日刊大衆TOP 娯楽

「レバ確」って何のこと? 知ればパチンコがもっと楽しくなる「パチンコ用語の基礎知識」

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第31回 ツウぶれる!知ったかパチンコフレーズ~演出編その3~

 パチンコ初心者のアナタも、これさえ読めばパチンコの基本がまるわかり! パチンコライター・森本レオ子がイチから勝ち方を指南します。大好評につき「パチンコ用語」企画もついに第三弾! パチンコを打ったことがない方でも、知ったかぶりができちゃうツウなフレーズをこっそり教えちゃいますよ~!

【フレーズ1】「確変中のレイ背景ってレバ確だよね!」

 これは『ヱヴァンゲリヲン』シリーズを打ってるときに飛び出したフレーズですね。非常に限定的で、応用ができないフレーズにも思えますが心配ご無用。キーワードとなる用語をしっかり理解すれば、他の機種にも応用可能です! 押さえておきたいキーワードは「背景」と「レバ確」。

 まずは「背景」。これは、主に図柄がテンパイ(リーチ)し、スーパーリーチへ発展する際に発生する、いかにも意味がありげな一枚絵が数秒間映し出される演出を指します。期待度は約50%前後に設定されていることが多いかな。つまりは激アツ演出ってことですね。上のフレーズにもある通り、『ヱヴァンゲリヲン』シリーズにおける「レイ背景予告」が火付け役となり、他のパチンコでも定番化した演出で、これ以外にも『北斗の拳』シリーズの「強敵(とも)背景予告」などが有名です。


これが「レイ背景」!! 『ヱヴァンゲリヲン6~始まりの福音~』より。

 そして「レバ確(ればかく)」。これはかなり難易度が高い上級フレーズです。実はコレ、「当たれば確変」を省略した言葉。確変中に限定して使われることが多く、特定の演出が出現した際にそのまま大当たりへと結びつけば、それは確変大当たりが約束される……ということなのです。

 普通ならば、当たるかどうかがわからないので演出でドキドキするわけですが、もし当たったら確変がついてくるとわかれば、そのドキドキは倍増必至。こういうのを「演出法則」といいまして、知ることで、さらに楽しくパチンコ打つことができる“ツボ”のようなものですね。

 上記の「レイ背景」は定番の「レバ確」演出で、他にも『海物語』シリーズの「魚群予告」も確変中は当たれば確変が確定するレバ確のひとつ。通常時は単なる激アツ演出だったけれど、確変中に発生すれば「レバ確」演出になるというものが多いです。(補足:厳密にいえば「レイ背景」がレバ確となるのはシリーズ4作目以降)

 また、よく似たフレーズに「確確(かくかく)」というものがあります。これは「確変確定」の略。「レバ確」演出は大当たり自体までは確定しませんが、「確確」演出ならば出現した時点で“確”変大当たり“確”定。つまり大当たりと確変が約束される、とんでもなくありがたい演出ってことですね。

 つまりフレーズ1は、確変中の演出の法則性についてを語る、非常にハイレベルなフレーズ。演出の法則について話ができるとなれば、まわりのパチンカーたちから一目置かれること間違いナシですよ!

【フレーズ2】「予告は弱いけど7テンはエライでしょ!」

 一見簡単そうだけど、よく見てみるといつも使っている単語が別の意味を持っている……!? 考えれば考えるほど、わからなくなってくるのがこのフレーズです。注目すべきキーワードは「7テン」「弱い」「エライ」。

 まず「7テン」ですが、これは「7テンパイ」の略。つまり、7図柄でのリーチ成立を指します。パチンコを打たない方でも、「ラッキーセブン」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。パチンコの世界では「7」が最も価値が高い数字とされており、7図柄での大当たりは、ほとんどの台で確変大当たりとなります。さらに、他の図柄よりも出玉が多く獲得できたり、ST突入が約束される場合も。7図柄での大当たりは嬉しいことづくめなんですね~。


7図柄がテンパイする時には専用の演出が入る機種も!! 『牙狼 魔戒ノ花』より。

 当然7図柄テンパイはなかなかお目にかかれないのですが、そのかわり他の図柄でのテンパイに比べて期待度が大幅にアップすることが多いのです。例えば、人気機種『牙狼 魔戒ノ花』でも7図柄でのリーチは期待度が飛躍的にアップし、大当たり確定のプレミアム演出の発生率が高くなります。また、STタイプの機種においては、ST中の7テンパイで大当たり確定となるケースがほとんどです。むしろ、ST中の7テンパイが大当たり確定とならないような機種があろうもんなら、パチンカーたちは怒りまくるハズ。その際に使える「この台、ST中の7テンが確定じゃないんだけど(怒)」もまた、ツウフレーズのひとつですね。

 そして「弱い」「エライ」。これは、演出の期待度についての表現です。「弱い」=期待度が低い、「エライ(偉い)」=期待度が高い、となります。もちろん「エライ」のかわりに「強い」も使います。どちらも普段からよく使う言葉ではありますが、パチンコ用語としても使うと、少し意味が違ってくるんですね。特に「エライ」はパチンコ独特の表現なので、ピンとこない方が多いかもしれませんね。他に期待度を指す言葉として使われるのは、ベタなところでは「アツい」「サムい」、元来の意味から少し崩れた表現で言えば「安い」などが挙げられます。こういった独特の表現をナチュラルに使いこなせるようになれば、あなたもツウの仲間入りですよ♪

 というわけで、フレーズ2はわかりやすく訳すと、「期待度が低い予告しかでなかったけど、期待度の高い7のリーチになってるから当たる可能性はまだあるでしょ!」ということになります。ツウなパチンコフレーズを使えば、例文のようにコンパクト表現できちゃうので便利ですよ。

 前回よりさらにディープになったツウフレーズの数々、いかがでしたでしょうか? もしかしたら次回以降、さらにディープなパチンコワールドに皆様をお連れしちゃうかも!? 楽しみにして下さいね。それではGOOD LUCK☆ 

(C)カラー (C)Bisty
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO
(C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
(C)2011 「呀」雨宮慶太/東北新社 (C)2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社
(C)2010‐2014 雨宮慶太/東北新社

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




「レバ確」って何のこと? 知ればパチンコがもっと楽しくなる「パチンコ用語の基礎知識」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.