日刊大衆TOP 娯楽

ギジサン、ホゼロ、超ゲキアツ? 「パチンコ専門用語」の奥深い世界

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第30回 ツウぶれる!知ったかパチンコフレーズ~演出編その2~

 パチンコライター・森本レオ子が初心者にもわかりやすくパチンコの基本を解説する本コラム。今回は「パチンコ用語」企画第二弾! 前回に引き続き、あっと言う間にツウの仲間入りができちゃうナウい(!?)パチンコフレーズを教えちゃいます♪ 職場や飲み屋、喫煙所で、ぜひ活用してくださいね~!

【フレーズ1】「ギジサンからの次回予告なのに、最後の弱カットインで台無しだわ~」

 実戦報告の場で、実際にかなりよく聞くフレーズです。ポイントはギジサン、次回予告、カットイン。まずは「ギジサン」から解説しましょう。

 ギジサンとは「疑似3」、正確には「疑似連続演出3回」のこと。擬似連続演出は略して「擬似連」ともいいます。この疑似連演出は、実際は1回転なのに、複数回転分にまたいで予告が連続しているように見せかける演出のこと。つまり「擬似3」なら1回転で図柄が3回始動するわけです。右図柄がスベって真ん中に特殊なロゴが停止するパターンや、図柄がズレ目で停止するパターン等があります。


『牙狼』シリーズでは、真ん中に「7」が止まるのが擬似連のサイン。

 現在ホールにあるほとんどの機種がこの疑似連演出を採用しているほど、パチンコでは定番中の定番演出で、連続演出が続けば続くほど大当たりの期待が高まります。たいていの機種では擬似連は3回まで。擬似連が2回(ギジニ)で終われば、かなり期待薄……になりますね。なので、疑似連演出は「ギジサン」に到達するかどうかが肝心! 大当たりする場合は「ギジサン」が発生しているケースが非常に多いのです。

 そして「次回予告」もまた、多くの機種で使われているベタな演出のひとつ。ナレーションとともに発展先リーチのダイジェストが展開され、最後は「次回○○○」といったように、発展するリーチのタイトルが表示されて図柄テンパイとなります。大当たり期待度も約50%前後からそれ以上に設定されていることが多く、激アツ演出の代名詞となっていますね。


こちらは『牙狼 魔戒ノ花』の次回予告。ムービー演出が流れます。

 次回予告演出をメジャーなものにしたのは、何と言っても『ヱヴァンゲリヲン』シリーズでしょう。回転開始時に突如「予告」と表示された時の、脳が「キーーン」となっていきなり目が覚める感覚は今でも忘れることはできません。

 疑似連演出が定番となった今は、回転開始時に次回予告が発生するパターンはあまりなく、『牙狼』シリーズのように「ギジサン」と絡むことが多いですね。そして「ギジサン」+「次回予告」の組み合わせは、心の中でちょっと早めのガッツポーズを決め込むような、ハズすほうが恥ずかしいほどの激アツ展開なのです。

 最後は「カットイン」。この場合のカットインとは、リーチ中盤から終盤にかけてのタイミングでボタンを押下すると(押さなくても自然に発生するものもあります)発生するワンポイント演出を指します。リーチの流れとは無関係の、セリフ予告のようなモノが割り込むように出現する、あの演出のことです。

 カットインの色によって期待度が大きく異なることが多く、前回お話した保留変化同様、青<緑<赤<金<メーカー柄と右へ行くほどアツさが増します。カットインのパターンは2~3種類であることが多く、期待度が低い青や緑を弱カットイン、大当たりに結びつきやすい赤以上を強カットインと呼ぶのが一般的。機種によっては色ではなく、カットインのサイズの大きさで強弱を示唆するものもありますね。

 カットイン演出が最も重要とされているのは、やっぱり『北斗の拳』シリーズですね。弱カットインが緑、強カットインがメーカー柄であるキリン柄なのですが、最後の最後、カットインでキリンが出るかどうかが演出の最重要ポイントとなります。むしろ他の予告なんか無視してカットインの種類さえ確認すれば、当たるかハズれるかはだいたいわかると言っても良いくらい。『北斗の拳』を打つ全国のベテランパチンカーは、「頼むからキリン!」と祈りながら最後のボタンを押すのです。

 つまりこのフレーズは、どれだけ激アツな演出が発生していても、最後の最後が「弱カットイン」では当たるモノも当たらないということへの嘆き。最近の台は、リーチ最後のカットインの種類で当たりが決まると言っても過言ではないほど、その強弱が重要であることが多いんです。逆に予告が弱くても、最後の最後でメーカー柄を伴うような強カットインがくれば、逆転ホームランとなることもしばしば。そのような場合には、「役モノはないけどカットインがキリンだから、もしかしたら……」と言ったふうに応用が可能なフレーズですので、ぜひ活用してくださいね。

【フレーズ2】「60%(パー)でもさすがに保ゼロだから無理だよ」

 シンプルなセリフですが、今までのフレーズと比べると何段も難易度が上がりましたよ。このフレーズはかなりの上級者のみが発するもの。パチンコを生業にしているライターでも、新人さんなら頭が「?」でいっぱいになってしまうかもしれません。

 まず「60%」はだいたいの方がわかると思いますが、これは俗に言う「期待度」のこと。「信頼度」とも言いますね。期待度とは、パチンコ演出の大当たり期待度のことを指し、期待度60%とあるならば、5回に3回は大当たりに結びつく演出であるということになります。

 パチンコ攻略雑誌などを見ると、詳細に数値化された演出の期待度が表記されていますが、時には「チャンス」「大チャンス」「激アツ」などと、随分とざっくり表現されていることも。しかし、だいたい期待度何%くらいのものがチャンスで激アツなのかは、具体的に規定されているわけではありません。ただ、激アツと言えば、『海物語』シリーズの魚群演出を思い浮かべるパチンカーが多いので、だいたい期待度50%前後、少なくとも40%以上のものを激アツと考えている人が多いのではないでしょうか。

 ちなみに、「超激アツ」とあれば、これはほぼ期待度100%ということ。ただ、あくまで「ほぼ」なので、大当たり確定とまではうたえない。なので「激アツ」に「超」をつけて表現しているのです。

 さて、最後にこのフレーズの核となる「保ゼロ」。保ゼロとは「保留ゼロ」、すなわち保留玉のストックがひとつもない状態のことを指します。少し難しい話になりますが、保留のストックがない場合、保留のストックが多くある時に比べると1回転にかかる時間がやや長くなる傾向があります。そこで派手な予告演出が発生することも多く、同じハズレでも保留が貯まっている場合に比べて、激アツ演出のハズレが出やすいのです。

 先ほど期待度の話をしましたが、例えば同じ期待度50%の次回予告でも、保留が4つある状態で発生した場合と保留がゼロ、すなわち保ゼロの状態で発生した場合では、実は期待度は異なるんですよ!! 攻略雑誌などに紹介されている期待度は、さまざまな状況下での平均値なんですね~。

 ですのでこのフレーズは、期待度60%とされている激アツ演出が発生しているのに、保ゼロが理由で大当たりに期待をしていない様を表しています。パチンコ上級者になればなるほど、保ゼロ時の派手な演出にいちいち心を揺さぶらず、徹してクールに打てるというもの。

 逆に、保留満タン状態でリーチ成立を示唆するような演出が発生したら、さほどアツいものではないにも関わらず少し期待してしまうのも上級者ならでは。保ゼロとは逆で、保留が満タンだと演出が出にくくなるのです。また、類似フレーズとして「この台は保ゼロのガセが酷過ぎる!」が挙げられますので、こちらもぜひ使ってみてくださいね。

 いかがでしたでしょうか。フレーズの活用ももちろんですが、いまさら聞けない定番演出のイロハを知っていただければなによりです。それでは、みなさんのパチンコライフがより楽しくなりますように。GOOD LUCK☆ 

(C)2005 雨宮慶太/Project GARO
(C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
(C)2011 「呀」雨宮慶太/東北新社 (C)2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社
(C)2010-2014 雨宮慶太/東北新社

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




ギジサン、ホゼロ、超ゲキアツ? 「パチンコ専門用語」の奥深い世界

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.