日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】藤田菜七子フィーバーを肌で感じて

[週刊大衆03月28日号]

 大変なことになっているんだろうなと思ってはいましたが、それは想像を超えるすごさで。パドックもスタンドも、“フィーバー”という言葉がピッタリの熱狂ぶりでした。

 ここまで書くと、もう、おわかりですよね!? そうです。JRAで16年ぶりに誕生した女性騎手、藤田菜七子騎手の話題です。師匠、根本康広調教師の粋な計らいで、3月3日、ひな祭りの日に川崎競馬でデビュー。集まった報道陣の数……63社、137人という数字を聞いて、正直、驚きました。

 でも、これはまだ序章。JRAデビューとなった5日の中山は、開門前から長い列ができ、2レースのパドックに集まった人は、なんと3000人。この日阪神で騎乗していた僕は、その熱狂を肌で感じることはできませんでしたが、最後の直線で、1番人気の馬をあと一歩まで追い詰めたときには、スタンドが大きくどよめいていたそうです。

 僕が彼女と同じレースに騎乗したのは翌6日の中山競馬2レースと最終12レースです。この日も、入場者数は前年比116%アップの2万8948人。パドックでは、“かわいいーっ!”と叫ぶ女性ファンに混じって、単勝馬券を握りしめたおじさんたちも、“菜七子ーッ”と唸るような熱い声を上げていました(笑)。

 技術的なことをどうこう言うのはまだ早いですが、少なくとも自分がデビューした頃と比べると、最後までしっかりと追っているところなど、実に堂々としたもの。それ以上に、記者の方の質問に、ひとつひとつ丁寧に答える姿に感心させられました。

 そうですね、ひとつだけ藤田菜七子騎手に伝えることがあるとすれば、今、自分の置かれている立場を理解し、自覚してほしいということでしょうか。本人は、“かわいい”と言われることに照れがあるようですが、馬とむくつけき男たちの世界で、それは彼女にしかない大きな武器です。

 いつまでこのフィーバーが続くのか。初勝利を挙げるまでなのか、それとも、このままずっと続くのか。それは彼女次第です。勝負は勝負。でも、レースが終われば仲間です。一緒に競馬を盛り上げましょう!

 今週末、19、20、21日は3日連続の変則競馬。20日は、中山でGⅡ「スプリングS」。21日も同じく中山で、GⅢ「フラワーC」に参戦します。騎乗馬は、「スプリングS」がドレッドノータス、「フラワーC」がラルク。前走、GⅢ「京都2歳S」を制したドレッドノータスは、ここでどんな走りを見せてくれるのか、僕自身も楽しみにしています。とてつもなくレベルが高い今年の3歳牡馬に対抗できる力を秘めているのかどうか……今回が試金石になりそうです。

 藤田菜七子騎手とまた同じレースに出走したとき、もし負けでもしたら、「武豊が負けた」と大見出しで書かれそうなので(苦笑)、そうならないように気を引き締めて頑張ります。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算3500勝、日本人騎手初の海外GⅠ制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】藤田菜七子フィーバーを肌で感じて

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.