日刊大衆TOP 娯楽

【武豊】天皇賞(秋)はエイシンヒカリの競馬に注目してください

[週刊大衆2016年11月07日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

 男子ゴルフのメジャータイトル『日本オープン』は、この試合が今年、日本ツアー初戦となる松山英樹選手が優勝。3日目、4日目は、競馬の開催日と重なるため、そのプレーをテレビで見ることはできませんでしたが、“勝って当然”というムードの中で、最後まで冷静に自分のゴルフを貫いた松山選手の精神力は、同じアスリートとして見習うべきところが大です。

 連日、周囲を埋め尽くしたギャラリーの目を、「これだけ応援してくれると、ふがいないプレーはできないし、頑張ろうと思った」と力に変え、優勝確実の状況で外した1.5メートルのパーパットの後は、「あれを決められないようじゃ向こうのメジャーでは勝てない。向こうでも勝てるようにもっと練習したい」と語ったその言葉には、世界で戦ってきた男の凄みを感じました。

 競馬とゴルフ。競技は違いますが、今週末、10月30日、東京競馬場を舞台に行われる大一番、G1「天皇賞(秋)」に臨むエイシンヒカリも、松山選手と状況がちょっと似ています。

 昨年12月の国際G1「香港カップ」(芝2000メートル)をレコードで快勝。ヨーロッパ初戦となった今年、5月24日(フランス)のG1「イスバーン賞」(芝1800メートル)でも10馬身差の圧勝で、国際競馬統括機関連盟(IFHA)による「ワールドベストレースホースランキング」で1位を獲得。日本馬初となる海外G1レース3連勝をかけて挑んだ6月15日の「プリンスオブウェールズ」(芝2000メートル)を勝つことはできませんでしたが、世界ランキング2位のサラブレッドとして、この「天皇賞(秋)」に挑むことになりました。

 しかも、連覇を狙う「香港カップ」がラストランになるエイシンヒカリにとって、今年、国内初戦となる東京競馬場でのレースが、同時に国内ラストランになります。

「もっと見たい!」たくさんの方から、こんな声をいただきました。僕自身も、もっと、もっと乗っていたいと思います。しかし、どんな物語にも終わりはあるし、彼には、第2、第3のエイシンヒカリを作るという使命が待っています。10月30日、日曜日、東京競馬場テレビ観戦もいいですが、できれば、競馬場に足を運び、香港、イギリス、フランスを転戦し、世界と戦ってきたエイシンヒカリの走りを、その目に焼きつけてください。

 最後に一つ、哀しいお知らせです。大好きだった名牝、ダンスパートナーが、繋養先の北海道千歳市にある社台ファームで亡くなりました。サンデーサイレンスの仔らしく、乗りにくいけど、すごく強い馬で、オークスを勝った後、フランスに遠征。G1「ノネット賞」2着、G1「ヴェルメイユ賞」6着。帰国直後の「菊花賞」では1番人気に支持されるなど(結果は5着)、彼女との思い出は尽きません。

 奇しくも、今週、東京競馬場で、彼女の最後の仔、ベストダンスの騎乗依頼をいただいていて……。不思議な縁を感じます。

■武豊 プロフィール
1969年3月15日、京都生まれ。1987年の騎手デビュー以後、通算4000勝、日本人騎手初の海外GI制覇、年間200勝突破など数々の金字塔を打ち立て、現在も活躍中。

【武豊】天皇賞(秋)はエイシンヒカリの競馬に注目してください

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.