日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】最高の舞台で最高の騎乗をしたムーアの凄さ

[週刊大衆2016年10月24日号]

 世界中のホースマンが注目したレース「凱旋門賞」は、A・オブライエン厩舎所属、ライアン・ムーア騎手が騎乗したアイルランドの4歳牝馬ファウンドが優勝。日本から、ただ一頭挑戦したマカヒキは14着に終わりました。

 なぜか、この「凱旋門賞」は、レースが終わった後で、「あー、やっぱり、あのジョッキー、あの厩舎だったかぁ」と気づくことが多いのですが、今年はまさしくそれ。天才調教師と呼ばれるオブライエンと、世界を舞台に豪腕を発揮しているムーアのコンビが、美味しいところをすべて持っていってしまいました。

 下馬評では、圧倒的な存在がいないことで、どの馬にもチャンスがあるといわれ、僕自身もそうかなと思っていましたが、勝ったファウンドの強さはナンバー1の称号にふさわしいもの。世界の広さと強さを改めて思い知らされたような気がします。

 そして、もう一つ。ジョッキーの視点でレースを振り返ってみたときに、凄さが際立っていたのが、ムーア騎手のポジション取りと冷静な判断力です。レース前に、こういうレース運びをしたい、このポジションにつけたいというのは、どの騎手でも考えることです。しかし、実際にゲートが開いて隊列が定まるまでに、思い通りのポジションを確保できることは、そんなに多くはありません。まして、そこからペースを肌で感じ、その先の展開をパーフェクトに読むとなると、そんなに簡単なことではありません。

 ところが、12番枠からスタートしたムーア騎手は、まるで最初からそこを狙っていたようにすぐさま、スーッと内へ。そこでじっと我慢して、最後の直線で、その内から狙いすましたように抜け出しました。

 本人に聞いてみないと分かりませんが、ほぼ100%、思い描いていた通りのレースで、世界の頂点をその手にしたと思います。「馬も凄いけど、ムーアも凄い!」 ゲスト出演していたグリーンチャンネルで、思わず吐いたひと言は、偽らざる僕の本音です。

「凱旋門賞」という最高の舞台で、最高の競馬をしてのけたムーア騎手には、心から称賛の拍手を贈ります。もちろん、僕も負けてはいられません。お尻をもぞもぞさせながら、解説席に座っているのは今年だけで十分です。来年は画面の向こう側……最高のパートナー、最高のスタッフとともに、日の丸を背負った日本代表のジョッキーとして勝負の場に立ち、鳥肌が立つようなレースをしたいと思っています

 国内で初めて海外レースの馬券が買えることでも注目され、JRAの予想をはるかに超える売り上げ41億円となった今年の「凱旋門賞」。このレースに勝つことは、日本のホースマンの悲願でもあり、僕自身の大きな夢でもあります。この思いがある限り、騎手として、まだまだ成長できる。そう信じて、これからも一つ一つのレースに全力を尽くします。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算4000勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】最高の舞台で最高の騎乗をしたムーアの凄さ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.