日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】楽しみな2歳馬&期待の古馬が登場します

[週刊大衆2016年10月17日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

 来年のクラシックに向け、みんなの熱い期待を背負った有力馬たちが、次々にデビューしています。一生に一度しかないデビュー戦……クビ差で涙をのんだエアウィンザーも、その一頭です。

 父キングカメハメハ、母エアメサイア、全兄エアスピネル。血統的な背景を考えると、単勝オッズ1.3倍の圧倒的な1番人気も当然ですが、それだけで勝負が決まるほど、競馬は単純なものではありません。

「とにかく無事にレースを終えて帰ってきてほしい」 どの馬主さんも、我が子がデビューするときにはまず、こう思うそうです。もちろん、その後に、「できれば勝ってほしい」という言葉が続くのでしょうが。

 僕ら騎手にとっても、勝たせてあげたいのは、どの馬も一緒です。でも、2歳馬に乗るときに、まず心がけているのはレースが怖いもの、嫌なものだと思わせないことです。

 臆病な馬。気性が勝っている馬。騎手の指示に素直に従う馬……。100頭いれば、100頭すべて性格も能力も違いますが、走りたいというのは、すべてに共通した馬の本能です。それを、どうやったらうまく引き出してあげられるのか!? 競馬は奥が深すぎて、乗れば乗るほど分からなくなりますが(苦笑)、その答えを求めていくのが僕ら騎手の務めだと思っています。

 エアウィンザーに関して言うと、全体的に身体が緩く、まだ本気で走っていないという感じです。ただ、1分47秒8という時計は、阪神芝1800メートルの新馬戦では史上初の好タイム。まだまだ良くなるし、良くなってもらわなければ困る馬です。

 今週末……10月8日から3日間の予定で行われる競馬でも、また、一頭、来年の牝馬クラシック戦線を賑わすであろう女の子がデビューします。父ディープインパクト、母コケレール。1歳上の全兄ラヴィエベールは、現在、4戦3勝2着1回。

 理想を言えば、そこそこ厳しさを経験して、能力の片鱗を見せて勝つ――ということになりますが、そんなにうまくいかないのもまた競馬です。デビューは、今年のオークスを勝ったシンハライトと同じ、10月10日に行われる牝馬限定の2歳戦、芝1600メートル。皆さん、楽しみにしていてください。

 この日は、もう一頭、力をすべて把握している心強いパートナー、北島三郎さんがオーナーのキタサンブラックが秋初戦、G2「京都大賞典」に挑みます。9月9日にラジオ放送された『オールナイトニッポンGOLD』で、「有馬記念に勝ったら北島オーナーと一緒に歌います!」と、つい口を滑らせた(?)ひと言が、翌日のスポーツ紙の見出しになっていましたが、ここまできたら覚悟を決めるしかありません(苦笑)。

 ここから始まる3レース……「京都大賞典」「ジャパンカップ」「有馬記念」を3つとも勝つつもりで、気合を入れ直します。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算4000勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】楽しみな2歳馬&期待の古馬が登場します

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.