日刊大衆TOP 芸能

平嶋夏海「最近オジサンがカワイイなって思えるんです」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年04月11日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

平嶋夏海「最近オジサンがカワイイなって思えるんです」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

 元AKB48メンバーの平嶋夏海さん。現在は、キュートな笑顔と、88センチFカップ、色白ボディを武器にグラビアで大活躍中。3月20日には、その魅力をギュッと詰め込んだ4本目となるDVD『甘夏』が発売されたばかり。人気美女の胸の内とは?

――DVD『甘夏』が好評です!

平嶋:ありがとうございます!

――撮影はどちらで?

平嶋:大好きなバリ島で撮ってきました。

――お~、南国!! 仕事で何度か行っているのかな?

平嶋:1本目のDVDがバリ島で、すごく良かったので、その後、プライベートでも行ったんですよ。

――バリの何が良かった?

平嶋:海もキレイだし、山には世界遺産や有名な寺院がいっぱいあったりして、すごく“旅行に来た~!”っていう感じがするところですよね。

――いいなぁ~、うらやましいです。

平嶋:あと、今回の撮影でもいっぱい使ったんですけど、お花がキレイっていうイメージがあるんですよ。ホテルのお部屋とかにも、花びらがいっぱい用意されていて、お風呂にも入れたりして。花びらだけが、袋に入れられて売っていたりもするんですよね。そういうのも、すごく好き。

――そんな大好きなバリでの撮影では、いつも以上に頑張っちゃったんじゃ?

平嶋:そうですね。“好きな彼との理想の過ごし方”みたいなテーマで、いろんなシチュエーションでの撮影を楽しんだんですけど、いろんな意味で、けっこう頑張ってます。

――“いろんな意味”で?

平嶋:前作から、水着の面積が小さくなってきてたんですけど、今回、どれも小さかったんですよね。

――えっ、マジですか!

平嶋:そんな水着で、ビーチバレーしたり、テニスしたり(笑)

――大サービスだ!

平嶋:それに、テニスなんて、かなり本気でやってるんですよ。南の島の太陽の下で。だから、汗だく。映っている汗が完全にリアルだし、顔も真っ赤で、本気でハァハァ言っているんです。

――平嶋さんのガチの“吐息”を感じられるんだ。

平嶋:でも、あれはヤリ過ぎかも(笑)。

――セクシーな面では、どこを頑張りました?

平嶋:見ている方に喜んでもらえるかなって思うのは、シーツで隠しながらですけど、水着の上を取っちゃうシーンとか。

――そこまでのお肌の露出は、今回が初めて?

平嶋:そうですね。AKB時代の仲間たちも、それくらいはやってるし、私も頑張ってみようと思って。もう少し緊張するかなとも思ったんですけど、スタッフさんがよく知っている方ばかりで、とても楽しく、自然にできたと思います。

――横から上から、キワドいカメラアングルもありますよね。

平嶋:そうなんですよ。“密着カメラアングル”です。

――他に、自分で気に入っているシーンは?

平嶋:彼を起こすシーンかな。なかなか起きてくれず、結局、“もう1回、寝よっか”って甘えるっていう。

――それは、本当に平嶋さんの“理想の朝”な感じ?

平嶋:理想ではあるんですけど、実際には無理かな。

――どうして?

平嶋:私、親に、「昨日、イビキがすごかったよ」とか「なんか寝言言ってたよ」とか、よく言われますし、寝起きも相当ヒドイんで、そんな甘い朝にはならないと思うんですよ(笑)。とても、人と一緒に寝られる気がしないです。

――ダハハハ! 大変!!

平嶋:笑いごとじゃなくて、わりと真剣な悩みです!

――でも、そういうノビノビした感じが、平嶋さんの魅力だとファンの皆さんも分かっているんじゃ?

平嶋:寝起きはともかく、それは、そうだと思います。

――一方のグラビアでは、ボディもムチムチだし、笑顔もふんわりした感じで、いわゆる“癒し系”みたいなタイプなのかなと思ったんですけど、お話をすると印象が違います。

平嶋:おしゃべりが好きで、なんでもしゃべっちゃうし、基本、サバサバしてますね。

――グラマラスなボディとのギャップがあります。

平嶋:今の事務所は、モデル体型というかスラっとしたスタイルの子ばっかりなんですが、そんな中、私だけがムチムチみたいで(笑)。

――ムチムチなのは、何か狙いがあったりする?

平嶋:ないですね。痩せようとも、太ろうともせずに、自然体で23年間生きてきたら、こうなりました。

――ダイエットとか経験ないんだ。

平嶋:微々たる努力はしたことありますよ。でも、微々の微々なんで、ここで言うのも恥ずかしいくらいな感じです。

――たとえば?

平嶋:サラダを先に食べようと思ったり。

――おぉ、“食べる順番ダイエット”ですね。

平嶋:でも、そういうときに限って、メイン料理が先に来たりするんですよ。“じゃあ、サラダは来たら食べよう”ってなっちゃう。

――それ、何もやってないのと同じじゃ……。

平嶋:半身浴とかも、思いついたときにやるけど、月に1回くらいしか思いつかない(笑)。とりあえず、事務所の社長には、“今より太るな”って言われているので、目標は現状維持ですね

――いいなぁ~、その自然体。プライベートで言えば、恋愛に関しても自然体?

平嶋:どうでしょうね?

――AKB時代は、“恋愛禁止”だったと思うんですけど、今は何か言われているんですか?

平嶋:一応、事務所には“いいよ”とは言われているんです。“(彼氏が)できたら言ってね”“しょーもない男とはつきあうなよ”って。

――お、理解がありますね。

平嶋:でも、“今、(彼氏を)作ってる場合かどうかは、よく考えて”みたいなふうに思ってもしまうので、難しいですよね。

――23歳になって、男性の好みが変わったりしましたか?

平嶋:高校生のときは、クラスの人気者みたいな人が好きだったんですよ。実際、イケメンでサッカー部のキャプテンで、身長180センチで、成績もいつも学年5番みたいな人が好きで、“こんな人とつきあえたら、少女漫画みたいじゃん!”って思って憧れていたんですけど、今は、そういう人は無理だなって思います。

――どうして?

平嶋:イケメンの言うこととかって、信用できない気がしてきて。

――モテるし、皆にいい顔しているんじゃないかと?

平嶋:そう。顔はフツーか、なんならちょいブスくらいで、若いときには少し遊んだけど、ひと回りして落ち着いたような人がいいです。

――となると、けっこう年上になっちゃうんじゃないですか?

平嶋:そうですね。最近、オジサンってカワイイなって思うようになってきたんですよ。

――何かきっかけがあったのかな?

平嶋:榮倉奈々さん主演の『娚の一生』っていう映画を見たことですね。あるきっかけから、50代の大学教授と一緒に住むことになって、恋に落ちていくっていう。ダメダメなオジサンなんだけど、何か放っておけない存在になっていく、みたいな。

――キュンキュンしちゃったんだ。

平嶋:しましたね。大学教授役の豊川悦司さんは、格好良すぎですけどね。オジサンの良さも分かってきました。

――素晴らしい! では最後に、今後の目標などを。

平嶋:グラビアと、あとはお芝居も楽しくなってきたので、今まで以上にお仕事を頑張っていけたらなと思っています。

――“こんなグラビアをやってみたい”という、希望やアイデアなどはありますか?

平嶋:この冬、けっこうスノボーをやったんですよ。

――お、ゲレンデでの極寒グラビアをやってみたい?

平嶋:違う、違う、違う。それは無理です。鳥肌とかヤバそうだし。そうじゃなくて、スキー場に行く途中にあった、山梨の“ほったらかし温泉”が、すごく良かったんですよ。山の上の露天風呂で、夜景がほんとに素晴らしくて、友達と、「これ、何時間でも入ってられるね」って。

――その美ボディは、温泉など“和”の雰囲気も似合いそうです。

平嶋:そういうところで撮ったりするのは、まだやっていないので、いいかもしれませんね。

 おっとりとして見える外見に反し、実際に話してみると快活な人柄の平嶋夏海さん。このギャップを生かして、テレビの売れっ子になる日も遠くない。彼女のFカップには、無限の可能性が詰まっている!

●ポラロイドプレゼント●
平嶋夏海さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

平嶋夏海 ひらじま・なつみ
1992年5月28日、東京都出身。T154‐B88W60H88。元AKB48『渡り廊下走り隊』で活躍し、現在は女優としても活動。DVD『甘夏』の発売イベントが4月3日12時よりソフマップアミューズメント館にて開催。主演映画『女ヒエラルキー底辺少女』の公開も控えている。

平嶋夏海「最近オジサンがカワイイなって思えるんです」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.