日刊大衆TOP トレンド

お風呂やトイレに危険が!? こんなに怖い「冬の突然死」

お風呂やトイレに危険が!? こんなに怖い「冬の突然死」

 脳梗塞、心筋梗塞――いつ訪れるか分からぬ“悪夢”に怯えて暮らすのはまっぴら。最悪の事態を回避せよッ!!

 昨年末に埼玉県北本市の公園では、梅の花が暖冬の影響で一足早く開花。正月になっても東日本を中心に記録的な暖冬が続いている。だが、これに油断して寒さ対策をおろそかにすると、春の桜を病院の窓やお墓の下から見ることにもなりかねない。「実は、12月、1月、2月は、家の風呂場などで突然死するケースが非常に多くなるのです」 こう警告するのは、内科、循環器科の専門医でもある石蔵文信・大阪樟蔭女子大学教授だ。その原因の多くは“ヒートショック”。室温の急激な変化による血圧の大きな変動がもたらす健康被害のことだ。

 暖かい居間から寒い脱衣所に行って服を脱ぎ、いきなり熱い湯船にざぶんと飛び込む――。こんな寒暖の差がヒートショックを引き起こし、文字通り命取りになるという。「寒暖の差で血圧が急激に上下して、心臓や脳血管に大きな負担がかかります。これが心筋梗塞や脳梗塞の引き金になってしまうんです」(石蔵教授)

 ちなみに、東京都健康長寿医療センター研究所の調査では、2011年の1年間で入浴中のヒートショックによって死亡するケースは年間約1万7000人と推計。これは交通事故死亡者数(5000人弱)の3倍を超える。浴室で突然死するのは60歳以上の中高年に多いのだが、それ以下の年代も決して油断できない。疲れやストレスがたまって体力が低下していると、若くてもヒートショック死の危険があるからだ。メーカー勤務のTさん(49)も残業続きで疲れていた昨年の冬、帰らぬ人になるところだったという。「酒を飲んで家に帰り、風呂に入っていると、急に心臓がバクバクして、胸を締めつけられるような激痛が走ったんです。なんとか浴槽から這い出し、風呂場のガラス戸を叩いて女房に助けを求め、救急車を呼んでもらったんですが、あと30分遅れたら危なかったそうです」 そもそもヒートショックは、どのようにして起こるのか? 簡単に説明しよう。

 冬場、暖かい居間から寒い脱衣所や浴室に入ると、血管が縮小して血圧が上がる。この状態で浴槽にざぶんと浸かると、熱さのために交感神経が緊張して、さらに血圧が上昇。ところが、浴槽で体が温まってくると、今度は血管が広がって血圧が下がる。心臓や血管が健康な20代なら、こうした血圧の大きな変化にも耐えられるが、動脈硬化が進み、心臓にガタがき始めた中高年は体がついていけなくなる。「最悪の場合、心臓や脳の血管が詰まるなどして、心筋梗塞や脳卒中となるんですが、浴槽に入って血圧が急に下がるのも危険なんです」(前出の石蔵教授)

 浴槽に入って血圧が急に下がると、いわゆる貧血状態になり、意識がもうろうとして軽い失神状態になる。「浴槽に入っているときにこんな状態になると、溺れてしまうケースがあるんです」(前同)

 厚生労働省の統計でも、年間3000~4000人が家庭の風呂場で溺死しているという報告がある。寒い冬の夜は温かい風呂が天国だが、そのまま本当に天国に行っては、しゃれにもならない。そうならないために、どんなことに注意したらいいのか? 下の『冬の突然死 こんな人が注意!』のチェックリストを参考に、その対策をまとめたい。

リスト

 ヒートショックを起こしやすいのは、血圧や血糖値、中性脂肪値やコレステロール値などの数値が高く、肥満気味(肥満度を表すBMI値が25以上)の人だ。「こうした数値が悪い方は、動脈硬化が進んでいる証拠です。当然、血管事故であるヒートショックの発生率も高くなります」 こう説明するのは『宮元通りクリニック』(東京都大田区)の渡會敏之院長。特に高血圧を指摘された方は要注意だ。高血圧の人は一方で血圧が下がりやすいため、浴槽で貧血になりやすいからだ。

 また、ちょっとした階段や坂道を上っただけで息が切れたり、胸が苦しくなる人は心臓の血管に問題がある可能性が高いため、入浴中に心筋梗塞を引き起こす恐れがある。性格や普段の食習慣などでも、ヒートショックを起こしやすい人がいる。せっかちで、何でもパパッと済ませる性格の人は、風呂に入るときもパッと脱いで、浴槽に勢いよく飛び込んでしまう。若い頃なら問題ないが、年を取ると体が、この変化についていけない。「中高年の患者さんには、“風呂に入るときは、浴槽にいきなり飛び込まず、まず足や手に1分ぐらいかけ湯をしてから入るように勧めています」(渡會院長) 浴槽に入る前に、しっかりとシャワーを浴びる。これも急激な温度差を避ける方法だ。

「一番風呂が好きな方も少なくないんですが、なるべく避けたほうが無難です。一番風呂は脱衣所や浴室が温まっていないため、温度差が大きいんです」(前出の石蔵教授) また、肌にピリッとするような熱すぎる風呂も危ない。前述のように、熱いお湯は血圧を上げてしまうからだ。冬場は風呂の温度をやや低めに設定して、あまり長く入らないことがポイントになる。

 冒頭で紹介したTさんのケースのように、酒を飲んだ後の入浴もヒートショックの危険を高める。「アルコールは脱水症状を引き起こすため、血液がドロドロになっています。この状態で風呂に入ると、脳梗塞などを引き起こしやすいんです」(前同)

 体調が悪いときも無理をせず、入浴をやめるようにしたい。食後すぐの入浴も避けたほうがいいようだ。「食後は血液が消化器に集まっています。この状態で風呂に入ると、脳への血流が少なくなり、貧血を起こしやすくなるんです」(同)

 自分の体調や体の状態を考えて風呂に入ることも大切だが、最も効果的なのは、入浴前に脱衣所や風呂場をよく温めておくことだろう。実は、入浴中の突然死が少ないのは沖縄と北海道だという。暖かい沖縄はともかく、北海道で事故が少ないのは家全体に暖房がきき、脱衣所や浴室まで温めているからだ。浴室や脱衣所にヒーターを入れる。そこまでできない場合は、入浴前に浴槽のふたを開けて、浴室をしっかり温めるなどの工夫が必要だろう。

 血圧が高い人の中には血圧降下剤を飲んでいる方もいるだろうが、これも注意が必要だ。医師は、冬場になると寒くて血圧が上がりやすくなることもあり、やや強めの薬を処方する。「血圧降下剤で血圧が下がっているところに、長湯で体を温めて血圧がさらに低くなってしまうんです。これが原因で、低血圧による貧血や失神を招いてしまうことがあるからです」(同)

 なお、ヒートショックは風呂場だけでなく、トイレでも起こる。「寒いトイレで血圧が高くなったところに排便しようときばるため、なおさら血圧が高くなる。トイレ用の暖房機をつけたり、きばらないで排便できる食生活や運動をすることが大切です」(前出の渡會院長) 意外に知られていないが、冬場、乾燥した暖かい部屋にずっといると、水分不足になる。血中の水分も不足しがちで、血液がねばねばになってしまう。これが原因で脳梗塞などを引き起こすこともあるという。冬もしっかり水分補給を心掛けることが大切だ。前の日まで元気だったのに「家でぽっくり」なんてことがないよう、くれぐれも家の中の温度差にはご注意ください!

お風呂やトイレに危険が!? こんなに怖い「冬の突然死」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.