日刊大衆TOP 娯楽

パチプロも驚いた「千円で出玉13万発」の怪物パチンコ台

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第20回 パチプロも驚く!!「千円で13万発を叩き出すモンスターマシン」

 夜明け前に起き、激アツの新装開店があるホールに到着。入店待ちの先頭を確保して割り込み対策もバッチリ。座り込んで寝て待ち、ふと目が覚めると開店から2時間後……。泣きながら家に帰ったポンコツパチプロのアンドレです。

 パチンコで稼いだ金で生活しているのが「パチプロ」ですが、もちろん毎日必ず勝つわけではありません。プロでも月に数回、週に1~2回は負けています。それでもトータルで考えれば、1日平均で2万円くらいは勝っている計算になります。若くて体力のあるプロや、もっと凄腕のプロなら3万円以上は稼いでいるでしょう。

 いずれにしてもプロのくせに地味な稼ぎだなぁと思われるかもしれません。普通の人でも10万勝ちなどド派手な経験があるかと思います。パチプロでもそういった大勝ちをすることはありますし、反対に大負けもしょっちゅうあります。しかしトータルでプラス収支に持っていくのが最終目的なので、1日単位での勝ち負けはいちいち気にしないのです。

 ところがそんなパチプロであっても、想定を大きく超えるような「マグレ大勝ち」が炸裂した時は、さすがに印象に残ります。プロの技術を駆使しての20万円勝ちレベルはこれまでに数回ありますが、それを超える「最高記録」は忘れられません。しかも当時のわしはまだサラリーマン兼業のプロでした。

 初代『黄門ちゃま』や『大工の源さん』をはじめとするCR機が人気を伸ばしはじめていた頃、わしは会社員をしながら地味なノーマルデジパチでコツコツ稼いでました。ホールには連チャン機や一発台といった古いジャンルも混在していて、今では考えられないほどバラエティーに富んだ機種構成でしたのう。

 ある日、営業で外回りをしていたわしは、繁華街の喫茶店で日替わりランチを食いました。店を出てタバコを吸いたくてあたりをキョロキョロ。近くに、たまに行くホールがあったので躊躇なく入店。打つつもりはなかったので、誰もいないシマで一服してそのまま帰ろうとも思いましたが、当時はパンチパーマのコワモテ店員さんが目を光らせていた時代。休憩代として千円だけ打って仕事に戻ることにしました。

 本気打ちではないので、よく打つ機種や好きな機種は避けました。稼ぐ目的じゃないですしのう。それにどうせ千円捨てるなら、普段は敬遠して打たない機種にしてみようかと。それが『えびすV』という連チャン機だったのです。予備知識は全くナシ。謎の連チャンモードに入ると大爆発するけど、普段はほぼ単発なのでまず勝てない。その程度しか知りませんでした。

 感覚的にはジャンボ宝くじをバラで1枚だけ買うようなもの。千円じゃ当たるはずがないし、消えゆくレトロ機種を記念に打っておこう程度のつもりです。ところが座ってすぐにリーチがかかってそのまま「777」が揃いました。後日調べると大当たり確率は1/225だったので、ちょっと運が良かったようです。

 ところが、わしの台のまわりに店員さんと常連が集まってきてザワザワ……。出玉1箱を出して帰ろうとしたら、その場の全員に制止されました。1箱でも5千円近い棚ボタ勝ちやのに……。半信半疑で再開すると数回転でまたも大当たり。その後もマシンガンのように当たり続けます。ギャラリー連中も「兄ちゃん、やるなー!」と大騒ぎ。

 どうやら大当たり60回に1回の割合で突入する極薄の「連チャンモード」を一発で引き当てたようです。足元の出玉は20箱を軽く超えてます。もう一度「777」が揃うと連チャンモードが終了してしまうらしいのですが、継続率は95%もあり、見た目では判別不能。店員さんは「とにかくヤメちゃダメ!」と鬼の形相で迫ってきます。そろそろ仕事に戻らなアカンのに……。とりあえず店を出て公衆電話へダッシュ。携帯電話なんてない時代ですからのう。10円玉1枚をブチ込んで会社に電話。

「課長、猛烈に腹が痛いので早退します」(ガチャ、ツーツー)

 これでヨシ。急いで台に戻って、そのままハンドルを握ること6時間。ずーっと当たりっぱなしの57連チャンで、出玉は驚愕の13万発!! 当時は2.5円交換だったので33万円になりました。たったの千円がこんなことになるとは恐ろしい。換金所も歌舞伎町みたいな歓楽街の細い裏路地の奥にあって、襲われやしないか怖かったです。

 この時が一度の大当たりで叩き出した最高出玉記録ですが、仕組みを理解してなければ味をしめてのめり込んでいたかもしれません。結局は20数年、パチプロとして全力で挑んでも、いまだに超えられないマグレ体験です。

 パチンコで夢中になり散財してしまう原因は、大勝ちの記憶が忘れられない場合がほとんど。本来はこづかいの範囲で楽しむ遊びです。自分を見失わぬよう、常に冷静さを保ちたいものですのう。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチプロも驚いた「千円で出玉13万発」の怪物パチンコ台

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.