日刊大衆TOP 芸能

磯山さやか「2016年は出会いを意識して過ごしてみようかな」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆12月28日号]

磯山さやか「2016年は出会いを意識して過ごしてみようかな」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 今年で、デビュー15年を迎えた磯山さやかさん(32)。発売したばかりの22冊目となる写真集『milimili』が絶好調ッ!! その“ぷにボディ”と癒しの笑顔へ向けられる、世の男性からの視線は熱を帯びるばかりだ。それにしても、この写真集、かわいくて、たまんねえ~。

――写真集、好評ですよ。

磯山:今までと雰囲気がかなり違う作品なので、受け入れてもらえるかドキドキでした。そう言っていただけて、うれしいですね。

――デビュー15周年を記念したメモリアル写真集。どんな作品でしょう?

磯山:2年前、30歳の記念で作った写真集は、私のグラビア人生の集大成といいますか、“ザ・グラビア”っていう作品。なので、それとは違ったものにしたいというのが、まずあって。

――なるほど。

磯山:で、デビュー15周年の今年、ファッション雑誌『AneCan』の“専属ぷにモデル”として、新しいチャレンジをさせてもらっています。そんな今の私も、写真集の中で表現できたらなと思ったんです。

――そうそう、今年のはじめ<磯山さやか『AneCan』の専属モデルに>って記事を見たときは、何かの間違いかと思ったんですよ。

磯山:コラコラ(笑)。

――だって、男目線としては120点のボディですが、全然まったく、モデル体型では……ねぇ(笑)。

磯山:でも、私も、最初はドッキリかと思ったんですよ(笑)。

――でも、“ぷにモデル”って書いてあったから、なるほどと。

磯山:私も、まったく同じリアクションでした。

――で、ファッション雑誌での経験を、写真集にも落とし込もうとしたわけですね。

磯山:はい。それで、前に、『ぽちゃモテ!』という、ぽっちゃりさんのためのファッションブックを作ったんですが、そのときにお世話になった、ファッション畑の女性カメラマンにお願いすることにしたんです。

――カメラマンが女性だと、やっぱり気分が違うものですか?

磯山:違いますね。やっぱりどこか無防備というか。実際、今までだったらNGを出していたようなポーズや展開も、とても自然にできましたね。

――女の子の日常の中での自然で無防備な様子って、男からするとスゴく色っぽいんですよ。

磯山:そう、特に色っぽさを強調しているつもりもないのに、そう見えるんですよね。だけど、ファッションカメラマンのセンスで、とてもかわいく、愛嬌たっぷりに撮れているんです。それで、ロケ地・ハワイの言葉で“かわいい”“愛らしい”という意味の、「milimili」をタイトルにしたんです。

――特にお気に入りのシーンを教えてください。

磯山:水着から水着への生着替えシーンの連写ショットですね。アンダーバストとかも軽く見えているんですけど、カメラマン、ヘアメイク、スタイリストと、みんな女性だったので、やっててスゴく楽しくて。そんな雰囲気がよく出ていると思います。

――それでは、15周年にふさわしい一冊といえそうですね。

磯山:はい! ぜひご覧になっていただけたらと思います。

――それにしても、15年間ですか。デビューからあっという間だった?

磯山:早かったですね。そもそも、最初は15年もやるとは思っていなかったんですけど。

――どうしようと思っていたんですか?

磯山:10年続けられたらいいな、とは思っていましたね。漠然と、ですけど。

――それが、もう15年になりました。

磯山:15歳のアイドルの子とかと、一緒に仕事をすることもあるんですが、そうすると、“あっ、私が仕事を始めた頃に生まれたんだ”って思って、“あぁ、私も長くやっているんだ”と、しみじみすることはあります。

――後輩が増えてきたことに気づいたとき、自分の年齢って実感させられるんですよね。

磯山:ホントに、そう。

――それでも、さっき言ったファッション誌でのお仕事とか、新しいチャレンジをされているのが、素晴らしいですね。

磯山:だから、とても新鮮な気持ちで、楽しく毎日が過ごせていますね。

――ちなみに、“ぷにモデル”ですから、痩せたらダメなんですよね。

磯山:ダメでしょうね(笑)。

――これまで、何度か、ダイエットに挑戦してきた磯山さんですが、“免罪符”ができて、その呪縛から解き放たれた喜びもあるんじゃないですか?

磯山:アハハハ! でも、確かに、この数年、ぽっちゃりブームが来てからは、無理なダイエットとかはまったく考えなくなりましたね。今より太らないようにっていうだけで(笑)。

――今や、磯山さんがヤセると、それだけでニュースになっちゃいますからね。

磯山:そうなんですよ。今年7月も、インスタグラムにあげた写真が“激ヤセ”って書かれて。

――あの騒動は、何だったんですか? 本当にヤセてたようにも見えましたけど。

磯山:ちょっと体調を崩していて、じゃっかん頬がコケたように写ってしまっただけなんですよ。地元・茨城のユルキャラ“ハッスル黄門”とのツーショットだったことも、ヤセて見えた原因かもしれませんね。

――それが真相だと。

磯山:ヤセていたとしても、たぶん、1キロくらいなので、全然“激ヤセ”ではなかったんですよ。

――なのに、あんなに騒ぎになるっていうことは、それだけ“ぷにボディ”への支持が厚いということですよね。

磯山:ありがたいことですね(笑)。

――我々が気になるのは、そんな磯山さんの恋の話なんですが。

磯山:恋バナですか? ないない。

――でも、昨年、「ベビーシャワープランナー」の資格を取得されているじゃないですか。

磯山:はい。その資格を認定する協会に、昔からの友人がいたので。時間のあるときに、取らせてもらったんです。

――ということは、間もなく、ベビーのご予定でもあるのかなと、勝手に想像したんですけど?

磯山:え? たぶん、勘違いされていると思います。

――「ベビーシャワープランナー」って、赤ちゃんの入浴に関する資格じゃないんですか?

磯山:違いますよ! アメリカでは、出産前の妊婦さんにエールを送る“ベビーシャワー”というパーティの文化があって、そのプランナーの資格ですから。

――そ、そうでしたか。全然、知りませんでした。

磯山:周りの友達がオメデタ続きで、ずっと、“何かしてあげられることはないかな”と思っていたので、ステキだなと思って。

――そんな資格を持つと、赤ちゃんが欲しくなったりはしませんか?

磯山:まずはお相手ですよね(笑)。

――磯山さんと週刊大衆は、連載エッセイ『磯山さやかの女子マネジャー日誌』(終了)も含め、つきあいは長いんですが、確かに男の影を感じたことがない……。

磯山:先日、台湾の占い師さんに恋愛運を占ってもらったら、1枚目に引いたのが“隠居”のカードだったんですよ(笑)。それが現在の私を暗示しているって。

――恋愛から、完全に退いていると。

磯山:でも、確かにそうなんですよ。うあぁ~、当たってると思って。でも、その占い師さんにも言われたし、これは20代前半から、色んな占い師さんに言われているんですけど、どうも、私の運気が上がるのは2016年からみたいなんですよ。

――来年じゃないですか。

磯山:だから、来年は、心を開いて、出会いを意識して過ごしてみようかなと思っています。

――どんな人がいいですか?

磯山:それがよく分からないんですよ。ただ、今までは、仮に“つきあってほしい”と言われても、“100%この人!”って思えないと、何か嫌で、“もう少し友達期間が欲しい”みたいなことを言っていたんですけど、今は、その人のことを嫌いじゃなかったら、つきあってみるのもいいのかなと思うようになっていますね。

――おお! では、いい知らせをお待ちしております。

磯山:頑張りま~す!

 今年は、かつて公式マネジャーを務めていたヤクルトスワローズがリーグ優勝! 磯っちも、その勢いに乗って、いい男をゲットだ‼ 15年頑張ってきたんだから、きっとファンも祝福してくれるはず~!

磯山さやか いそやま・さやか
1983年10月23日、茨城県生まれ。T155-B88W60H86。高校2年のときにオーディションを受けたのをきっかけに、芸能界デビュー。野球通として知られ、ヤクルトスワローズの公認女子マネージャーとしても活躍。グラビア、ドラマ『水戸黄門』、バラエティでは『ロンドンハーツ』、ファッション誌『AneCan』の専属モデルなど活動の幅を広げている。

磯山さやか「2016年は出会いを意識して過ごしてみようかな」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.