日刊大衆TOP 娯楽

誰でも勝てちゃうパチンコ台!? 「甘い台」を現役パチプロが明かす!!

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第26回 プロが明かす甘いパチンコ台とは?

 ひと昔前、パチンコ店の交換率が全国的に上がり出した頃、「貯玉」が勝手に値上がりして丸儲け! なんて話をよく聞きました。「よーし、わしだって!」と貯玉を増やしはじめたものの、この数年で交換率は下がる一方……。甘くて美味しい話にはいつも出遅れる、モタモタおじさんパチプロのアンドレです。

 余り玉でもらう甘いチョコは苦手なので、カウンター嬢にそっと返す。気が付けば五十路手前の人生折り返し地点で、甘い恋など何十年もご無沙汰。甘い話に全く縁のない生活を送っているからではありませんが、ことパチンコになると「甘い」というキーワードにとても敏感です。

 どんなスタイルのパチプロにも共通したテーマは「良い店で良い台」を見つけ出すことです。それがプロの全てと言っても良いほど。プロのテクニックも重要ですが、それはあくまでオマケ要素。良い店や台とは、言い換えれば「甘い台」や「甘い台が打てる店」を指すのです。パチプロ稼業とは、金鉱脈探しや埋蔵金探しのようなものかもしれません。スケールの大きさは全然違うけど(笑)。

 ところで、この「甘い台」とは一体どんなモノなのか? 「甘い台」を砕いて説明するなら、良く回る、良く当たる、勝ちやすい等々いろいろあるんですが、究極的にいえば「誰がどんな打ち方をしても勝てる台」ということです。今ではもう体験できませんが、20年以上昔の新装開店みたいなイメージでしょうか。ガバガバな釘で適当に打っていてもドンドン当たる。台によっては当たっていないのに、勝手に玉が増えていくような台も。新装開店のホールでは、開店直後のシャッターをくぐって殴り合いの台争奪戦になるのも日常的でしたのう。

 昔話ばかりでは意味がありませんが、数年前までそれに近い台にはありつけました。『激流王』と言うハネモノなんですが、店に設置された5台のうち、1台だけがどうにも不自然。普通はハネに拾われた玉がV穴に入れば大当たり。いかにV穴直行ルートに玉を乗せられるかが勝負となるのですが、その1台だけは、どこへ向かって打ってもV穴に落ちてしまうのです。つまりタダもらい状態!

 故障や破損状態で打っている場合はゴト扱いされますが、どこにもそんな箇所はナシ。店員に怒られることもなかったのですが、さすがに恐かったので数回しか打ちませんでした。今思えばもったいなかったですのう。

 一般的なデジパチなら、以前にも取り上げた初代の『仮面ライダー』がスゴかった。

 普通に打っても良く回るのに、ワープを抜けた玉が99%ヘソに向かう台を発見。しかも打った玉の4~5発に1回がワープを抜けるので、超が付くブン回り状態。千円で100回転前後でした。今の1パチより回るんです。

 計算上は恐ろしいほど大勝ちできる甘さでしたが、ポテンシャルを最大限引き出すためには玉を1発ずつ打つ必要があり、時間効率は最悪。終日粘って大当たりは数回。チョイ負けで終わりました。翌日にはガッチガチになっていたので、結局甘い汁は吸えずじまいでした……。

 滅多なことでは出会えない極端な例ばかりですが、プロはこんな台を見つけるために1軒でも多く下見をしたり、雑誌やネットで情報収集をしているのです。プロが考える甘い台とはそんな「脇の甘い台」なのかもしれません。

 もちろんこれだけ不景気な今は、決して甘くありません。楽をして甘い台にありつこうという考えがそもそも甘い。なので、最近のパチプロの主流は「普通の台を甘い台に変えてしまえ!」というスタイルです。変則的な打ち方……ハンドルをクネクネしながら打ったりするアレです。

 わしは見つかって怒られるリスクが嫌なので、プロのくせにあまりやりませんが、ムダ玉を節約する程度の簡単な止め打ちなら当然やります。甘い台ではなくても、保留ランプを満タンにしないとか、長い演出中は打つのを止めるとか、その程度の工夫でも効果は絶大。時間をかけてでも確実に勝ちたい人にはオススメですね。

 いろいろ語ってきましたが、実はパチンコ業界では、スペック的に甘いパチンコ機種を「甘い台」と表現するのが一般的です。そして「スペック的に甘い」とは、「ボーダーラインが低い台」を指します。ボーダーラインとは、千円あたりで何回転すれば良いかの目安です。つまり「甘い台」とは、さほど回らなくても勝ちやすい機種のことなのです。これは雑誌などを見て、各機種比較すればすぐにわかります。ちなみに今、ホールに設置されている機種の中でトップクラスに甘いのは『北斗無双』。ただしスペック的にかなり甘くても、ギャンブル性が激しすぎて運の要素の比重が大きいのがネックです。

 コツコツ型の甘い台か、イチかバチかの甘い台か。みなさんもよーく目を凝らして自分だけの甘い台を探してみてくださいね~。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

誰でも勝てちゃうパチンコ台!? 「甘い台」を現役パチプロが明かす!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.