日刊大衆TOP 娯楽

「パチンコで勝てる店」を示す“わかりやすいサイン”とは? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第35回 パチプロは敵か味方か?「プロの勝ちにタダ乗りする方法」

 こんにちは。おなじみポンコツパチプロのアンドレです。

 パチプロのスタイルも今と昔ではずいぶん変わりました。昔は職人肌で一匹狼な雰囲気のパチプロが多かったです。渋くて寡黙、悪くいえば人づきあいが下手な感じ。というのも、ただでさえ毎日勝っていて目立つのに、プロ仲間と一緒に打ってたりしたら「どうぞ出入り禁止にしてください」といっているようなもの。過敏すぎるくらい地味なふるまいに努めていました。

 しかし、そんな「ピンプロ」もすでに絶滅危惧種。今の主流はグループ化、組織化して勝ち分を分け合ったり、親方が収支を一括管理して日当を払うスタイルが増えています。わしは「1人で打てないならパチンコじゃない」が持論なので、仲間と打つくらいならパチプロ生活から足を洗いますが、勝ちに徹する正攻法としての理屈は合っているので全否定まではしません。ピンであれ、グループであれ、筋が通っていなければやがて淘汰されるでしょうし。

 そんなわけで誰とも群れず、常に一人ぼっちで打っているわしですが、行動範囲で遭遇する他のパチプロは数百人以上います。見たことがない人でも、一目でプロかどうかはだいたいわかります。ただ、わしはぼっちスタイルなので、話しかけることも、敵対心ムキ出しになることもありません。どんなホールに行っても、一般客に紛れて地味なオッサンを演じています。バレバレやけど(笑)。

 ですが、行く先でプロを発見するのは、ホールの勝負度やヤル気を判断する絶好の目安になります。ふだんはプロなんていないホールに、それっぽいのが何人もいたら「昔のイベントの名残り」の可能性が大。いわゆる月に一度のナントカデーや、グランドオープン何周年記念日などです。

 こういった「その日だけドバッ出す」営業日の場合は、グループ系のプロ連中が押し寄せます。彼らをライバルと考えるならうとましい存在ですが、人数の多さがそのまま店の稼げる度を示すバロメーターにもなるわけです。

 釘で台の良し悪しがわかる人は別として、優良店かどうかの違いがイマイチわからない人は、プロの多さに注目するのがオススメ。

 彼らは若者で、ずっとケータイを触っている、玉やカードの貸し借りを頻繁にしている、というのが特徴です。以前は『牙狼』のコーナーでよく見かけましたが、最近は『北斗無双』をメインに立ち回っていることが多いようです。ホールの一番人気で、一撃出玉が期待できる機種を好む傾向があります。

 一方、少しさびれていて田舎っぽい小規模ホールの場合。地味でオシャレじゃない店は最近敬遠されがちですが、こういうホールで一匹狼っぽいプロを見かけたらチャンスです。もし空き台が多くても、プロに限らず毎日通う常連客が多い店はそもそも信用できます。本当にボッタクリ営業だったら、常連すらとっくにいなくなっているはずだからです。

 そんなホールに現れるプロは、店の優良度が高いほど、一度に出しすぎず、細く長く稼ぎたいので、気配を消して出しすぎないようにしています。パッと見は普通の地味なオジサンですが、常連とは思えない微妙な違和感があり、背筋をピンと伸ばし、キョロキョロしたりせず、台のボタンを押さずに打ち続けて、もの静かにドル箱を積んでいるような人がいたら、ほぼパチプロでしょう。

 そんな人が打っていたら、ショボイ店に見えても勝てる台が存在する証拠です。ジリジリと目立たぬように出玉を増やすハネモノや甘デジ、あるいはバリエーションを問わず『海物語』シリーズのコーナーなどにひっそりと紛れ込んでいます。

 ところがプロが打っているシマに、同じくプロである自分が座る場合はいらぬ気を遣います。隣に座れば対抗意識があるように思われやしないか、あるいは勝ちネタに便乗していると見られるんじゃないか。立ち去れば実力差を感じて逃げたと思われやしないか、後日コッソリ出し抜いて横取りすると勘ぐられてないか。ちょっと大げさですが、言葉を交わさずとも視線でのバトルがバチバチだったりします。

 しかし一般客の立場なら、そんなくだらないことを気にする必要はありません。プロがいた店を覚えておいて、プロが狙っていた機種や台番をチャッカリ打ってみるのはおおいにアリ。プロは目ざわりな存在かもしれませんが、彼らを逆に利用してしまいましょう。勝ちゃあそれでええんです(笑)。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

「パチンコで勝てる店」を示す“わかりやすいサイン”とは? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.