日刊大衆TOP 芸能

AKB48・高橋みなみに眞鍋かをりも! ガチで霊が見えちゃう芸能人たち

AKB48・高橋みなみに眞鍋かをりも! ガチで霊が見えちゃう芸能人たち

 芸能界には霊感が強い人が多いらしく、テレビ番組などで俳優からアイドルまで、いろんな芸能人が霊体験を告白している。彼らの背筋がゾッとする霊感エピソードを紹介しよう。

奥菜恵(36)……スピリチュアル番組に出演したとき、「幽体離脱のような経験は2回くらい」あって、「初めは北海道に行き、2回目は宇宙まで行って地球を見た」と語っている。また祖母が亡くなった日の夜、金縛りになり「ちゃんと見守っているから大丈夫」という声が聞こえ、祖父が亡くなった時はその場にはいなかったのに、その光景を実際に見ていたような記憶があり、父にその話をしたら驚かれたそうだ。また、友人と食事をしていたとき、寂しくて悲しそうな感じのする人形が見えたので、「出してあげたほうがいいよ」と話したら、実際に人形が物置の奥の方に置きっぱなしにされていたという。

的場浩司(46)……トーク番組で霊感エピソードを語ることが多く、「寝ている間に小さいおじさんに体を縛られた」、「緑色の皮膚の金髪ゴム人間を見た」そうだ。さらに車を購入したとき、友人たちと記念写真を撮ったら、助手席に白い服を着た髪の長い女が写っており、その後、前方の車とぶつかり、フロント部分が壊れる接触事故を起こしてしまった。そして写真を撮ったときに一緒にいた友人たちも、ほぼ同時刻に自動車事故を起こしていたらしい。

東幹久(46)……バラエティ番組で「UFOを目撃したり、霊を見ることがある」と語り、「夜中に先輩の車に乗って走っていると、道路の真ん中に女性が立ち尽くしていて、声をかけるとその女性がクルっと振り向き、四つんばいで蜘蛛のようにすばやく飛び跳ね、塀を越えて墓地のほうへ去って行った」というエピソードを紹介していた。また、子供の頃、ドアが開いた音がしたのに誰もおらず、気配を感じて振り返ると、そこには巨大な男性の顔が見えた。驚いて近くにあった防虫スプレーをかけると、その男性は顔をしかめて天井に消えていったそうだ。

六代目 片岡愛之助(43)……芸能人をスピリチュアル女子大生が霊視するという番組で「(霊能力の)最初のきっかけは、隣のおじちゃんがなくなった時ですね。それから日本語ではない文字を勝手に書き出すようになったんです」、「幼少期から他の人には見えないものが見え、周りの人から「特殊な子供」と言われていた」、「迷いやわからないことを神様に相談すると、だいたい答えが返ってくる」と語っている。また、死神が見えたりポルターガイスト現象が起こったりしていたのだが、「絶対、頭おかしいと思われるからあまり言わなかった」と自分の特殊な能力に悩んでいだこともあるらしい。

森公美子(56)……スピリチュアル番組で、「急逝した友人が10日後にあらわれ、幽霊の出現に関する情報を教えてくれた」そうで、「幽霊は静電気など一定の条件を満たさないと出現できない。見る人の右脳を使って映像化するらしいのです」と語っていた。また、アメリカで信号待ちしていたら死神らしき男に遭遇して、怖くなった彼女は部屋に閉じこもって御札やお守りをばらまいた。しかし、男はドアを突き破るように入ってきて、「死んでたまるか」と思った瞬間、その男は体から窓へと、すり抜けて消えていったらしい。

やるせなす・中村豪(40)……23歳で突然目覚めたそうで、子供を亡くした家庭を訪れるスピリチュアル番組のロケでは、子供の霊に憑依されてカメラの前で急に涙を流しだし、子供の言葉と自分自身の言葉を交互に喋った。その時の経験を中村は「まるで思考の半分をその子に乗っ取られている感覚」だったと語っている。また、仕事帰りに橋を渡っていると、少し透けて見えるサラリーマン風の男がいて、話しかけようとして近づくと、もの凄い形相でにらまれ意識が飛んだ。その瞬間、偶然そこを通りかかった男性に襟元を引っ張られたが、もし、その人がいなかったら、そのまま橋から落ちていたはずだったという。他にも心霊スポットなどのロケなどで、たびたび憑依されることがあり、最近はほとんど出演していないそうだ。

釈由美子(37)……霊感を持つようになったのは19歳の頃だったそうで、見えないものが見えたり、聞こえない声が聞こえるようになり、駅のホームで「飛び込め」と促す声を聞いたこともあるそうだ。芸能界にデビューしてからは、インタビューで「小人を見た」「風呂場で妖精を見た」「幽体離脱したり、UFOにさらわれた」などの発言をして、天然ボケキャラだと思われていたが、その後、「(あの頃は)病んでいた時期だった」と語っている。

愛川ゆず季(32)……バラエティ番組で霊能者に「嫌なのに断れない」という意思の弱さを指摘され、「優柔不断が災いし、生きている男からも好かれやすいが、死んでしまって霊になった男からも好かれてしまう」と注意された。しかし、霊能力を持つとされる芸能人をテストして「格付け」するバラエティ番組「芸能界霊能力検定」(テレビ朝日系)では、最下位の準3級にランクされた。ちなみに、このときの1位は、やるせなす・中村豪だった。

眞鍋かをり(35)……日本各地の最恐心霊スポットを訪れる企画で、幽霊が出ると言われている、崩れかかった廃屋に入った時。まるで幽霊が見えているように、落ち着きなくあたりをキョロキョロしだし、廃墟の一角を指さし「あそこにいらっしゃいます」とつぶやいた。かつて、スピリチュアル番組で霊能者から霊感が強いと指摘されたが、彼女は強く否定していたそうなのだが……。

AKB48・高橋みなみ(24)……AKB48劇場で「赤いレインコートを着た女性」を何度も目撃していて、メンバーやスタッフに打ち明けても、初めは信じてもらえなかったが、ある番組の収録で偶然、画像が撮れたことから、周囲も信じることとなり、後にこの目撃談は、「カスペ!『ほんとにあった怖い話 夏の特別編2010 AKB48まるごと除霊スペシャル』」(フジテレビ系)でドラマ化されている。

元SKE48・松井玲奈(24)……博物館に現れた幽霊らとの心の交流を描くドラマに出演したときの取材で、「私は見える人なので何度か見たことがあります」と語って共演者に不思議がられていた。宿泊したホテルでよく幽霊を見るらしく、憑かれたときは塩風呂に必ず入るのだが、その時に体から泡がブワッと出れば「霊が抜けたな」とわかるそうだ。

おすぎとピーコ・ピーコ(70)……作家・佐藤愛子(92)との共著『愛子とピーコの「あの世とこの世」』(文藝春秋)で、「高校生の頃からおぼろげに霊能力があった」「それが一気に開花したのはガンで片目を取ってから」と語っている。ホテルに宿泊すると霊を見ることが多く、霊に甘いものをねだられたり「300年待っていました」と言われたことがあるそうだ。また、エジプトの展覧会を観にいったとき、展示されていたミイラなどの感情を読み取ってしまい、号泣してしまったことがある。信心深くて、毎朝、出雲大社と明治神宮のお札を拝み、「今日も一日よろしくお願いします」と言って一日を始めている。

 最後に、芸能界で霊能者といえばこの人、美輪明宏(80)の凄いエピソードを紹介しよう。美輪は子供の頃から霊能力があって、天草四郎の生まれ変わりだと自称している。作家、三島由紀夫(45没)の家で開かれたパーティーに出席したとき、三島の背後に「2.26事件に関係した青年将校が憑いている」と告げ、後日、彼の割腹自殺を予言している。また、突然足腰が立たなくなったとき、首が転がるイメージを霊視。この場所で、南北朝時代の長慶天皇の首塚が発見されたそうだ。さすが、霊体験のスケールが大きい!

AKB48・高橋みなみに眞鍋かをりも! ガチで霊が見えちゃう芸能人たち

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.