日刊大衆TOP 娯楽

いまパチンコ業界で話題の「勝ちやすい台」、軍資金3000円でどれだけ出せる?

アドリブ兄「パチ&スロ 軍資金3000円で巨万の富を目指す男」
第11回 VS『昭和物語』

プルルルル……プルルルル……
「編集のBだけど」
「あっ、お疲れ様です!……次回の件ですか?」
「そうそう、ちょっと相談なんだけどさ、『昭和物語』打ってみるのはどう? なんか、すごい勝ちやすいらしいじゃん」
「確かにオレもそれ聞いたことありますよ。でも新年1発目ですし、『牙狼』でドカンといき」
「プチッ(電話を切る音)」
ップーップーップー……

 日刊大衆をご覧の皆様、十一度目まして! 去年より、たったの3000円を元手にパチ&スロを打ち続けて巨万の富を築き上げようという企画をやらせてもらっておりますが……この企画、巨万の富どころかマイナス収支で年を越しまして。ん……? 年を越す? そうだ、年が変わったらリセットじゃん、今はプラスマイナスゼロじゃん!

 改めましてこんにちは、物事は都合よく解釈してなんぼ! アドリブ兄と申します。さて、編集Bさんが提案という名の“指令”を出してきた『昭和物語』というパチンコ台。この台は、電動ハンドルの自動打ち出しが当たり前の現在において、なんと自らの手を使って1玉1玉、バネで弾いて大当たりを狙うという、超レトロな手打ち式のパチンコ台なんです。発売が発表されて以降、パチンコ業界ではその「思い切りぶり」が話題となっておりました。

 実はこの台、手打ち式というスペックもさることながら、業界では“かなり甘い”と評判。パチンコをメインに打っている人から「勝ちやすい」と話を聞いたのはもちろん、お店の人からも「利益がぜんぜん取れない」なんて話も聞きました。そして、業界の人が参考にしている全国のホールデータをみてみても、この台の「勝ちやすさ」はちゃんと数値に表れているんですね。

 よし、手打ち式パチンコ『昭和物語』の勝ちやすさ……体感してやろうじゃない! 今回勝てばこの企画始まって以来のプラス収支に(2015年分はリセット済)。巨万の富への道はこの一歩から始まるのだよ!

001
『CRA-gon昭和物語』

002
これが手打ち式のハンドル!!

 さて、あまり馴染みのない台かと思われますので簡単に説明しましょう。まず、手打ち式のハンドルで盤面中央の「GO」を狙い、中央の穴に入れば大当たりという、とてもわかりやすいゲーム性(左右の穴に入ると小当たり)。

003

 また大当たり中は、チューリップが2回の入賞で閉じますが、手順通りに入賞させれば最大14連動が可能で、うまくいけば210玉を獲得できます。しかも、脳科学者の方が「脳トレにも最適」と評価してるんですって! 「脳トレしながらお金が増えるとか最高じゃんか……」。 頭の中がすっかりお花畑状態でホールへ向かい、『昭和物語』の置いてあるコーナーに到着。

 すると!! 一番最初に目に入ったのは台ではなく、手袋をして遊技している“猛者たち”の姿。しかもみんな、ドル箱を使っているんですけど……!! 最大210玉獲得の台でドル箱積んでるって何!? これって……もしかして、ほんとにかなり甘いんじゃないの!! 「俺だって……俺だって出せるに決まってる!」と奮い立って着席。実戦スタート!!

004

 で、この台。打ち出しの時に音がするのですが、猛者たちが涼しい顔をしながら「ポキュン、ポキュン、ポキュン……」と、まるで普通のCR機のように一定のタイミングで打ち込んでいるのに対し、一方の自分は「ポキュン…………ポキュ(打ち出しが弱く玉が戻ってくる)………ポキュンッ(打ち出しが強すぎて右打ちみたいになる)」と、たどたどしさ全開。

 確かにハンドルの握り方だったり玉の弾き方を変えると、強弱をつけれるのですが……かといって毎回同じ打ち方ができるかというと、自分の技術じゃ答えはNO。一カ所を狙って打ち続けるなんて到底無理!

 よし、ここは猛者たちがどこらへんを狙ってどうハンドルを握っているのかを横目でこっそりと盗み見……。「初心者なんかじゃない、オレも猛者なんだぜ? オレは一周して手袋使わなくても大丈夫なんだぜ?」ばりに打ち方をマネして、涼しい顔で打ち続けます。……が、表面上は強がってたものの、心の中では飢えたライオンの群れの中に放り込まれた兎のように怯えながら打っておりました……。

 そしてかなりの無駄打ちを挟みつつも投資1000円で大当たり。えっ、大当たり!? ハードル高そうに見えたけど、あれ……これ本当に勝ちやすいんじゃ!?

 さぁ、あとは手順通りに入賞させれば……ってこれが難しすぎる!! どこらへんを狙えばどう転がる、とか以前に、そこを狙って玉を打ち込めない!! 最大手順どころか、すぐに大当たりが終わって申し訳程度の出玉が出てきます。

005

でも、この感じなら……粘ればイケるかも? と、感触を掴んだのも事実。さぁ、この調子でコツコツいくよ!!

……でも、すぐに気付いたんです。狙って打てないから、偶然を待つしかないことに! その後、小当たりは何回か取りましたが、大当たりは1回しか取れないまま3000円がなくなり、無念のフィニッシュ。

006

 席を立つと、ちょうどシマ一番の当たり台が空いたところで、その台のデータランプ見てみてビックリ!!

007

221回ってなんだよ(笑)。打ち手の差を思い知らされたのと同時に、3000円で今よりもかなり長時間遊べていたことに気付いて「こういう遊び方もたまにはいいなぁ」と思ったのでした。

プルルルル……プルルルル……
「編集のBだけど」
「お疲れさまです! いやぁ、たまにはのんびりこういう台もいいかもしれませんね」
「あ、『昭和物語』打った? じゃあやっぱり勝ちやすかったんだ?」
「いや、負けましたけど」
「……プチッ(電話を切る音)」
ップーップーップー……

今回のギャラ:-3000円
今回の反省点:手打ちパチンコには「手袋」必須

(次回に続く!?)

■アドリブ兄 プロフィール
1979年東京都生まれ。ニコナナチャンネル『回胴フラグティエ』という番組にて、月に4~5回ホール実戦の様子を生放送でお届け中。得意技は“ホール内無想転生”という名の乱れ打ち。 4時間で17台触ったのが自己最高記録。

・ブログ http://ameblo.jp/i-want-777/
・ツイッター @adlib_brother

いまパチンコ業界で話題の「勝ちやすい台」、軍資金3000円でどれだけ出せる?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.