日刊大衆TOP 娯楽

パチスロで「3カ月以内に1万枚」出したい時、“打つべき台”とは

バナー

パチスロ勝利の隠し味 松本バッチ
第45回「目指せ、万枚ホームラン」

 いつの時代からか、パチスロを嗜む人々がそこに1つのラインを引くようになりました。トロフィーやステータス、そんな感覚で区切りとされる獲得枚数1万枚。通称「万枚」。

 万枚、あなたは出したことがありますか? 出玉性能が時代によって変わるパチスロではありますが、ずっと一種の目標のように「万枚」というワードは今もなお語られ続けています。

 ところがどっこい、また近々パチスロの規定改定の影響を受けて、ぼちぼち「万枚」が夢物語になる可能性が出てきております。まぁ未来の話はどうなるかわかりませんが、今現在設置されているパチスロで、「万枚」を叩き出すにはどうすればいいか。駆け込み万枚を望む誰かがいるとして、その手助けになれば、と一筆取らせて頂きましょう。

 今回はとりあえず設定の話は置いておきます。パチスロにおいて、より出玉が出やすい高設定のほうが良いのは当たり前。ただし、万枚なんてぶっこ抜こうとするならば、設定通りの出方じゃどのみち間に合わない。設定を凌駕する「歓喜の事故」をその手で起こさぬことには、万枚なんて転がり込みはしないのです。

 そこで今回着目するのは「機種」。歓喜の事故の起きやすさ、そしてその事故によって万枚に到達する可能性の高さ。それらに僕の経験値から何を打つべきかを考えていこうかと思います。

「さぁ、松本バッチよ。3カ月以内に万枚を出せ。トータルの収支は問わない。とにかく万枚を出してみろ」そんな指令を受けたとして、さぁ明日から何を打っていきましょうか。

■候補1:『パチスロ北斗の拳 転生の章』
 まずはコレ。デビューしてから長いこと日は経っておりますが、最近再び設置するお店をよく見かけます。一度当たってしまいさえすれば、出玉性能に設定差はなく、あとは己のヒキ次第で出玉を引き延ばすことができます。

北斗の拳
パチスロ北斗の拳 転生の章(Sammy)
(C)武論尊・原哲夫//NSP 1983,(C)NSP 2007 版権許諾証YGL-126 (C)Sammy

 そしてこの機種には、大当たりした際に振り分けられる「ATレベル」という概念があります。これはAT(当たり)の継続しやすさに関わる要素なんですが、もし継続しやすいATレベルが選択された場合、そのATが終了するまで、ずぅーっと継続しやすいATレベルのままなんです。

 それが何を意味しているかというと、簡単に言えば「出る時はめっちゃ出る」ということ。1回の当たりで得られる出玉が、そもそも偏る仕様だということです。

 そして何より、この『北斗転生』は、僕が近年で一番万枚を出している機種であります。その数、3回。しかも、僕はそこまでこの機種を打ち込んでいるわけではありません。にも関わらず、もっとたくさん打ってきた機種を差し置いて、万枚達成回数最多に輝いているわけです。誤爆した時の万枚到達率はピカイチでしょう。

■候補2:『アナザーゴッドハーデス』

 次にコチラ。いわずと知れた出玉爆発力の象徴『GOD』シリーズなわけですが、シリーズ最新の『ミリオンゴッド-神々の凱旋-』ではなく、ひとつ前の『アナザーゴッドハーデス』をチョイス致します。両機種とも僕がだいぶ打ち込んだ機種ではありますが、万枚を掲げるならば、選ぶのは『ハーデス』のほうです。

アナザーゴッドハーデス
アナザーゴッドハーデス(ミズホ)
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT(C)MIZUHO

 しかし、もし目標枚数が5千枚ならば『凱旋』を選びます。実際、僕がどっちの機種でより勝っているかといわれれば、それも『凱旋』のほうです。しかし、万枚という壁を越えるには、先に書いた通り、設定を凌駕する「事故」が必要なわけです。そんな事故が起きた時、より振れ幅が大きいのは『ハーデス』のほうでしょう。

 その秘密は、両機種に搭載されている「PGG」(=いわゆるGOD図柄揃い、プレミアムな大当たり)の性能差。『凱旋』では100ゲームのATが最低5セット保証されるわけですが、『ハーデス』のほうは100ゲームのAT+それ以降のATゲーム数を決めるゲーム数上乗せゾーン「ジャッジメント」3回分。この「ジャッジメント」3回分によって、300ゲームほど上乗せしただけで終わることもあれば、逆に1500ゲームを超える上乗せを得られることまである。

 両機種ともPGG確率は、設定関係なく8192分の1ですから、1日に数回引くことも珍しくありません。たった数回のGOD揃いで、万枚到達する可能性を秘めている『ハーデス』、万枚を狙う選択肢にはもってこいなわけです。

■候補3:『バジリスク~甲賀忍法帖~絆』
 最後はコレ。一番の強みはその台数の多さです。ほとんどの店に設置されていて、そしてその多くの店で看板機種的ポジションに鎮座しております。そして、この機種は高設定域の出玉性能が高いので、店側が出玉アピールをしたい時にもってこい。「客が期待を抱くような日に、『バジリスク絆』に設定が入っていないのであれば、他の機種に入っているわけがない」とまで言われるレベル。

バジリスク
バジリスク~甲賀忍法帖~絆(エレコ)
(C)山田風太郎・せがわまさき・講談社/GONZO
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 それゆえライバルが多いのがネックと言えるでしょう。ただ、たくさんお客さんが集うような日に、早めの抽選番号をゲットした際の選択肢としてはかなり優秀かと。フリーズ等の爆発要素も強力で、そのポテンシャルは十分に万枚が見えるレベルです。

 というわけで、「万枚」という高き頂に到達できる機種を僕の視点からチョイスさせていただきましたが、最後に1つだけ言っておかねばならないのは、それなりのリスクは伴うということです。そりゃ大きなリターンを狙うのだから、当たり前の話です。どうしても長打を狙うには大振りしなくてはなりません。なので、今回挙げた3機種を打つにしても、高設定台を狙ったり、ハマり台を狙ったり、少しでも戦略を立てて挑むのがオススメです。

 そんな僕も2016年はいまだ万枚なしでして。そろそろ1発欲しいところではあります。ヒットの延長でホームランを狙う、そんな意識で僕も狙っていこうと思います。


■松本バッチ プロフィール

1982年福島県生まれ。「勝つために打つのではなく、より楽しく打つために勝つ」をモットーに、『パチスロ攻略マガジン』をはじめ、各種パチンコ・パチスロメディアで活躍中。yab山口朝日放送「山口レバーオン!」(毎週火曜日25:45~)、テレビ埼玉「真王伝説」(毎週土曜日24:00~)ほか、テレビレギュラー出演も多数。

松本バッチ、巷で話題の「トマト」を大収穫!?の第261回
パチンコ・パチスロ実戦バラエティー『山口レバーオン!!』

いまや全国区の人気を誇るパチスロ番組のメインMCに抜擢!
yab山口朝日放送で毎週火曜日深夜25:45より放送中!
◆山口レバーオン第261回
https://youtu.be/xqKHISeEdnQ



パチスロで「3カ月以内に1万枚」出したい時、“打つべき台”とは

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.