日刊大衆TOP 芸能

鈴木ふみ奈「写真集の現場はポロリの連続でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

[週刊大衆2016年09月12日号]

鈴木ふみ奈「写真集の現場はポロリの連続でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

もっと画像を見る

グラビア界を席巻する鈴木ふみ奈さん(26)。話題沸騰中の最新写真集『Maganda! 鈴木ふみ奈写真集』も売行き絶好調!“ふみにゃん”の極上ボディの秘密に迫る!

――最新写真集が大変な評判ですね。

鈴木:ありがとうございます(笑)。フィリピンまで行って、頑張ったかいがありました。

――頑張った“かい”というか、貝ですよ、貝!

鈴木:アハハ、貝殻ショットを、とても話題にしていただいて。

――貝殻は初めて?

鈴木:実は、DVDで一度やったことがあるんですけど、そのときは胸だけだったんです。今回は、下も貝殻。しかもDVDのときよりも貝が小さかったので、衣装合わせのときは“ちょっと恥ずかしいなぁ”と思ったんですけど……。フィリピンの大自然の中で開放的な気分になると、不思議と大胆になれて撮影中は平気でした(笑)。

――我々の世代にとって貝殻といえば、武田久美子さんのイメージが強いんですが、ボディの迫力では全然、負けていないですよ。

鈴木:武田さんの存在が大きすぎて、それに挑戦するグラドルがあんまりいないんですけど、素晴らしいアイデアだと思うので、いいものは私たちも受け継いでいったほうがいいなと思って。恐れ多いんですけど、挑戦させていただきました。

――セクシーなポーズばかりでビックリしました。

鈴木:写真集だからできたんですよ~。DVDだったら、動くたびにポロポロといろんなものがこぼれちゃうから(笑)。

――ということは、現場ではポロリの連続だったんですか?

鈴木:しょうがないですよね。スタッフ全員に見えていたと思います。でも、いい写真を撮っていただくことに夢中になっていると、気づかないんですよ。

――白いレースのサマーニットで海に入るシーンの写真も、全カットが“バストがこぼれる0.5秒前”みたいで、ドキドキです。

鈴木:実際、そうでした。ずっと、「ふみ奈ちゃん、出てるよ。しまって!」「は~い」みたいな感じで(笑)。

――表情も、とても自然でセクシーですね。

鈴木:撮影が本当に楽しかったからだと思います。普通に遊んでいて、その流れで気づいたら撮影に入っているみたいなこともあって。あと、ずっと天気もよくて、フィリピンの空気がとても気持ちよかったんです。居心地もよくて、第2の故郷を見つけたような気持ちになっていました。

――何か、思い出に残る出来事はありましたか?

鈴木:現地の子どもたちとの触れ合いですね。子どもたちが、ワーッと集まってきて、現地の言葉でとても楽しそうに話しかけてくれて、なんだか『世界ウルルン滞在記』(TBS系・現在は終了)のレポーターになったような気分でした。

――フィリピンの子どもたちも、ふみにゃんのバストに驚いたんじゃない?

鈴木:そう、囲まれているときに“ぷにゅにゅん”って触っていった男の子がいたんですよ。

――けしからん!

鈴木:ワンタッチして、ピュ~っと逃げちゃったから、どの子か分からなかったんですけど、子どもたちに囲まれた写真のどこかに、きっと“犯人”も写っているんでしょうね。写真を見ながら、“どの子かな?”って考えると、楽しかった時間を思い出します。

――“犯人”にとっても、一生の思い出だろうね。

鈴木:アハハ、それなら許します。

――ちなみに、現在のバストの状態は? 公式には、96センチになっているけど、なんか以前よりも大きくなったような気もしますが……。

鈴木:公式には、今も96のHなんですけど、さすがは週刊大衆さんですね。実は“逆サバ”を読んでいるんですよ。

――というと、本当はI?

鈴木:Iをつけても、最近は、お店の人に“もうワンサイズ上ですね”って言われるんです。

――えーっ、ジェ、Jなの!?

鈴木:そうなんです。

――わ~お! でも、なぜ逆サバを?

鈴木:本当にJなんですけど、私の場合、そこまで大きく見えないんですよ。カップ数は私よりも小さいのに、見た目はもっと大きく見えるグラドルの子が、いたりするので、“サバ読んでる”って思われちゃうんじゃないかと思って。

――サイズ的には、ついに100センチを超えた?

鈴木:それはまだなんですよ。あと4センチの壁が大きくて。

――というか、それだけ大きくても、まだ大きくなりたいんだ。

鈴木:このお仕事をやっている限りは、なりたいですね。でも、太って背中のお肉で4センチ増えたんじゃ意味がないから、本当に難しいですね。

――なるほど。7月5日で26歳になりましたが、まだ大きくなるのかな。

鈴木:どうでしょうね。肉質は、10代のときに比べたら、確実に柔らかくなってきていますけどね。

――大きさよりも柔らかさに自信ありってこと?

鈴木:いろんなグラドルの胸を触ってきましたけど、私より柔らかい人に会ったことがないですね(笑)。あっ、でもグラドル仲間の橘花凛ちゃんは、同じくらい柔らかかったです(と言いながら、左右から寄せるような手つきをしてみせる)。

――そうやって揉んだの?

鈴木:凛ちゃんの場合は、そうですね。女の子によって、大きさや柔らかさ、感触が一番よく分かる、ベストの触り方があるんですよ。

――そ、そうなんですか? 我々は、ただ夢中で触るだけですけど。

鈴木:凛ちゃんは、こう(と言って、また手つきを再現)。

――ふみにゃんの場合は?

鈴木:自分の胸はよく分からないんでけど、大学に入ったとき、今の親友と出会って第一声が“触らせて!”って(笑)。触らしてあげたら、後ろに回って下から持ち上げるようにして、“すっご~い!”って言っていましたね。

――自分にはない、“重量感”を楽しみたかったんでしょうね。

鈴木:確かにその子はスレンダーなタイプでした(笑)。でも、特にグラドル同士は、触り合うのが当たり前というか、もう挨拶みたいになっているんですよ。初対面でも、それで一気に心の壁が取り払われるんです。

――“これは敵わない!”と思ったバストはありました?

鈴木:柳瀬早紀ちゃんですね。

――確かに、彼女のバストはスゴいです。

鈴木:仲良くなって、先日は、一緒にホットヨガ教室に行ったんですけど、更衣室での着替えのときに、すべてを見てしまったんです……。これには勝てないって思いました。

――いやいや、全然、負けていないですよ!

鈴木:いえいえ。でも、そう言っていただけるのはうれしいです。

――というか、その美しいバストを維持するためには、いろいろと努力もあると思いますが、具体的には何を?

鈴木:とにかく揺らさないことですね。揺らすとバストを支えるクーパー靭帯が伸びて、形が崩れてきちゃいますから。そこそこの距離を歩くときとか、ちょっと駅まで走るときとか、しっかり支えるようにしています。

――どうやって?

鈴木:バッグを持つ手を支えるふりをしながら、前腕を胸の下に入れて支えたり。クラッチバッグのときは、前で抱えるようにして、実は胸を押さえているとか。夜、周りに誰もいないときとかは、スイカやメロンを運ぶみたいに、普通に両手で持って歩いているときもありますよ(笑)。

――スイカやメロン! そうやって、常にベストのバストを我々に見せてくれようとしているわけですね。

鈴木:はい。ハッキリ言って、顔よりも気を遣っていますから。

――では、その魅力的なバストがいっぱいの最新写真集『Maganda!』を一人でも多くの人に見てもらわないといけませんね。

鈴木:はい。最大露出で頑張ったので、ぜひ、ご覧いだけたらと思います。よろしくお願いしま~す

 話題の写真集のタイトル『Maganda!(マガンダ)』は、フィリピン語で“美しい”という意味だとか。26歳の今しか出せない、ふみにゃんの“セクシー美”をお見逃しなく!

●ポラロイドプレゼント●
鈴木ふみ奈さんのポラロイドをご応募いただいた方の中から抽選で1名さまにプレゼント! 下記ページから必要事項をご記入の上お申し込みください(※会員登録が必須となります)。
応募する

鈴木ふみ奈 すずき・ふみな
1990年7月5日、埼玉県生まれ。AB型。T167‐B96(H) W62 H93。日本大学芸術学部卒業。双葉社から最新発売集『Maganda! 鈴木ふみ奈写真集』が発売中。オフィシャルブログ『ふみにゃんのお部屋』http://ameblo.jp/fuminyan-blog/

鈴木ふみ奈「写真集の現場はポロリの連続でした(笑)」ズバリ本音で美女トーク

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.