日刊大衆TOP 芸能

「清原の次」は誰? 当局が狙う“薬物有名人”

[週刊大衆2016年06月13日号]

「清原の次」は誰? 当局が狙う“薬物有名人”

 いよいよ、“堕ちた球界のスーパースター”に裁きが下された。同時に、当局が内偵を続ける“大物”の逮捕が、すぐそこまで迫っている!

 日本中を騒がせた「清原逮捕」から約3か月――5月31日、違法薬物で逮捕された元プロ野球選手・清原和博被告(48)に、東京地裁は懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。

 現在は、東京・六本木のサパークラブ経営者の支援を受け、都内マンションに住んでいるとみられる清原被告。もっとも、外出すると目立つので、実質、軟禁にも似た状況だという。そんな中、清原被告をサポートしているのが前出のサパークラブ経営者に加え、逮捕前から結婚も視野に交際していると報じられる銀座の高級クラブで働いていたハーフ美女・Mさん(20代)だといわれてきた。だが、今回の取材では、そこにも亀裂が入ってしまったのではと聞こえてくる。「清原の大きな心の支えだったMさんがつい最近、清原のもとを去ったというのです。Mさんは本気で清原のことを心配し、助けたいと思っていた。ですが、彼女の関係先にも連日、取材陣が押し掛けた結果、仕事もできなくなり、心理的にもすっかり参ってしまい、泣く泣く関係を断ったというのです」(事情通)

 本当なら、清原被告は大きな支えを失い、社会復帰に支障をきたすことにもつながりかねないのだが……。同じく、この間、清原被告の大きな心の支えになっているのが、大阪府岸和田市で電気店を営む両親だ。5月17日の公判では、病気療養中のために出廷できなかった父親の情状酌量を求める手紙が読み上げられた。〈~手紙をもらったのは生まれて初めてのことでした。手紙の中で、和博はただただ謝っていました。何回も何回もごめんなさいと書いてありました。(中略)親としてできる限りの支援をしていきたいと考えています〉 それを聞く清原被告は、大きな体を震わせ、涙を流し続けていたという。

 そしてもう一人、清原被告の支えになったのが、現役時代からの盟友、“ハマの大魔神”こと佐々木主浩氏だ。佐々木氏は法廷に立ち、「親友だと思っているので(情状証人を)引き受けました。(今後、更生の一環として一緒に)野球教室やボランティア活動をやっていきたいと思います」と、清原被告の社会復帰を支えていくことを表明したのだ。

 この証言の際、清原被告の弁護人が「(佐々木氏は)投手として実績があり、名球会理事、解説者や評論家としても活躍しています。証人をやることへの反対はありませんでしたか?」と聞いている(佐々木氏は証人出廷を即決で承諾したと証言)。つまり、この出廷にはあまりにも大きなリスクがあったのだ。にもかかわらず、佐々木氏が証言台に立った動機。今回、本誌は、その理由となる裏側を知ることができた。

 話は約20年も前、佐々木氏がまだ横浜ベイスターズにいた時代の97年1月のオフシーズンまで遡る。佐々木氏はサイパンで自主トレをしたのだが、息抜きに地元繁華街・ガラパンのカラオケバーを利用したところ、店内で別の日本人のグループと大乱闘になり、佐々木氏は相手側のリーダーと思われる者からジュースのビンで殴られ、右前頭部を11針も縫う大ケガをした。事件は当時、マスコミでも大きく取り上げられた。実は、そのときの当事者が清原被告をバックアップしており、今回、佐々木氏の証人出廷を後押ししたというのだ。関係者が「もう時効」として、本誌に以下のように告白してくれた。

「15年春、清原が『週刊文春』で薬物疑惑を報じられ、仕事がすっかりなくなったとき、彼は四国八十八か所を巡ったのですが、清原にそれを勧めた僧侶(K氏)が、実は佐々木氏の頭を叩き割った当人なんです。当時は荒れた生活を送っていたK氏ですが、その後、出家。そのK氏と懇意の女性と清原の元奥さんが親友だった縁で、K氏と清原はつながったのです。一方、K氏と佐々木氏は、乱闘事件の2年ほど後、共通の知人のスポーツキャスターを介して再会。互いに詫びを入れ、以降、食事を共にする仲に。K氏は今回、佐々木氏に“清原のためにひと肌脱いでください”と頼んだそうです」

 縁が縁を呼んでできあがりつつある、清原被告への支援の輪。清原被告には、最愛の人との別れがあったとしても、彼の更正を切に願う人々の思いを裏切ってほしくはないものだ。

 さて、31日の判決をもって、“清原和博薬物逮捕事件”は一応の決着を迎えた。全国紙社会部の警視庁担当記者によると、「清原の逮捕は、薬物事件捜査を主導する警視庁組織犯罪対策第5課にとっても大きな手柄になったと言えます。同時に、相当な人員と労力を割いてきた“清原事件”が終わった今、次の薬物事犯を挙げるのに本腰を入れるようです」

 その言葉の通り、最近、週刊誌業界でも、有名人の黒く、キナ臭い、薬物疑惑話が飛び交っているのだ。その中で、本誌が入手した最も“逮捕に近い”といわれているのが女性芸能人のAだ。「Aは、約2年前から行確(行動確認の略。尾行のこと)されています。Aはもともと、西麻布の遊び人グループの一員ですが、そのグループは薬物でつながっていました。実際、そのメンバーの中には薬物使用で会社をダメにした不動産会社元社長もいれば、20代で不審死したファッションデザイナーもいます。そして何よりA自身、ある事件で逮捕された過去がありますしね」(西麻布の飲食店関係者)

 さらに、この遊び人グループのリーダーには、こんな話があるという。「実業家を気取っていますが、全国の反社会的勢力とズブズブの関係。薬物の調達は彼に頼めば容易。彼は、以前はよく仲間と東南アジアに遊びに出かけていたのですが、現地では薬物をキメていたともっぱらの噂です。そのメンバーの中に有力政治家(当時)まで含まれていたことから、実は、そのグループに関する捜査は、警視総監直轄案件だったこともあるのです」(内調筋) 同じく、この西麻布グループの一人として、アイドルグループのメンバーBの名前も挙がっている。さらに、この中には、同じく行確されているという大物司会者Cの名前も。「Cはハードスケジュールを縫って、徹夜での麻雀をたびたびやっている。“あのタフさはどこから!?”とささやかれていますよ」(芸能プロ関係者)

 そうかと思えば、強面で知られる俳優Dの名も浮上している。「去年のことですが、実はDは、警視庁管内で、夜中に不審な者が歩いているということで職質を受けているんです。そして以降、Dは行確対象になっているといいます。何しろ、Dの薬物疑惑は、以前から仲間内ではかなり知られていて、慕う後輩の一人が“薬物を止めてください!”と懇願したら、Dはブチ切れるどころか、“ごめんな……”と、自ら認めるに等しい返事をしたというのです。そもそもは奥さんがやっていて、夫婦で手を染めてしまったとの話もありますね」(芸能プロ幹部)

『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)や『進め!電波少年』(日本テレビ系)で大ブレイクしたお笑い芸人Eの名前も出ている。なんと、本人が薬物使用を自白した録音データがあり、すでに、それを当局も押さえているというのだ。

 一方、スポーツ界を見渡すと、やはりプロ野球選手が目立つようだ。「公になっていませんが、セ・リーグ某球団の元主力選手のFは、東南アジアで一度捕まっています。間違いありません」(裏事情に詳しい事情通) このFはそもそも、引退したのも薬物検査で引っかかったためとの情報もあるのだ。Fは、こんな近況を見られている。「最近、うちの店に来たんですが、ゲッソリ痩せていましたね。肉も全然食べなかったなあ……」(世田谷区内の焼き肉店関係者)

 現役選手では、過去に打率3割を何度も記録したこともあるGの名も。「Gが所属する球団側は薄々気づいているといいますよ。また、Gには薬物だけでなく、裏カジノに出入りしていた疑惑もあって……」(前出の事情通)

 清原被告絡みでは、先週発売の『週刊アサヒ芸能』『フライデー』が“次に逮捕される薬物有名人”として、『紅白歌合戦』にも出たことがある大物タレントHの名を報じている。両誌の記事では、逮捕された清原被告が、取り調べ中に“薬物仲間”としてHの名を供述したことからターゲットになったといわれている。

 また、現役時代の清原被告と“薬物仲間”だったと告白している元タニマチのY氏が、先週発売の写真誌『フラッシュ』で“自分と清原と3人でやっていた”と証言し、それをもとに直撃取材を受けていたのは、元巨人軍OBの広澤克実氏だった(本人は「根も葉もない話」と完全否定)。この実名報道には驚きは隠せなかったが、今回の取材で出てきた名前で、本誌が最も驚いたのは大物女優Iだ。「約20年ほど前ですが、当時、彼女とつきあっていた男が2度、薬物で捕まり、服役もしています。その際、彼女も事情を聞かれています。“薬物は一度やったら止められない”と、当局は彼女へのマークも続けているといいます」(事情通)

 こう見ると、「清原の次」の噂は確度の差はあれ、枚挙にいとまがない。疑わしきは軒並み逮捕せよ、との意見もあるかもしれないが、そうはいかないという。「薬物逮捕は有名人であればあるほど一罰百戒の効果は大。しかし、ガサをかけて万一、ブツが出てこなければ、当局は激しい批判を受ける。そのため慎重にならざるをえないんです。清原も数年間にわたり行確してきましたし、14年5月に薬物で逮捕された歌手のASKAの場合は、奥さんが当局の協力者になり、ようやく逮捕に至ったといいます。芋づる式に逮捕なんて無理だし、過去に例もないんです」(当局関係者)

 だが、追い詰められる一方の反社会的組織の資金源の断トツ1位は今や薬物で、その供給量は年々増えているとも伝わってくる。それに歯止めをかけるべく、水面下で捜査を続ける当局が、次に逮捕に踏み切る「清原の次」は、いったい誰なのか……!?

「清原の次」は誰? 当局が狙う“薬物有名人”

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.