日刊大衆TOP コラム

第48回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

美和 宗男先生って、ハロウィンの仮装とかされるんですか?

宗男 誰に言ってるんですか!(怒)日本になかった馬鹿らしい風習が入ってきたもんです!!

001

美和 なんか、お話の前に結論が出てしまいましたが……。今回のお題は、ズバリ近年の「ハロウィン狂想曲」をはじめとする最近の若者の問題についてです。

宗男 「ハロウィン市場」が「バレンタイン市場」を超えたというのですから、バカらしいと思いつつも気にしなくてはいけない問題ではありますが……。

美和 「無気力」とか「草食化」などと言われる最近の若者ですが、引きこもりやニート、分別の無いSNSへの投稿などに見られる若者の“幼稚化”はどう思われますか?

002

宗男 今、世の中を見ていてね、「男が男らしくない」。だから「女が男らしく」なっているような気がしますね。また一方で、「女が女らしくない」から「男が女らしく」なっちゃっているんですかね。

美和 そこから入りますか!?

宗男 私の感覚では、どんなにイイ男だって「触りたい」とか「キスしたい」とかの感情は湧かないですよ! 結婚の届け出で、女性同士や男性同士が腕を組んだりして区役所行くなんて光景には、私はまだ慣れませんねぇ。

美和 それは……愛し合っている者同士ですから。

宗男 どう考えてもねぇ。「究極の愛」なのかもしれないけど。私が小学校の頃、「男子」「女子」と分けられていたんですよ。「男は男らしく」「女は女らしく」。もちろん新しい文化を作っていくのは大事だと思いますよ。ただ、ハロウィンなんてのは、日本の文化じゃないですよね。クリスマスなんかもそうです。キリスト教でない人が教会で結婚したいとか、クリスマスを祝ったりとかしているけれども……。自分の宗教を大事にしながら他宗教にも目を向けるというならいいけどね。本家本元を忘れて他に走るというのはねえ。無責任な社会になっているなぁと思いますね。

003

美和 日本では、あまり宗教を家庭や社会で教えていくという事はしないですよね。もっと日本伝統の行事「ひな祭り」とか「端午の節句」とか「お彼岸」とかを大事にという事ですね。

宗男 日本人としての歴史や伝統の継承にも目を向けてほしいなとつくづく思いますね。

美和 「SNS文化」はどうでしょう? スマホを持って、いつも下を向いているみたいな。

宗男 それも危ない、自分の意志が感じられない光景です。

美和 宗男先生は「ガラケー」を使っているんですよね?

宗男 年寄りが使う、字の大きいやつです。

美和 「楽らくフォン」ですね? ラインとかは??

宗男 しません。「電話を受ける」「電話を発信する」しか使っていません(苦笑)。

004

美和 宗男先生の若い時にスマホがあったら、きっとフル活用してたでしょうね(笑)。

宗男 今の世の中、便利が過ぎるのも考えものです。人口衛星なんかで、地上30センチの物体まで把握できるらしいですからね。

美和 ペットにGPSを付けておくと、ペットがどこに行っちゃったか分かるといいますからね。

宗男 アメリカなんかでは、性犯罪は常習者が多いからGPS付けて監視していますよね。カーナビだってそうでしょう。道路を教えてくれるもの全部GPSでやっているんですから。船の位置でも全部そう。そのうち屋根を通して、“いいコト”している最中でも写るなんてことになっちゃいますよ(笑)。

005

美和 宗男先生も見られてしまいますよ!(笑)

宗男 なんでもかんでも便利過ぎて、皿洗い機なんていうのもある。

美和 昔は女性は家事で家を出られませんでしたけど、今は出られますからね。じゃぶじゃぶやらなくていいんですもんね。「ポン!」と全自動(笑)。

宗男 女性にしか出来ないものがある。家庭教育なんて、女性の感性でやるしかないですよ。躾!子供の躾がなっていませんね。日常の挨拶もできないし、葬式なんかで騒いでいても、親も誰も注意しない。これはダメです!!

美和 今、少子化で子どもをかわいがる社会ですから、余計甘やかしちゃっているんですよ。昔、よく宗男先生が国会で騒いだ時は分別のついた大人だったのですか?(笑)

006

宗男 私はまともな“騒ぎ”しかしませんから!

美和 宗男先生は、いちばん声が大きかった(笑)。

宗男 いやいや、浜田幸一さんでしょう(笑)。

美和 それに続くのが鈴木宗男という感じで。

宗男 松田九郎さんという政治家もいましたね。

美和 「野次将軍三羽烏!」

宗男 私はそこまで入っていません(苦笑)。

美和 年がちょっと若かったですかね?

宗男 浜田幸一に松田九郎。昔の人は迫力があったな。私なんか子どもみたいなもんですよ。ただね「野次馬」と言われたら馬鹿です。「野次将軍」ですからね!“ジェネラル”。「将軍」と言われたら、なかなか格が違うなという気がしますね(爆笑)。

007

美和 それはもう“勲章”ですよね!今回は、ハロウィン騒ぎから日本の伝統。男女のあり方や最近のSNS社会。そして最後は、昭和の永田町の野次将軍について話がおよびました!

宗男・美和 ズバッと一刀両断!「ムネオ先生に訊け!」

キメ

※当企画では、日刊大衆読者のみなさんの日頃の悩みのご相談だけでなく、宗男先生にズバッと斬ってもらいたい事も大募集しております。佐野美和さんを通して鈴木宗男氏に相談したいことやくだらないこと、どんなことでも全然OK! ご応募お待ちしております。

>宛先はコチラ<

佐野 美和(さの みわ)プロフィール
1966年12月16日生まれ。政治キャスター。伝説の番組「オールナイトフジ」にオールナイターズとしてレギュラー出演。92年度ミス日本受賞。1995年28歳で、八王子市議会議員当選。<美人すぎる市議>として脚光を浴びる。2002年より政治キャスターとして国会議員にインタビュー。現在はustream「会いに行ける国会議員みわちゃんねる突撃永田町!」で政治キャスターを務める。国会議員へのインタビューは、のべ400人以上。TV、ラジオの広告代理店(株)チェリーブロッサムの経営も手掛ける。

鈴木 宗男(すずき むねお)プロフィール
1948年1月31日生まれ。政治家。北海道出身。拓殖大学政経学部在学中より、故・中川一郎元衆議院議員の秘書を務める。1983年に自由民主党より出馬し、衆議院議員に初当選。防衛政務次官、外務政務次官などを務める。また1997年には国務大臣として北海道開発庁長官、沖縄開発庁長官を歴任。2002年に自民党を離党。2005年には新党大地を結成。代表となり、その年衆議院議員に返り咲く。防衛・外交の論客として鳴らす一方、その人情味溢れ、愛されるキャラクターは、歌手の松山千春をはじめとしてシンパが多数。ムネオの愛称でも知られる。娘は衆議院議員の鈴木貴子。

第48回  “美人過ぎる元八王子市議”政治キャスター・佐野美和がゆく ! ズバッと斬り込み一刀両断!! 「ムネオ先生に訊け!」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.