日刊大衆TOP 娯楽

パチンコとパチスロ、実際「勝ちやすい」のはどっち?【森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第49回 サラリーマンが勝てるのはパチスロ? それともパチンコ?

 マナとカナ、JOYとユージ、「BUMP OF CHICKEN」と「RADWINPS」。世の中は、ありとあらゆる似て非なるものであふれています。若い子がすべて同じに見えるウチの父が、いまだに大島優子と高橋みなみを区別できないのと同じように、パチンコを打たない人にとってみれば、きっと「パチンコ」と「パチスロ」も同じようなものなのでしょう。しかし、パチンコとパチスロもまた、似て非なるものなんです。

 たとえば、私。曲がりなりにも“パチンコ”ライターを名乗っているくらいなので、パチンコに関してはそれなりに知識はあるつもりです。しかし、パチスロに関してはド素人、いやそれ以下かもしれないですね。CSのパチンコ系番組などで、たまにパチスロを打つこともありますが、ふだんはさほど打たないですし、いまだに「目押し」ができなくて、しょっちゅう小役を取りこぼしちゃいます。収支だってもちろんマイナスだし(笑)。

 もともと、初めてギャンブルに触れたのがパチンコで、パチンコライターになる以前から打っていたのはパチンコばかり。パチスロはといえば、空前の大ブームを巻き起こした4号機『パチスロ北斗の拳』を“触ったことがある”程度。パチスロは、ほとんど打ったことがなかったといってもよいくらいです。

 そんな私が、パチスロを打つことになったキッカケは、『レオ子の勝ちパチ7!』というラジオ番組へのレギュラー出演でした。新台を紹介するコーナーがあったのですが、そこではパチンコだけでなく、パチスロの新台についてもコメントをしなければならなかったのです。当時は、パチスロの大事なところはまったく分かっていない状態。さすがに、パチスロの何ぞやも知らずに話ができるはずもありません。

 それではさすがに仕事にならないと思い、勉強のためにパチスロも、多少は打つようになったんです。ただ、今でもプライベートで打つのはもっぱらパチンコ。仕事のために始めたのか、趣味として好きで打っていたのかでも大きく違うんだと思いますが、やっぱりパチンコのほうが好きですね。

 実は、我々パチンコ&パチスロライターの中でも、その両方がプロレベルに達しているような人は、本当にごくわずか。もちろん、両方に詳しい人もいるにはいますし、パチンコ・パチスロの両方で立ち回れたほうが、プラス収支を叩き出すためには確実に有利です。

 より勝ちやすい台を見つけるためには、一台でも打てる機種の選択肢が多いほうが良いですからね。でも、パチンコとパチスロの二刀流を実践するには、すさまじい知識量と経験値が必要。まさに大谷翔平レベルの偉業です。それだけ、パチンコとパチスロはまったく異なる性格を持っているのです。

 まず一番違うのは、「勝ちやすい台かどうかが見えるか否か」。そもそも勝ちやすい台かどうかは基本、パチンコなら「回転率」、パチスロなら「設定」で決まります。パチンコなら、その台が優れた回転率を持つ=デジタルが良く回る台なのかどうかは、釘を見ればある程度は分かります。また、釘の良し悪しが見られない人でも、実際に打ってみれば分かるでしょう。

 しかしパチスロの場合、「設定」は外から見えません。小役の出現率やボーナス確率など、実際に打ってみた情報からある程度判断することは、確かに可能です。ただ、どうしても確率的な偏りに振り回されがちになりますし、設定の推測をするには台を打ってデータを集める必要があるため、どうしても時間を要してしまいます。

 中には、特定の設定を示唆する演出が搭載されている機種もありますが、出現率はかなり低いですし、パチンコに比べると勝ちやすい台なのかどうかの看破は、圧倒的に難しいといえるでしょう。私のようなパチスロ素人の場合、少しでも出玉の調子が良いと、本当は設定1(=一番勝ちづらい設定)だったとしても、「設定6(=一番勝ちやすい設定)に違いない」と思い込んでニンマリし、終日打ち切った結果、負けてしまうなんてことが多々ありますし(笑)。

 パチンコとパチスロは、1日単位の勝率でも大きく差が出ます。パチンコは、回転率が高い優秀台を打ったところで、1日では確率は収束しません。たとえば、期待値5万円(長い目で見れば1日あたり+5万円の収支が見込める台)のお宝台でも、10万円負けることはザラにあります。勝ったり負けたりを繰り返しながら、最終的にプラスに持っていくのが、パチンコの勝ち方なのです。

 しかし、パチスロの高設定は、1日単位で見たとき、パチンコに比べると勝率が圧倒的に安定します。最高設定の「6」を確保できれば、負けるほうがよっぽど難しいのです。毎日高設定を打つことができるなら、パチンコよりもパチスロのほうが、より堅実にプラス収支を達成できるといえます。

「じゃあ、パチンコじゃなくてパチスロを打てば、年間収支も簡単にプラスになるんじゃない?」と考える人もいるかもしれません。

 しかし、それはあくまで「毎日高設定を打てれば」の話。というのも、パチンコの優秀台に比べると、パチスロの高設定は絶対数が少ないのです。さらに、その高設定をプロたちが見逃すハズもありません。仮にふだんから通っているホールに高設定が入ったとしても、サラリーマン層がホールに足を運ぶ夕方過ぎの時間帯に、空き台として放置されている可能性は極めて低いかと思います。

 プロが存在するのはパチンコも同じです。しかし、パチンコの収支で生計を立てているプロたちは、おこづかい程度の勝ちしか見込めない台なら、1日を通して打つことはあまりありません。ですので、夕方からホールに足を運んでも、大きくは勝てずとも多少の勝ちを見込める台なら、空き台のまま残っている可能性は十二分にあります。パチスロでも高設定台が残っている可能性は確かにありますが、前述の通り、その台が勝ちやすい台なのかどうかを見極めるためには、どうしても時間がかかってしまうんです。短時間遊技がメインのサラリーマンにとって、この時間は非常に無駄ですよね。

 だから私は、夕方からの稼働がメインのサラリーマン層が堅く勝つには、パチンコのほうが適しているのではないかと思っています。もちろん、夕方からの稼働のみで勝っているスロッターもいますし、パチスロライターの意見はまた違うものになるかもしれません。パチンコとパチンコ、それぞれの特性を知り、どちらを中心に立ち回るのが自分には適しているのか、はたまた両刀使いを目指すのか。これを機にじっくり考えてもらえれば幸いです。

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコとパチスロ、実際「勝ちやすい」のはどっち?【森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.