日刊大衆TOP 芸能

おのののか「初めての写真集は“最初で最後の覚悟”で挑みました!」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年01月04・11日号]

おのののか「初めての写真集は“最初で最後の覚悟”で挑みました!」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 テレビで見ない日がないほど大活躍中のおのののかさん(24)。ド迫力ボディの持ち主の彼女は、先日、初の写真集を出したばかり。気になるその中身からプライベートまでいろいろ聞いてきましたゾ!

――意外だったんですが、2015年12月11日発売の『ぜんぶうそみたい。』がファースト写真集なんですね。

おの:そうなんです。だから本当にうれしくて。自分の中では“最初で最後の覚悟”で挑みました!

――おおっ。

おの:どんなお洋服を着ようかとか、メイクはどんな感じがかわいいかとか、スタイリストさんやメイクさんと夜な夜な話し合って、実際に試してみたり、“自主練”もしたほどです(笑)。

――気合いが入っていたんですね。ちなみに撮影場所はどこですか?

おの:沖縄の石垣島と竹富島です。3泊4日だったんですけど、ほんと、天候もパーフェクトすぎたんです。特にマングローブで撮った写真は晴天ではないんですが、いい感じの雲が出ていて雰囲気もあって、とても気に入っています。

――日頃の行いがいいってことですかね。

おの:そうかなぁ(笑)。

――写真集のコンセプトみたいなものはありますか?

おの:あんまり考えていなかったけど、ナチュラルな感じを出したかったんですね。私の普段の生活シーンといいますか。

――たとえば、お風呂上りとか?

おの:そうです、そうです。

――ハプニング的なものはありましたか?

おの:いろいろあったんですけど、一番覚えているのはジャグジーの撮影。すごく薄いペラペラのTシャツ姿で入ったんですよ。そしたら、ジャグジーのブクブクでTシャツはめくれるわ、スケスケになるわ。思わぬハプニングでしたね。

――うひょー。

おの:さすがに“こんなところまでは見せられない”って、ストップがかかりましたけど(笑)。

――残念!

おの:ただ、今回は写真集なのでグラビアみたいに“わかりやすい色っぽさ”はできるだけ避けたんです。

――といいますと?

おの:グラビアの場合、水着での撮影では胸を寄せるポーズが多いんですね。でも、そうした狙ったものよりも“彼が私のことを見ている”的な自然なものにしようと思いました。

――なるほど。男って女性の何気ない仕草のほうが色香を感じることもあります。

おの:何気ないシーンだと、お風呂上りのビールを飲む姿も撮影しましたよ。

――おのさんといえば、元ビールの売り子ですもんね。

おの:はい! 実際、ビールが大好きなんで、シャワーを浴びた後なんかはよく飲むんです。カメラマンさんにも“本当においしそうに飲むね”と言われました。

――いいですね~。ビールの売り子の話が出たので、いろいろ聞きたいことがあります。東京ドームで働いていたんですよね?

おの:はい。私の担当はライト側のポールの近くでしたね。だから巨人ファンの読者の方とは会ったことがあるかもしれませんね。ただ、当時は髪を後ろにまとめていたので……あ、ちょうど今日の髪型のお団子がないバージョンですね。

――それはそれでかわいいです。ちなみにいつ頃ビールの売り子をしていたの?

おの:えっと19歳の時からしていたので、4年ぐらい前ですね。

――やっぱり、巨人が勝っているときのほうが売れるんですか?

おの:実は、そうとは限らないんです。勝っていても点差が開きすぎていると売れないんです。逆に負けていても競っている試合のときは、売れるんですよね。でも、一番売れるのはやっぱり、ホームランが出た時。

――確かに盛り上がりますもんね。

おの:はい。巨人の選手がホームランを打つと、お客さんはオレンジのタオルをぐるぐる回すんです。それに乗じて、私もコップを回しながら、“ビールいかがですかぁ?”って(笑)。

――おおっ、今の接客トークの声、めちゃくちゃかわいいですね!

おの:ありがとうございます。

――聞いた話によると、おのさんは1日で400杯も売ったことがあるとか。

おの:はい。本当にすごく売れたときですけどね。

――平均は1日何杯ぐらいなんですか?

おの:だいたい100杯前後ですよ。

――じゃあ、400杯ってすごい数字ですね。売りまくるテクニックはあるの?

おの:常に周りをチェックするんです。たとえば、階段を下りるときは、必ず上からお客さんのコップの空き具合も見ています。あと、試合が始まって間もない1~2回のときは、席が連番で空いているんです。そこはきっと団体さんがあとからくるので、要チェックです。

――確かに団体をゲットできれば一気に売れるもんね。

おの:そうなんです。団体さんは大体、会社員の方たちなんで3~4回になった頃にドドッといらっしゃるんです。その瞬間、すぐに駆け寄って、“お疲れさまです。みなさん、ビールでよろしいですか?”と声をかけちゃうんです。そして、“次も絶対、私から買ってくださいね!”とオネダリもしておきます(笑)。

――うまいなぁ~。

おの:もし、チャンスを逃して他の売り子から買われたときも“ええ~? あの子から買っちゃったんですかぁ。次は絶対、私から買ってくださいね。すぐに来ますから”って(笑)。

――小悪魔だなぁ~。そんな誘惑をしていたら、ナンパもされるのでは?

おの:たまーに、お札の下に名刺を忍ばせてくるお客さんはいらっしゃいましたけどね。でも、私たちも常に監視されているので。

――え、そうなんですか!?

おの:はい。売り子以外に、チェッカーと呼ばれる人たちがいるんです。どの売り子が何杯ぐらい売っているかとか、お客さんと長く話しすぎていないかとか、常に見張られているんです。だから、変なことはできないんですよ。

――それは知らなかった。お客さんがナンパしていたら、バレるんですね?

おの:ですね……私たちもチェッカーさんから“あのお客さんに何か言われた?”と聞かれるんです。

――恐るべし、チェッカー。とはいえ、おのさんみたいなかわいい売り子さんがいたら気に入られたいのが男というもの。どういうお客さんが好かれるんですか?

おの:うーん。やっぱりとにかく買い続けるしか(笑)。私たちも常連さんの顔はちゃんと覚えていますから。

――そのうえで、チェッカーの目をかいくぐり、連絡先を渡せばいいんだね。

おの:それが一番ですね。

――勉強になりました。そんなビールの売り子から芸能界入りしたおのさんは、今度フジテレビが放映する格闘技番組『RIZIN』のアシスタントを務めるんですよね(このトークは2015年に行われました)。

おの:はい。総合格闘技のお仕事は初めてなんで、今、猛勉強中です!

――気になる選手は?

おの:一度インタビューさせてもらったのですが、ギャビ・ガルシア選手ですね。

――知りませんでした。どんな選手なんですか?

おの:ブラジル出身の柔術家で女性なんですけど、ほんと怪物みたいなんです。身長188センチで体重は減量して、今93キロと言っていました。二の腕なんかは私の太ももよりも太くて。

――こええ~。

おの:でも、お話させてもらうと、しゃべり方もすごくかわいらしくて、性格も女性らしい一面があって大ファンになっちゃいました。

――へえ~。大注目ですね。

おの:はい。ぜひ、みんなで応援しましょう!

――おのさん自身は格闘技をやらないんですか?

おの:格闘技の経験はないけど闘争心は強いですよ。学生の頃はバスケットボール部に所属していました。バスケは格闘技といわれるぐらい激しいんですよ。

――おのさんも激しい?

おの:おらあ! とかよく怒鳴っていました(笑)。

――意外な一面! ビールの売り子時代のかわいい声からは想像がつかない。

おの:ウフフ。

――最後に、かわいい顔して闘争心がめちゃくちゃ強い、おのさんの2016年の目標を聞かせてください。

おの:2015年はバラエティにも出させてもらったり、演技の仕事にも挑戦させてもらったり、初めてのことが多かったんです。そのおかげで、だんだん自分が本当にやりたいことも見えてきました。2016年は、自分が見つけたやりたいことを実現できるように頑張っていきたいです!

 いい意味で、普通の女の子っぽく、とても親しみやすい雰囲気だった、おのののかさん。初の写真集で見せてくれている“ナチュラルな素顔”にも注目ですぞ。

●ポラロイドプレゼント●
おのののかさんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

おの・ののか
1991年12月13日生まれ。A型。T169-B83W59H85。成人式出席時の写真を現事務所に送って芸能界入りした彼女。芸能界と並行して、東京ドームでビールの売り子のアルバイトをし、1日400杯を売り上げ大注目を浴びた。バラエティのほか、ドラマ、映画にも出演し、活動の幅を広げている。初の写真集『ぜんぶうそみたい。』が好評発売中!

おのののか「初めての写真集は“最初で最後の覚悟”で挑みました!」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.