日刊大衆TOP 芸能

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

 前回に続いて、ウイスキー評論家の土屋守さんとの対談です。土屋さんがウイスキーと出会ったキッカケなどを教えてもらう中、なんと、世界のウイスキーを飲ませてもらうことに! 酔っちゃったら、どうしよう~。

土屋「まず、飲んでもらいたいのがこちら。ハイランドパークの25年物です。オークニー島というスコットランド北部で作られたお酒で、そこは、かつてはバイキング(海賊)が支配していたといわれています」

ゆま「へえー。25年物ってロマンチックですね」

土屋「遥か遠い国の樽に25年間、寝かせられていたお酒を今、開ける。これだけでもロマンを感じますね。さ、どうぞ」

ゆま「では、いただきます。ん~、甘い! そして、飲みやすいですね」

土屋「そうなんです。ハイランドパークはシングルモルトのオールラウンダーと呼ばれ、ピートの香りもほどよく、飲みやすいんです」

ゆま「おいしいです。これなら私でも飲めちゃう」

土屋「では、これはどうでしょう。ボウモアの12年物。ハイランドパークとは違って、ピートの香りが強いですよ」

ゆま「ウンウン! ボウモアは私も大好きです。うーん、この香り、たまらない」

土屋「とてもスモーキーですよね。正露丸みたいという人もいますが(笑)、この香りがイケるということは、ゆまさんも相当なウイスキー好きですね」

ゆま「ウフフ。確かに、この匂い……臭いといったらなんですが、臭いからこそ余計に嗅ぎたくなる感じ」

土屋「飲んでみてください」

ゆま「コクッ……ふぅ、やっぱりクセになっちゃう」

土屋「素晴らしい。ボウモアがおいしいのなら、これも好きだと思います。ラフロイグといって、“キング・オブ・アイラ”と呼ばれるほど、アイラ島で作られるシングルモルトの中でも、クセがあるんです。好き嫌いも別れるんですが」

ゆま「いただきます。おっ、なんか鼻に入ってくる感じからスゴイです」

土屋「これはアルコール度数も、54度です」

ゆま「強っ。(チビッと一口飲んで)わ、思ったより甘苦い!」

土屋「口の中で味が変化しますよね」

ゆま「ウイスキーって、ずるい!」

土屋「ずるいですか?(笑)」

ゆま「最初は独特の危険な香りを放っておきながら、実際飲んでみたら、ちょっぴり甘くて、さらに口の中で多彩な味が広がるなんて」

土屋「アハハ」

ゆま「女ってそういう男性にも弱いんですよね~(笑)。もしや、土屋さんはこうやって、おいしいシングルモルトを女性にいろいろと教えて、口説いていらっしゃるんですか!?」

土屋「いやいや。これは僕の持論ですが、ウイスキーは気持ちを鎮静化させるお酒。女性と愛を語り合うお酒には適していないと思うんですね」

ゆま「確かに、そうかも。一人でじっくり飲む感じですね。逆にワインのほうが、そういう場面には合っているかも」

土屋「ワインは気分を高揚させるお酒ですからね。では、次にグレンモーレンジの10年です。ピート感は弱く、ライトな味わいです」

ゆま「いただきます。あら、柔らかくて甘い……」

土屋「女性でも飲みやすいシングルモルトですね」

ゆま「でも、これもアルコール度数は40度あるんですね。つい飲み過ぎて、酔っちゃいそう。というか、すでに顔が熱くなってきました……」

土屋「お酒が弱いと仰っていましたが、ゆまさんはなかなか飲めますね。知識もかなり豊富ですし、どうですか、一度、ウイスキー検定を受けてみませんか」

ゆま「そんな検定があるんですか?」

土屋「はい。私も問題作りなどで参加しているんですが、毎年、国内主要ウィスキーメーカーと輸入代理店などが協賛して、ウイスキーの知識に関する検定テストを行っているんです」

ゆま「楽しそう!」

土屋「今のゆまさんなら、ウイスキー検定3級は取れると思います」

ゆま「本当ですか⁉ 受けてみようかな」

土屋「ウイスキー検定用のスクールやウイスキーセミナーもやっているので、よかったら遊びにきてください。世界のいろいろなウイスキーも飲めますよ」

ゆま「へえー。ウイスキーを飲みながらお勉強だなんて、素敵! それ以外にも、土屋さんはウイスキーフェスティバルも全国で開催されているんですね」

土屋「はい。毎年、11月には東京で一番大きいフェスをやっています。また、8~9月の間は野外でのフェスもやっています。さらに、9月には『琵琶湖ウイスキークルーズ』を行います。生バンド付きの豪華客船に乗ってウイスキーを楽しみ、スコットランドの伝統料理を食べる。夕日を見ながら飲むウイスキーは、最高の贅沢です(笑)」

ゆま「ウイスキーについて語るときの土屋さんもキラキラしていて、素敵ですね!」

土屋「いやいや、お恥ずかしい。でも、やはり一日の終わりに飲むシングルモルトが、男にとっては最高のひと時かもしれません。先ほども話した通り、ウイスキーには気分を鎮静化させる作用があります。一日、忙しく懸命に働いたあと、一人でゆっくりウイスキーを楽しむことで、一日をリセットすることができる。その時間は、明日への活力になりますよ」

ゆま「それはとてもいいですね。読者の方々にもぜひ、一人でウイスキーのグラスを傾ける時間を作っていただきたいです。私ももっとウイスキーを知る大人の女になりたいです。今日はありがとうございました!」


麻美ゆま あさみ・ゆま
1987年生まれ、群馬県出身。2005年にデビューし、ブレイクを果たす。セクシーユニット『恵比寿マスカッツ』のメンバーとしても活躍。現在はタレントとして活動。最新CD『Re Start~明日へ~』が発売中。アリスJAPANより過去の作品をまとめた10周年3枚組DVD-BOX発売中!


土屋守 つちや・まもる
1954年、新潟県生まれ。大学卒業後はフォトジャーナリストとして活動。『フォーカス』編集部を経て、87年に渡英。スコッチにのめり込み、帰国後はウイスキー評論家、作家として活躍している。NHK朝ドラ『マッサン』では監修を務めた。

ウイスキー評論家・土屋守「ウイスキーは気持ちを沈静化させるお酒」~麻美ゆまのあなたに会いたい!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.