日刊大衆TOP 女性向け

痩せてもすぐに元通り!? ダイエットに苦労した芸能人6人

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

痩せてもすぐに元通り!? ダイエットに苦労した芸能人6人

「テレビだと実物よりも太って見える」といわれ、一般人よりもはるかに痩せている芸能人。ダイエットが基本の生活スタイルですが、なかには痩せた後にリバウンドしちゃう人も少なくありません。そんな再びぽっちゃりに戻ってしまった女性芸能人を紹介します。

●水卜麻美(28)
ぽっちゃり体型で人気の日テレの女子アナ「ミトちゃん」こと水卜麻美さんも痩せたり太ったりを繰り返す「リバウンダー」の一人です。入社直後はスッキリとしたスレンダーさんだったのですが、「食べっぷりが豪快で気持ちいい」と食レポが話題になってからは、その好感度と比例するようにふくよかな体型に。昨年、24時間テレビの総合司会に初めて抜擢された際、食事制限と有酸素運動を組み合わせた「ミトちゃんダイエット」を敢行、見事5キロの減量に成功しました。ところが、放送終了後からまたじょじょに太りだし、最近では過去最高のムチムチぶりを見せています。ぽっちゃりにも「陰性」と「陽性」があるといいますが(森三中・村上談)、彼女の場合はまさに「陽性」。大福みたいで美味しそうです!

●モーニング娘。鈴木香音(17)
アイドルにあるまじきマシュマロ体型と、りんごやカマキリといった変なものまねで「NGなしぽっちゃりアイドル」と呼ばれ、なにかと注目されている「ズッキ」。モー娘。に加入当初はほっそりした美少女だったものの、じょじょに太り始め、2012年頃にはネットにその「太ましい」姿がたびたびアップされるようになりました。ですが、今年に入ってから一念発起、2カ月で9キロのダイエットに成功し、7月に発売されたシングル『Oh my wish!』では初のセンターを務めました。その変わりように世間は大騒ぎ。ネットはもちろん、ワイドショーでも取り上げられました。で、ここで終わらないのが「NGなし」ズッキのいいところ。ダイエットから4カ月。ちゃくちゃくとリバウンド中です。成長期ですから仕方ないですよね!

●Berryz工房・須藤茉麻(23)
現在、無期限活動停止中のBerryz工房。2004年に結成し、当初は美少女揃いのローティーンアイドルとして人気を博しました。中でも際立って美少女だったのが、当時中学生だった須藤茉麻。元バレーボール部キャプテンという彼女は、身長166センチ、スタイル抜群の別格の存在でした。ところが、2013年頃から急激に巨大化、アイドル的にチョットないぐらいのアメリカンサイズに変貌を遂げました。Berryz工房が所属するハロプロは、かつて加護ちゃんや安倍なつみ、吉澤ひとみなど、激太りするアイドルの宝庫で、彼女も一過性の増量かと思われましたが、2014年の初め頃、ややスリムになったものの、その後もムクムク成長を続けています。「食べなきゃ生きていけない」と発言するほどの食いしん坊キャラなので、食べることによって芸能界でのストレスを発散しているのかもしれません。

●渡辺直美(28)
ビヨンセのものまねでブレイク、最近はインスタや雑誌モデルなど「おしゃれなデブ」として活躍中の渡辺直美さん。現在の体重は100キロ目前だといい、これまでも数々のダイエットにチャレンジしてはリバウンドしています。その都度、最大14.5キロほど痩せるのですが、2013年に『ぐるぐるナインティナイン』内での企画では、なんと2.1キロ増量。リバウンドのしすぎで痩せにくい体質になっているのかもしれませんね。一日5食を基本としており、おやつはバッグに忍ばせた唐揚げという渡辺さん。ダンスもうまいし、どこかセクシー、こういうぽっちゃり女性はモテるんですよね~。

●森公美子(56)
オペラ歌手でタレントの森公美子さん。100キロを超えるベイマックスのような体型でおなじみですが、これまでに数回のダイエットを経験しています。2008年には当時ブームだった朝バナナダイエットで-7キロ、2013年にはロングブレスダイエットで8カ月かけて28.6キロの減量に成功しています。ところが、その直後、ロングブレスダイエットの考案者・美木良介さんをやんわり批判。「呼吸で痩せたらノーベル賞」「食事制限と運動ですよ!」と実はウォーキングや筋トレ、炭水化物の制限などで痩せたと実情を暴露しました。最近はまた戻りつつあるものの、ご本人も太り過ぎを気にして、炭水化物は昼だけにするなど努力しているようです。霊感が強いことでも有名な森さん、かの江原啓之さんも「霊感がある人は餓鬼の霊の影響で食欲を抑えられない」ともおっしゃっているので、そのせいなのかもしれないですよね。

●ピンクの電話・竹内都子(53)
ピンクの電話の「みやちゃん」こと竹内都子さん。その丸々した体型から、「狭小店グルメ」などの食レポ番組では必ず見ますよね。そんな彼女も一瞬スリムになった時期があったのをご存知ですか? 実は『もうデブとは呼ばせない』というダイエット本まで出版しているみやちゃん、1994年頃、たかの友梨のエステで15キロも減量したことがあるのです。当時、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)のレギュラーでもあり、司会者のタモリから「痩せたらシャネルのスーツ買ってやる」と言われて、見事ダイエット成功。ほっそりしたみやちゃんにピンクのシャネルスーツが似合っていた記憶があります。まぁすぐにリバウンドしちゃいましたけど、彼女の場合、太ってるキャラでもらえている仕事が大半なので、これでいいのでしょうね。

人間ですから食欲に負けてしまうのはやむをえないこと。リバウンダー芸能人に親近感を覚えてしまうのは、筆者だけではないでしょう(苦笑)。

痩せてもすぐに元通り!? ダイエットに苦労した芸能人6人

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.