日刊大衆TOP 娯楽

勝ち方は「パチンコ攻略誌」にちゃんと書いてある!? パチンコ攻略誌の正しい読み方

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第32回 勝ちたいならパチンコ攻略誌のココを読め!

 パチンコ初心者必見! パチンコライター・森本レオ子が、誰でもすぐにマネできるパチンコの勝ち方をわかりやすく解説いたします。今回のテーマは、「パチンコ攻略誌の活用法」について!

 パチンコの勝ち方に関する様々な情報が載っている「攻略誌」。コンビニではアダルトコーナーの隣に置かれている、「必勝」「攻略」などと書かれた派手な表紙のパチンコ雑誌のことです。一度でも読んだことがある方ならわかってもらえると思うのですが、アレって初心者の人にはちょっと難しいんですよね パチンコがわからないから、もっと知りたくて読んでいるのに、書かれている内容が理解できなくてチンプンカンプン……。勝ち組へのハードルの高さを痛感し、心が折れた経験はないでしょうか? 

 実は私、ライターになる前は「パチンコ攻略誌」の編集をやっていたんです。つまり、裏方として小難しい攻略誌を作っていたんですよ。だからこそわかるのですが、残念ながら攻略誌のほとんどは初心者をターゲットに作られていません! 初心者にもわかりやすくパチンコを解説するページは設けられてはいますが、ページ数は多くないし、人によってはそれでも不十分に感じられるかもしれません。スラスラ読むためにはある程度の専門知識が必要になってしまいます。

 そもそも、「パチンコ攻略誌」とはどういうものでしょうか? おおまかに言えば、「パチンコで勝つために必要な情報が掲載されている専門誌」ということになるのですが、具体的にどんな情報が掲載されているのかを、まずは説明していきましょう。

 攻略誌と言っても、雑誌によって「色」はもちろん異なります。それでも、だいたいどの雑誌にも必ず掲載されている情報というものがあるんですね。それをざっとご紹介しますと……

◆パチンコ台の基本中の基本となる情報の「基本仕様」
◆大当たり時に獲得できる出玉の「内訳」
◆演出がどれくらいの割合で大当たりにつながるのかを数値化した「演出期待度」
◆実際に新台などをホールで打った時の「実戦データ」
◆ライターやパチプロによる「コラム」
◆付録についている「DVD」

 特に、最後のDVDはここ最近のトレンド。ファッション誌も付録で売上が大きく変わるらしいですが、パチンコ誌もまた、DVDが付いているかどうかで売上に差が出るんですよ。

 演出期待度や実戦データはなんとなくわかるけど、初めて攻略誌を手にした方は「基本仕様」でつまずいてしまうのではないでしょうか。「基本仕様」とは、大当たり確率や確変継続率、その機種のゲーム性など、台に関する基本的な性能のこと。雑誌によって呼び方は異なりますが、「基本データ」「スペック」などと書かれているデータは全て、この「基本仕様」と同じ情報を指しています。

 そして、「内訳」についても基本仕様と並べて掲載されていることがほとんど。「内訳」とは大当たり時に獲得できる出玉数だったり大当たりの種類(確変や通常など)の割合のことで、「振り分け」と言われている場合もありますね。

 例えば『牙狼 魔戒ノ花』の大当たり、「ヘソ入賞時(の大当たり)」なら16ラウンド確変が38%、実質15ラウンド確変が5%、実質13ラウンド確変が10%、実質13ラウンド通常が47%となっていて、「電チュー入賞時(の大当たり)」なら16ラウンド確変が100%。この情報が「内訳」「振り分け」と呼ばれるものです。

内約
大当たりの内訳はこういう円グラフで掲載されることも。大当たりすれば、この確率で抽選されて大当たりの種類が決まる、ということ。

 入賞? 実質?? ……と、突然難易度が高い用語が出てきてしまいました。内訳も数字ばっかりでよくわからないかもしれません。ただ、実はこの『牙狼 魔戒ノ花』の内訳は、最近のパチンコ台の中では比較的わかりやすいほうなんです。

 大当たりしたのに出玉なしで確変状態へ移行する「突然確変」や、確変状態へ移行するものの電動チューリップ(電チュー)のサポートが付かない「潜伏確変」といった、複雑な大当たりがパチンコには存在しています。また、大当たりしたものの出玉がショボく、液晶上でも図柄が揃わないことが多い“ガッカリ大当たり”の「4ラウンド通常」なんてのもありますね。

 ちなみに、それぞれ「突確」「潜確」「4通」と、略されて掲載されることもあります。こういったいろんな種類の大当たりを搭載している機種になると、内訳はさらに複雑化してしまうわけなんです。

「入賞」とは、玉がスタートチャッカーに入ること。そうすると、液晶上で図柄が回転します。「実質」については、これを説明しようとするとかな~り長くなってしまうのですが、シンプルに言えば、本当は15ラウンドじゃないんだけど、出玉は「実質的に」15ラウンド大当たりと変わりません! ……ってことです。つまり「実質」の部分はあまり気にする必要がありません。

 また、「ヘソ(入賞時)」「電チュー(入賞時)」と2つの内訳が掲載されている場合が多いですが、「ヘソ」が通常時、「電チュー」が確変(時短)中のことを指すと思っておけば、おおむね問題ありません。通常時は液晶画面下にあるヘソのスタートチャッカー、確変(時短)中は電チューのスタートチャッカーで回転する機種がほとんどで、ヘソと電チューでは大当たり時の内訳が異なることが多いのです。確変(時短)中のほうが、いい大当たりが出やすくなっているんですね。

 初心者にはチンプンカンプンな基本仕様と内訳ですが、パチンコを打ち慣れてくると、この数字ばかりの情報を見ただけで、その機種がだいたいどんな機種なのかがわかるようになります。MAXなのかミドルなのか、はたまた甘デジなのかを見分けるのは初歩の初歩。大当たりの確率的には甘デジタイプに分類されるけれど、ヘソ入賞時の出玉が少なくて確変突入率が低いからMAXタイプ並に投資がかさむスペックだなぁ……だとか、この機種は突然時短がなくて全ての大当たりが15ラウンドで時短が100回ついてくるから、大負けする可能性が低くて遊びやすいなぁ……だとか、そういった台の特性を把握できるようになるのです

 そうなると何が有利かというと、「立ち回り」を自分で判断できることができます。「立ち回り」とは、機種選択やヤメ時など、パチンコで勝つための状況判断を広く指す用語です。これも攻略誌でよく使われている、意味がわかりづらい言葉のひとつですよね。

 話を戻しまして、例えば夕方5時の時点で大負けしているとします。この後の限られた時間で負けを取り戻せる機種はどれか。また、仕事帰りにしか打ちに行く時間がないような時に、短時間の遊技でも安定して勝てる機種はどれなのか。打ったことがない機種や新台だと判断しづらいことが、攻略誌をチラッと読んだだけでわかるようになるのです。そうなると、打つ機種の選択肢が増えますよね。勝つためには打てる機種の選択肢は多ければ多いほうが有利なので、これはかなり有益です。

 しかも「基本仕様」と「内訳」は、だいたいどの雑誌でも特集ページの一番目立つ所、機種の盤面写真のまわりに掲載されています。ということは、これらの情報は絶対に読者に読んでもらいたい情報、つまりは「勝つために最も必要なデータ」ということなのです! 実は演出の紹介や期待度よりも、こういった「数字」の部分のほうが勝ちには価値があるんですよね~。……え? 上手いこと言ったつもりですけど何か?

「パチンコ攻略誌」ってどんなものなのか、そして、どうやって活用すれば良いのかがなんとな~くわかっていただけましたでしょうか? 次回以降はさらにディープな楽しみ方について手ほどきしていきますのでお楽しみに~♪ それでは、GOOD LUCK☆

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




勝ち方は「パチンコ攻略誌」にちゃんと書いてある!? パチンコ攻略誌の正しい読み方

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.