日刊大衆TOP 娯楽

パチスロ「打ち続けると天国が!?」連チャンをもぎ取る“ヤメない打ち方”

バナー

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第42回「全ては頂上、その一箇所に」

 非常に個人的な見解ではありますが、楽しみにしていた機種が2つほどデビューいたしました。『南国物語』(オリンピア)と『キングパルサー~DOT PULSAR~』(山佐)です。

 両機とも10年以上前のいわゆる“4号機時代”に、同じ名前を持つ前身機が大活躍しております。ただ、今度の台がただ単純な復刻機かといえばそうじゃない。もちろんパチスロに関する規定も変わっておりますから、時代に合わせて生まれ変わっているわけです。今回僕がこの2機種の名前を挙げたのは、そんな「過去の名作の復活」という共通点ではなく、「出玉を導くゲーム性」という共通点があるからなのであります。

沖ドキ!トロピカル
左:『南国物語』(オリンピア)
右:『キングパルサー~DOT PULSAR~』(山佐)
(C)YAMASA

 この2機種において、まとまった出玉を叩き出すためには、「とある場所」へとたどり着き、ボーナスを連チャンさせる必要があります。『南国物語』であれば「蝶ときめきゾーン」、『キングパルサー』であれば「天国モード」。互いに32ゲーム以内にボーナスが連チャンする状態(連チャンモード)のことで、ここを目標地点とするゲーム性なわけです。

 詳細なシステムに違いはありますが、既存の機種からイメージするのであれば、沖スロ界に数年ぶりに旋風を巻き起こし、僕も超がつくほど大好きな『沖ドキ!』に近いものがあるでしょう。僕が楽しみにしていた理由もお察しいただけるかと思います。

 さて、これらの機種が作り上げる出玉の推移。出玉が急角度で上昇する場面は、いわずもがな、これらの連チャンモードなわけですが、そこに至るまでの道のりに、もう1つ大きな共通点があります。

 それは「ボーナス成立をモード移行の契機とし、モード移行は“連チャンモード”に到達するまで昇格or現状維持である」ということ。

 いずれの機種でも、連チャンモードにたどり着くためには、いくつかのモードで段階を踏まねばなりません。目的地(連チャンモード)を山のテッペンにたとえるなら、テッペン目指して我々は山を登っていくわけです。テッペンにむけて歩を進めることができるのは、ボーナスを引いたタイミング。そして歩を進める先は、「上に登る(進む)」か「現状維持(とどまる)」の二択。テッペンに到着するまでは、基本的にこの2つだけ。つまりテッペンにたどり着かない限り、「降りる(戻る)」という選択肢は出てこないのです。

 テッペンにたどり着くまで、ボーナスを引いて一歩一歩、進むのみ。その歩を進める頻度(ボーナスの初当たり確率)だったり、その時に上に登る度合い(モード移行率)だったりに設定差が設けてあって、基本的に高設定ほどテッペンにたどり着きやすい。それゆえ、その他のパチスロ機種の例にもれず、高設定ほど出玉を獲得しやすく勝ちやすいわけです。

 しかし、こういった「昇格or現状維持で連チャンモードへ近づいていく」ゲーム性のパチスロ機種というのは、連チャンモードに持ち込まなければ、高設定でも勝てません。逆に低設定だろうと、連チャンモードだけやってりゃ楽勝であるとも言えるでしょう。

 つまり何が言えるかというと、極論、基本的に「一度山を登り始めたら、テッペンにたどり着くまで絶対に行くべき」ということです。もちろん歩を進めても進めても、いつになっても連チャンが始まらないようなこともある。ただ、連チャンモードにたどり着く前にヤメてるうちは、何があっても絶対に勝てやしないのです。

 ほどよく登って、テッペンまでもう少し、そんなところでヤメるなんてのが、この手の機種では一番もったいない。裏を返せば、そうやってヤメられてしまった台、つまり「ボーナスを複数回引いているにも関わらず、連チャンモードが始まっていないような台」は狙い目となってくる、と。そりゃそうです。途中まで誰かが登ってくれて、美味しいところは任せとけというわけですから。

『南国物語』も『キングパルサー』も非常に良好なコイン持ちのおかげで、通常時のボーナス出現率は重めといえます。なので、この手の機種を打つときゃ、投資だけでなく時間の残り上限も十分考慮しましょう。勝敗うんぬんもそうですが、この手の機種は「楽しさ」もテッペンにまとめてつまっております。投資的に、時間的に、あとどれくらい打てるのか。それを踏まえたうえで、テッペンまでたどり着いてナンボな台だということを忘れずに臨むべし。

 頂上から見る景色は、高けりゃ高いほど最高だぜ。


■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45~)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00~)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

松本バッチ、朝イチからのガチ立ち回り!の第249回
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』

いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組のメインMCに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!
◆山口レバーオン第249回
https://youtu.be/8x_EqGBLxws



パチスロ「打ち続けると天国が!?」連チャンをもぎ取る“ヤメない打ち方”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.