日刊大衆TOP 娯楽

おもしろくて稼げたパチスロ台は?「2015年ベストパチスロ機種」はコレだ!!

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第38回 「2015年はこの3機種」

 さあ、出版関係者が目の下にクマを作る年末なわけですが、毎年この時期になると、我々の業界では「今年一番の機種はなんですか」という話題が飛び交うわけです。せっかくなので、こちらではちょいと視点を変えて、というか視点を僕の両目に固定して、3機種ほど部門別でご紹介できたらな、と思います。

 まずは順当に、今年デビューした機種の中で、僕が諸々加味した上で一番をあげたい機種。そして偶然にもその機種が、僕の機種別収支額のトップを飾っておりましたので、そちらも合わせて表彰しちゃおう、という部門です。さてさて栄えあるその機種の名前は……。

◎2015年No.1機種、および松本バッチの機種別収支額No.1
『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』(ユニバーサルブロス)

ミリオン
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

『ゴッド』シリーズ最新作。昨年デビューし爆発的な人気を誇った『アナザーゴッドハーデス』がいまだ現役でバリバリに稼働を続けるなか、多大なるプレッシャーを背負いデビューした機種であります。

 誰もが夢見る1/8192のGOD揃い時の演出を、バランス崩すことなく新鮮味を追加し、自力感あふれる新機能「G-STOP」やパワーアップした上乗せ特化ゾーン「スペシャルゴッドゲーム(SGG)」を搭載。“GOD”の看板に恥じない出来でございました。そして、僕の『ゴッド凱旋』年間収支は+34万4200円で、僕が今年打った機種のなかでトップ。その要因を挙げるとすれば、

◆設定変更などのリセットで低くなる天井(1000ゲーム+前兆)を見据えて、朝から果敢に攻めたこと。
◆ 天井到達の恩恵(1/2で80%ループストックを取得)をしっかり得たこと。
◆ 歴史上でも最強級の上乗せ特化ゾーン「SGG-EX」に幾度と辿り着いたこと。

 ここらへんになるでしょうか。中でも主にSGG中のメデューサモード経由で突入する「SGG-EX」は、他機種では感じることのできない高揚感を味わうことができました。すこぶる打ち込んだ自負はありますが、まだ見れていない演出も数知れず。来年も引き続き打っていくつもりです。

 続きましては、華々しい四番打者やエースストライカーとは言えないけれど、機種の出来や人気、そして僕の個人的な収支面から見ても、この機種がなかったらガラッと変わっていたであろう機種。そんな影の立役者的な機種がございました。その機種の名前は……。

◎2015年 縁の下の力持ちNo.1機種
『ハナビ』(アクロス)

ハナビ
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 バリバリの“リーチ目マシン”でありつつ、異例の設置台数と人気を誇りました。AT機が消えゆく時代の流れのなか、希望としての輝きは今年一番だったでしょう。通常時の小役取得、ボーナス察知、ボーナス中の技術介入により、そのスペックはギリギリまで甘く(負けにくく)なり、最低設定の1でもペイアウトは約99%に。僕の『ハナビ』の年間収支は+14万8700円とトップからは大きく劣るわけですが、「困った時のハナビ」と言わんばかりの着席回数で、展開や店内状況が厳しい時の「負けないパチスロ」として大活躍でした。

 番組の収録終了間際や閉店直前といった「残り時間がない」状況でも、そのペイアウトが落ちることはなく、いつでも打てるというのが大きかったかもしれません。守護神として、収支的に最も活躍したのは、この『ハナビ』といっても過言ではないでしょう。

 最後に、2015年を通して、今年もっとも良い戦いを繰り広げたと思える機種を選定させていただければと思います。実は、この機種のデビューは2015年ではなく2014年。じわじわとその人気と設定台数を拡大し、2015年こそ大活躍したといえるでしょう。その機種の名前は……。

◎2015年 ベストバウトNo.1機種
『沖ドキ!』(アクロス)

沖ドキ
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

『バジリスク絆』や『魔法少女まどか☆マギカ』のように、再導入され長期間人気を誇る機種は他にもありますが、僕の中で2015年通して熱い戦いを繰り広げてきたといえば、『沖ドキ!』に他ならないわけです。もともとゲーム性が僕のドストライクだったわけですが、沖スロ熱の高い東海地方を始め、『沖ドキ!』の設置台数は伸びる一方の一年間だったと思います。僕自身も今年は東海地方で番組収録させてもらう機会にも恵まれ、一年通して熱く打つことができました。

 設定台数と平均設定、そして打ち手にメリットが生まれる朝のリセット状況が、東海地方はやはり別格。その機種の印象すら変わりうるレベルの地域差が、『沖ドキ!』では生まれていると思います。僕の『沖ドキ!』年間収支は-3万3010円と、マイナス域に甘んじているわけですが、驚くなかれ、「東京で『沖ドキ!』を打ってなけりゃ」機種別トップでした。来年は後継機のデビューも噂されておりますので、また熱い戦いができることを期待しております。

 というわけで、2015年、僕のパチスロライフを支えた3機種をご紹介したわけですが、いかがでしたでしょうか。ぶっちゃけですね、同感できてもできなくてもどっちでもいいわけです。僕も貴方も、自分の好きな機種が他人に認められなくても、胸を張って好きだと言えばいい。己を虜にしてくれた機種に出会えただけで素晴らしい。願わくばその機種が、設置台数もそこそこで、設定状況も良好であってほしいとは思いますけどね。

 今年も一年、お付き合いありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします。それではみなさま、良いお年を。年末年始は基本的に厳しい戦いが予想されますので、ゆめゆめ無理はなさらぬようお気をつけくださいませ。


■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45~)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00~)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

バッチの手堅い立ち回りが光る!? の第234回
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』


いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組のメインMCに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!



おもしろくて稼げたパチスロ台は?「2015年ベストパチスロ機種」はコレだ!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.