日刊大衆TOP 芸能

デヴィ夫人と「お試し同居生活」で、庄司智春がコテンパン!?

デヴィ夫人と「お試し同居生活」で、庄司智春がコテンパン!?

 11月9日放送の『モシモノふたり』(フジテレビ系)にて、デヴィ夫人(76)と品川庄司の庄司智春(40)とのニ日間にわたる同居生活が公開された。

 今回は、庄司がデヴィ夫人の自宅で同居することに。庄司はまず、玄関で靴をそろえなかったことをデヴィ夫人に注意される。その後も、デヴィ夫人の家にあるさまざまな調度品の値段を聞こうとしたり、触ろうとするたびに“常識がない”と注意されっぱなしだった。

 しかし、デヴィ夫人の家に入ってニ時間、何も飲まず喰わずで喉の渇きが限界になった庄司が「すいません、なんか、喉が渇きましたね」と言うと、デヴィ夫人はそのことに対してムッとしたように「お客様が言うよりも、私が頃合いをみて言いますから!!」と挑戦的に発言。

 これにはスタジオVTRを見ていたバナナマンの二人やゲストの坂下千里子(40)、藤田ニコル(18)もビックリして庄司に同情。ニコルは飲み物がニ時間も出されなかったことについて「マナーに対して厳しいのに、そういうのは知らないんだ」とツッコミを入れていた。

 その後も庄司の受難は終わらない。デヴィ夫人のダンスレッスンにニ時間つきあわされ、その後の食事での礼儀作法を注意される。さらに食事しながらデヴィ夫人は庄司に「私のお家に初めて来るのに、花束をとか、チョコレートを手みやげにとか思いませんでした?」とピシャリ。ガックリとうなだれる庄司の姿に、スタジオでは日村勇紀(44)が「それ、自分から言うのってどうなの?」と思わず意見。その発言を受け、坂下はデヴィ夫人をフォローするようなかたちで「夫人はこれからの人生、庄司君が恥かかないために教えてあげたんじゃない?」と言った後、ニヤッとしながら「夫人って人間的に素晴らしいじゃない?」とさらにかぶせると、スタジオに爆笑が起こっていた。

 その後も、庄司がデヴィ夫人に振り回される様子が映しだされていた。屋上で並んでストレッチしたり、銀座でハロウィンのコスプレ衣装を買ったり、シチリア料理を食べたり……。ラストには買ってきたコスプレ衣装を着て、シャンパンを飲みながら二人でパーティ。仲むつまじくソファに並ぶ姿にスタジオも安堵。最後の締めで庄司が“なぜ面倒くさいことを承知でいろいろと自分を叱ってくれたのか”と質問すると、デヴィ夫人は“私のような経験をした人はいないから、皆さんに教えることを喜びとしている”と語っていた。

「デヴィ夫人は嘘をつかず、本気で怒ったり喜んだりする人なので、番組にいい意味で緊張感をもたらす存在なんですよね。今回も“いかにも庶民”なキャラの庄司が、どれだけデヴィ夫人を怒らせるのかが見どころでしたから。無自覚にでしょうが、悪役を引き受けたデヴィ夫人はやはりテレビ的に欠かせない人材でしょうね」(テレビ誌記者)――今後も既定路線に走るバラエティ番組を、存分にひっかき回してほしいところだ。

デヴィ夫人と「お試し同居生活」で、庄司智春がコテンパン!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.