと言えども、ジェロム・レ・バンナとマーク・ハントの二人だけだと思います。

 天田選手との付き合いが深くなったのは本当に最近で、2012年からです。それまでも当然、会場で会釈などは交わしていましたが、それ以上ではありませんでした。チャクリキの若手ヘビー級選手が、アントニオ猪木会長の主宰するIGFという団体にレギュラーで出場しており、日本人の強豪選手と対戦の経験を積ませたいと考え、天田選手に対戦のオファーをしました。

 天田選手からの条件はひとつでした。「この一試合だけじゃなく、今後も試合を入れて貰えませんか?」当時、ノブ ハヤシ選手は未だリング復帰まで遠く、ヘビー級選手がほとんど居なかったチャクリキ・ジャパンにとっても嬉しい提案でした。私は快諾しました。

 7月のIGF初出場に続いて、9月にはピーター・アーツ選手と組んでプロレスリングのタッグマッチに出場という仰天のオファーが来ました。それでも「ピーターやジェロムがトライしているのを見たら、僕もやってみようと思いました」と、プロレス初参戦を意に介さず、天田ヒロミ&ピーター・アーツという夢のタッグチームを実現しました。こうした夢のタッグチームは天田&ジェロム・レ・バンナ、天田&レイ・セフォーと次々と実現しました。こうした経験をしたK-1日本人選手は恐らく天田選手一人だけでしょう。

 また、この年の10月も決して忘れる事が出来ません。新生K-1の両国大会に天田選手をブッキングした後、IGFからも異種格闘技線のオファーがありました。天田選手とミーティングをし、この勢いを大事にしようという事で両方出場する事に決めました。10月14日にK-1両国大会に出場し、翌15日はセコンド嚴士鎔選手の結婚式、その翌日16日がIGFで異種格闘技戦と誰も経験した事が無いような濃密なスケジュールをこなしました。この3日間で天田選手と私の距離も縮まった気がします。

 私も、セコンドの嚴選手もふらふらでしたが、一番キツい筈の天田選手は終始にこやかで「こうしたキツい試合こそ、僕の待ってた通りですよ!」と笑っていました。改めてその気持ちの強さに敬服しました。

 天田選手の試合前の雰囲気はピーター・アーツやブランコ・シカティックに近いです。次第にピリピリして無口になり、試合に集中してゆきます。この時には周りは少し距離を空けるなど近寄り難い雰囲気となります。ノブ ハヤシ選手やジェロム選手は一瞬で気持ちを切り替える事が出来るため、試合近くまでリラックスムード。試合直前に顔つきが変わります。一概にどちらが良いとかは無いですね。こればかりは選手が長く親しんで来た気持ちの上げ方が一番だと思います。

 そうしたキツいスケジュールをこなして以降、天田選手が私のブッキングやマネージメントに対して「ノー」と駄目出しした経験はほとんどありません。逆に初めてのトライでは「大丈夫でしたか? 試合に対してお客さんは沸いていましたか?」とのプロフェッショナルな言葉を良く聞きます。色々考えるくらいなら、とにかくやって見よう! 天田選手も私も、根っこにはそんな考えがあるのでしょうね。

 天田選手とは数多くの挑戦を続けてきました。MMAルールへの挑戦(キック&MMA複合ルール)、シュートボクシングへの挑戦、中国への初遠征、小川直也選手との夢対決、キングオブコントへの挑戦などなど。天田選手の不滅のチャレンジスピリッツがある限り、この挑戦はまだまだ続いてゆくでしょう。

 現在、天田ヒロミ選手は日本のほぼ全部のメジャーキック団体に参戦しました。団体によっては様々なカラーがあるキック界で、いかに「天田ヒロミ」という名が別格であるのかを示すエピソードだと思います。

 そうした日本人選手のレジェンドでありながら、試合前にはいつもワクワクしている天田ヒロミ選手。「甘井さん、今度の○○選手は打ち合ってくれますかねぇ」と拳を交える瞬間を何よりも楽しそうに待つ天田選手。有名漫画「ドラゴンボール」では主人公、孫悟空が強敵との対戦を前に「オラ、ワクワクしてきたぞ!」という台詞を言うのがお馴染みですが、そうした毎日をリアルで送っているのが天田ヒロミ選手です。

 思えば、今、我々チャクリキの周りにはピーターやジェロムやサップなど多くの有名選手が居ますが、彼らとの友情にある根っこは、天田選手やノブ選手が拳を交えて、互いの敬意のうちに勝ち得た物だと、改めて気付かされます。少年漫画のような「対決→友情」の毎日。ファイティングスポーツの世界は本当に魅力的です。

「子供たちと遊ぶ時も、僕は上目線ではなくて五分に遊ぶようにしているんです。その方が僕も、子供たちも楽しいですからね」と常々語る天田選手。その気持ちがある限り、ワクワクするようなチャレンジスピリッツは今後も不滅でしょうね。

甘井もとゆき
PROFILE
1967年4月22日生まれ。ドージョーチャクリキ・ジャパン株式会社 代表取締役。オランダ・アムステルダムを本拠地とする格闘技道場の名門ドージョーチャクリキの日本代表。日本人選手のマネージメント、外国人選手の招聘、自主興行の開催などを通じ、ファイティングスポーツの世界に携わっている。
ドージョーチャクリキ・ジャパンHP:http://www.chakuriki.jp/
フェイスブック:http://www.facebook.com/motoyuki.amai

不滅のチャレンジスピリッツ、天田ヒロミ[チャクリキ甘井コラム]

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.