日刊大衆TOP トレンド

最低でも月に1万円!? スマホ1台で出来る「超簡単小遣い稼ぎ術」

[ヴィーナス2016年06月07日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

最低でも月に1万円!? スマホ1台で出来る「超簡単小遣い稼ぎ術」

 “濡れ手で粟”のように、副収入はゲットしたいが、“スマホで副業!”“元手ゼロ”という広告を目にすると、「ホントかよ……胡散臭いな……」と、鼻白む方も多かろう現代社会。しかし一方で、スマホを使った副業で、サクサクッと儲けている勤め人が急増中。ここ1~2年、銭に鼻の利く連中は、片足を突っ込んでいるというのだ。

「通勤中やら、休憩時間などの隙間時間で、バリバリ儲けていますよ!」と言うのは、会社員の男性(43)。本職は営業マンだが、薄給を苦にして3年前からスマホ副業をスタート。今では月に平均5万円以上は稼いでいるという。何をすればよいのか? 「オークションです。自分の持ち物を売ったり、売るために買ったものを転売したりするんです」(前同)

 今の時代、誰もが簡単に“小売業”に進出できるのだ。とはいえ、どこのサイトでやればいいのか、皆目、見当もつかない。「現状、さまざまなオークション、フリマアプリがありますが、手軽に始められてオススメなのは3つ。大手2大アプリの“ヤフオク”“アマゾン”、そして最近CMもよくやっている、新興の“メルカリ”ですね」(同)と簡単に言うけど、どうやって始めればいいのだろうか。

 そもそも、この3つ、どう違うのか。「“ヤクオク”は国内最大級のオークションサイト。ここで売るべきは、故障したゲームやパソコン、動作不良のラジカセなど、なんでも売れるんです。レアものを探すコレクターが多いのが特徴ですね」(同) 実家に眠ったガラクタをゴミだと決めつけて捨てるのでなく、なんとなく出品してみる。すると、意外な高額で落札されることも珍しくはないというのだ。

 続いて、“アマゾン”。本やAV、CD、DVD、家電、日用品と、なんでも売っている“巨大サイト”の歩き方とは? 「出品者が、価格を自由に設定できます。ヤフオクのように“まぐれ”で、爆発的に値段が上がることはありませんが、希少価値の“そこそこ”高い本やCDは、ヤフオクより高額になりがち。また、出品ページを作る必要がないため、とにかく手間が少なくて楽。さらに“FBA”という有料オプションを使えば、商品の梱包から発送までもアマゾンに任せられます。とにかく数をさばきたい人、時間のない人向けですね」(同) 本やら何やらを、ガンガン売りまくろう!

 ヤフーオークションとアマゾンの2本柱で……と、早とちりするなかれ。それ以上に、今アツいのが“メルカリ”。初心者向けだといわれ、今、国内で利用者が急増中。2400万ダウンロードを突破した、大人気フリマアプリである。「“メルカリ”が人気の理由は、手軽さ。“3分でかんたん売り買い”というキャッチフレーズ通り、本当に、スマホで写真を撮ってから、たった3分で出品が完了するんです。登録料、出品料も無料、しかも、出品期限がありません。利用者の中心は、女性と20~30代の若者なので、ベビー用品や化粧品の売れ行きが良いですね。先月は、妻と協力しながら、7万円以上売り上げました」(30代の会社員男性) オイオイ、月7万円って、どえらい額じゃ!?

 むろん、この3つだけではない。群雄割拠、ニッチなジャンルに特化したフリマアプリが、去年から注目を浴びている。「釣り具の“セルバイ”、ゴルフ用具の“ゴルフポッド”、スマホで撮影した写真を売れる“Fotolia”など、専門性の強いアプリが続々と誕生し、ユーザー数も増やしているんです」(ITライター)

 自分の得意なジャンルであれば、モノの価値も分かろうというもの。金儲け、間違いなし! とはいえ、稼ぐ術はフリマのみにあらず。インターネットの大海には、ありとあらゆる“副業”の幸が散らばっている。「ポイントサイトは、“塵も積もれば山となる”で確実に儲かりますよ」と言うのは、中華料理店スタッフの男性(41)。ヒマなときにスマホでコツコツとポイントを溜め、今や月に平均2万円を稼いでいるという。

「最初は“無料で誰でも稼げる”って、怪しいなと思っていたんですけどね。でも、調べると、信用できそうな上場企業が運営する“優良サイト”が多数あるんです。大まかに言えば、ポイントサイトは、サイトに企業のCMを打って、その広告料を利用者に還元するという仕組みで、れっきとしたビジネスなんです」(前同) ならば、やらない手はない。業界最大手のポイントサイトである「モッピー」と「げん玉」を、彼が始めたのは5年前だという。

「“モッピー”は、パソコンではなく、スマホ版が主力のお小遣いサイト。なので、スマホ案件が非常に豊富なんですよ。そして、サイトが見やすいうえに、無料登録案件から高額案件まで揃っています。初心者でも、1日5分程度の時間を使って、効率よく続けていけば、月に1000円~5000円は軽く稼げます」(同)

 たった5000円? と思うなかれ。地道に働く人間を、神はきちんと見ているのだ。「クレジットカードの発行、保険相談、車検一括見積もりなど、高額が動く“神案件”と呼ばれる好条件のものがある月は、5万~10万円の収入を加えてゲットできます」(同) ドカンと一発、当てるべし!

 その「モッピー」に次ぐ人気サイトが「げん玉」。会員数440万人を超える理由は、ゲームで遊びながら稼げるアミューズメント性にあるという。「“げん玉”には、クイズ、ルーレットなど、遊びながら稼げる無料ゲームコンテンツが数多く用意されています。また、楽天市場の商品を“げん玉”を通して購入すると、楽天ポイントが2倍貯まります。楽天の他にも提携している企業の数が多いので、“げん玉”経由で買い物をすると、さまざまな店で特典を得られるメリットもあります」(ポイントサイト関係者)

 なんと、その提携企業の数は2500社以上。「“Yahoo!”などの大手ショッピングサイトをはじめ、ブックオフやiTunes、ドミノ・ピザといった企業です」(前同) おおっ、一流の会社がいっぱいだ! 買い物用というだけでも、加入しておく価値アリアリだ。

 加えて、「月5万円は稼ぎたい!!」という大志を抱く勇者に送るポイントゲット法が、これだ。「“モッピー”も同様ですが、“ゲットマネー”は、紹介した友達が稼いだ額の50%が自分に還元されます。しかも、一度友達を紹介すれば、その友達がポイントを獲得し続ける限り、毎月、何もしないでもポイントがもらえます。ブログをやっている人は、各ポイントサイトから提供される“友達紹介”のバナーを貼りつけるのがオススメです」(前同)

 おおっ! 雪だるま式に儲ける額を増やせるというのだ! 夢のような話ではあるが、「こうした優良サイトに隠れて、悪質ポイントサイトも確かに存在しているのが現状です。登録前に、“会員数がしっかりいること”“実績を持っている会社なのか”というこの2点を、必ず調べること。それさえ気をつけて、毎日コツコツと隙間時間に続けていけば、月に10万円を稼ぐことも夢ではありません」(同) 月10万円……これがホイホイ振り込まれるとは、家賃収入をゲットできる大家みたいなもの。気分は富豪だ!

 最後に、スマホそれ自体で数万円をゲットできるという、合法的な技を伝授しよう。そう、乗り換え時の“下取り”だ。「機種変更をするとき(または他の携帯会社に乗り換えるとき)は、ソフトバンク、au、ドコモなどの公式の各キャリアに、本体を下取りしてもらうのが一般的です。でも、新しい機種であればあるほど、キャリアを通した下取り価格と、中古ショップの買い取り額に大きな開きがあるんです」とは、家電ライター。

「ドコモを例に挙げるとすれば、iPhone6を店頭で下取りすると16GB、32GB、64GBはすべて2万7000円均一。そしてau、ソフトバンクが販売したiPhone6なら、下取り価格は1万7000円均一です(すべて2016年4月現在)。しかしながら、中古ショップで売れば、平均して4万5000~5万5000円程度で、買い取ってくれます。キャリアを通すよりも、2万~3万円は得をする計算になるんですよ」(前同)

 とはいえ、すべての携帯が中古ショップに出すことで高くなるわけではない。古い端末や、細かい傷が多いものは、キャリアを通したほうが高く買い取ってくれる場合もあるのだ。「乗り換えの際は、あらかじめ、中古ショップで買い取り価格を査定してもらったうえで、キャリアへ機種交換(乗り換え)に行く。そこで、下取り価格のほうが高ければ、そのまま下取りに出します。もし、ショップでの買い取り価格のほうが高ければ、機種交換(乗り換え)後にショップに売ります。ケースバイケースで判断するのがベターです」(前同)

 実にシンプルな話なのだ。さらには、こんな裏技も。「他キャリアからauに乗り換えるときは、オークションや中古ショップなどで、格安のガラケーをゲットしてください。auはガラケーを市場相場より高めの1万800円で下取りしてくれるんです。800円の格安ガラケーを購入して下取りに出せば、1万円の差額分を新しいスマホ代に充てられるんです」(同) こんなにもオイシイ話、やらなきゃ損!! さあ、これからの時代、スマホでガッツリ稼ぐべし。明るい未来が僕らを待っているのだ!

最低でも月に1万円!? スマホ1台で出来る「超簡単小遣い稼ぎ術」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.