日刊大衆TOP 娯楽

パチンコは「5月中」が今年一番の絶好機!? “いま勝てる機種”教えます!!

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第40回 今の時期に打つべき3つの機種とは?

 パチンコライター・森本レオ子がパチンコの基本を解説し、手堅い勝利へと導く本コラム。今回のテーマは「いま狙い目となるパチンコ台」について。ホールの回収期と言われる大型連休も明けましたが、5月26日27日に開催される伊勢志摩サミットの影響により、全国的に5月いっぱいは新台入替の自粛が行われます。そんな今の時期、勝ちやすいパチンコ台は一体どの機種なのか!? 誰もが気になる狙い目機種3台をピックアップして紹介しちゃいま~す♪ 

 まずは、2016年の大本命『ぱちんこCR真・北斗無双』。この時期に勝ちたいのなら、この機種は絶対にハズせないですね! 機種名にもある通り、人気漫画『北斗の拳』をモチーフにしたゲームソフト『真・北斗無双』をパチンコ化した本機は、ザコキャラの無法者やアミバ、華奢な女キャラであるリンやマミヤが、屈強なラオウやケンシロウをなぎ倒す、原作ではありえないバトルが見られることでもおなじみの一台。今年3月の導入以来、全国のホールで高稼働をキープし続けており、MAX規制の不安を一挙に吹き飛ばしてくれた、まさにパチンコ界の救世主と呼ぶに相応わしい人気ぶりを誇っています。


ぱちんこCR真・北斗無双
(Sammy)
◆大当たり確率:約1/319.7
 →確変時:約1/81.2
◆ST突入率:50%(ST130回転)
◆ST継続率:約80%
(C)原哲夫・武論尊/NSP 1983 版権許諾証KOJ-111
(C)2010-2013 コーエーテクモゲームス (C)Sammy

 大当たり確率は約319.7分の1のミドルスペックにも関わらず、現在は規制対象となっている旧MAX機に引けをとらない爆発力がウリの本機。現在かなりの数の店がパチンココーナーのメイン機種として使っています。このコラムでも何度かお話させて頂きましたが、まずホールのメイン機種は、言い方こそ悪いですが「客寄せパンダ」です。なので、出玉をアピールするために「勝ちやすい」台になっていることが多い傾向にあります。

 そして先ほども話した通り、『真・北斗無双』は客付きも人気も高く、なおかつ今後これ以上の出玉力を持つ機種が登場する可能性が低いので、長期的にホールのメイン機種であり続けるでしょう。ホールが長く使っていくためには、「勝ちやすい」台にし続ける必要があります。その点から考えても、『真・北斗無双』は今パチンコで手堅く勝つにはまさに狙い目と言えますね。

 そして2台目のオススメ機種は『CR牙狼 魔戒ノ花』。昨年のMAX規制前に登場した機種で、大当たり確率約399.6分の1となる本機もまた、絶対にハズせない一台です。理由は『真・北斗無双』同様、ホールのメイン機種として人気と高稼働をキープし続けているから。しかも、導入から半年以上が経過しているので、ほとんどの店がすでに台の購入にかかった費用を回収できているハズ。機械代金を回収するために利益を荒稼ぎする必要もありませんので、最もお客さんに還元しやすい機種だと言えるでしょう。


CR牙狼 魔戒ノ花
(SanseiR&D)
◆大当たり確率:約1/399.6
 →確変時:約1/109.77
◆ST突入率:53%(ST161回転)
◆ST継続率:約77%
(C)2005 雨宮慶太/Project GARO (C)2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル (C)2011「呀」雨宮慶太/東北新社 (C)2013「桃幻の笛」雨宮慶太/東北新社 (C)2010-2014雨宮慶太/東北新社

 さらに、パチンコが上手な人の間では、この『牙狼 魔戒ノ花』は前回のコラムでお話した「ボーダーライン」が低い台としてもおなじみです。

 おさらいすると、「ボーダーライン」とはパチンコ用語で「収支がチャラになる千円当たりの回転率」のこと。ボーダーラインの数値は機種によって異なり、現在ホールに設置されている台の大半はだいたい16回から20回前後の数値になっています。収支をプラスマイナスゼロにするために、計算上では、ボーダーラインが16回の台に比べて、20回の台は千円あたり4回も多く抽選を受ける必要があり、逆に16回の台は4回少なくても勝負できるというわけなのです。

 もちろん一概には言えませんが、ボーダーラインの数値が低い台のほうが「勝ちやすい台」を探しやすい傾向にあります。『牙狼 魔戒ノ花』のボーダーラインは、だいたいどの雑誌やサイトを見ても約16回強。これはかなり低い部類なので、この機種は勝ちやすい台を見つけやすいと言えるんです。

 最後のオススメは、ちょっと変化球な機種『CRバスタード!!-暗黒の破壊神-』です! 原作はジャンプ黄金期を支えた、少し、いや、かなりセクシーな作品として有名な萩原一至さんの漫画作品。そのセクシーさはパチンコでも存分にいかされておりまして、打っているのが恥ずかしくなるくらいに際どい演出が盛りだくさんの一台です。

 本機が前述の2機種と大きく異なるのは、設置台数が決して多くなく、メイン機種として扱っているホールが圧倒的に少ない点。にも関わらずオススメと言える理由は、そのスペックにあります。


バスタード!!-暗黒の破壊神-
(ニューギン)
◆大当たり確率:約1/159.8
 →確変時:約1/39.98
◆確変継続率:約94%
(C)萩原一至/集英社(ジャンプコミックス)

 この機種のスペックは少々変わっていて、大当たり後に電サポ(電チューサポート:持ち玉をほぼ減らすことなく抽選を受けられる)が付かない、もしくは付いてもほんの少しというパターンがほとんど。大当たり後は必ず確変状態に移行するのですが、いわゆる連チャン状態(RUSH)に突入させるためには、この電サポ中に大当たりさせなくてはいけません。

 さらには毎回転、大当たりの抽選と一緒に、確変からの転落抽選が行われます。その転落確率は約394分の1で、転落を引き当てるまでは確変状態が続くのです。

 やや話が複雑になってしまいましたが、そんなスペックゆえ、大当たり確率が格段に高くなっている「潜伏確変」状態にも関わらず、お客さんがヤメてしまうことがよくあるのです。とどのつまり、宝の山がゴロゴロしている状態になりやすい機種というわけですね。

 そして、『バスタード!!』は朝イチでリセットされている状態の台、もしくは継続率約94%のRUSHから抜けた時のみ、通常状態が確定します。逆に言えば、それ以外は「潜伏確変」状態である可能性が高いので、RUSH抜け直後ではない回転数が浅い台があれば、積極的に狙う価値があります。

 注意して欲しいのは、仮に転落を引いてしまっても、液晶演出からは転落状態かどうかを判別できないという点。ですので、前回の大当たりから100回転を超えても当たりが引けない場合は、通常状態に戻ってしまった確率が非常に高いため、シビアに見切る必要がありますね。

 さて、この時期に狙い目となる3機種をピックアップしてみましたが、気になる台はありましたでしょうか? 新台が入れらない今の時期、ホールも集客に一苦労するでしょう。新台は勝ちやすい調整にせずとも客が集まりますが、旧台はそうはいきません。となると、出玉を還元することで集客を図るホールは普段より増える可能性があります。

 チャンスを逃すことなく、手堅く勝ちを目指しましょうね! それでは、みなさんが今日も勝てますように。GOOD LUCK☆ 

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。




パチンコは「5月中」が今年一番の絶好機!? “いま勝てる機種”教えます!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.