日刊大衆TOP 娯楽

パチンコに「絶対当たらない台」がある!? お宝台に潜んでいたワナとは?【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第36回 どうやっても当たらない台VSパチプロ「勝つのはどっちだ!?」

 毎年恒例の「全国パチンコファン感謝デー」。大昔に1等のテレビが当たって以来、ヤクルトはおろか粗品すらもらえぬまま10数年たってしまった……ポンコツパチプロのアンドレです。

 こないだ飲み会の帰りにホールへ寄ってみたら、今年の個人的名機ナンバーワンの一発台『CR天下一閃』を発見。釘を見ると目を疑うほどに甘い。“一発台”とは液晶もデジタルもなく、予告演出やリーチすらありません。この台は、狭い入り口に玉を飛び込ませて、その玉が関門をくぐり抜け、大当たり穴に入れば4千発が一気に出ます。『天下一閃』なら閉店10分前からでも勝負できるので、迷わず着席しました。

 ところがお金を入れる前に盤面を見てア然。大当たり穴がついているクルーン役モノ部分が大きく手前に傾いていたのです。この台は奥側に傾いていると大当たり穴にグーンと入りやすいんですが、手前に傾いているとハズレ穴に吸い込まれやすくなって、勝率がダウンしてしまうのです。

 パチンコ台に傾斜をつけて設置することで玉の動きを調整する、いわゆる「ネカセ」というヤツですが、これほどの強烈な傾きは初めて見ました。おそらく甘釘でガンガン回る代わりに、クルーン役モノで大当たりを鉄壁ガード。こんな台は本来なら打たずに立ち去るところですが、逆に興味がわいてきて打ってみることに。

 結果は、5千円使って狭い入り口を抜けたのは5発。この台は、5千円で3発抜ければ平均点なので、釘はかなり優秀です。しかし、クルーン役モノにたどり着いた後がヒドすぎる。普通、クルーンに入った玉は、役モノ中央にある回転棒に当たってクルクル回りながら、当たり穴(あるいはハズレ穴)に飛び込みます。

 しかしこの台で、クルーン役モノに到達した玉は、クルーンの上でクルクルと回ることなく、ノーアクションでハズレ穴へそのまま直行。玉が棒に一度も触れないなんてありえません。これじゃ当たるわけがない。ちょっとボッタクリすぎます(笑)。

 それでも『天下一閃』マニアとしては貴重な体験ができたと思って家路につきましたが、どうしても忘れられない一発台との死闘を思い出しました。20年前に一世を風靡した『ミサイル7-7-6D』(大同、現Bisty)です。

 3つ穴クルーンの真ん中穴に入れば大当たりというシンプルさで、当時のパチンカーをトリコにした一発台です。大当たり確率は見た目の通り3分の1で、普通は3千円に1発のペースで玉が飛び込みます。そして大当たりすれば1万円ゲット。

 あるホールにこの『ミサイル』が10台設置されていましたが、その中にどうにも気になる1台がありました。他の台は賑わっているのに、この台だけは常に空席。過去の大当たり履歴はひたすらゼロが並んでいます。

 しかし釘はかなり良さそうだったので、試しに打ってみると2千円で入り口を通過。惜しくも右ハズレ穴に落ちましたが、迷わず続行です。とりあえず3発飛び込んだ時点で投資は6千円。大当たり確率は3分の1ですから、確率上は大当たりを引くたびに4千円ずつ儲かる計算。なので、まだまだ追いかけます。

 1万円使った時点で5発通過。抜群の入賞ペースでお宝台のはずなのに、大当たりはいまだゼロ。それよりも5発すべてが右穴ハズレなのが気になります。しかしデジパチ抽選でも不運な偏りはある。ジャンケンだって5連勝があれば5連敗もある。

 2万円投入で10発通過。しかし、まさかの10発すべてが右穴ハズレへ。大当たり穴はともかく、左のハズレ穴にすら入りません。本来なら3つの穴へ均等に入るはずなのに、怪しすぎる。さすがにちょっとおかしい。だから誰も座らないのか。

 20発連続ハズレの時点で投資は4万円、完全に大赤字です。大半は右ハズレ穴に直接落ちるんですが、何度か大当たり穴のフチをクルッと回って、右ハズレ穴に戻って落ちることがありました。ゴルフのグリーン上、パットしてカップで弾かれるあの動き。それが一度だけ左ハズレ穴でも起こったんです。クルッと戻って大当たり穴にポトリ……のはずが、大当たり穴を通り越し右ハズレ穴へ。嘘だろっ!

 26個目まですべて右穴にしか落ちないなんて、明らかに異常事態。実はよく見ると、クルーンの取りつけ角度が右上がりに傾けて細工されていたのです(構造上、高い位置にある穴に一番落ちやすい)。これはもはや改造で、「ネカセ」ではありません。今では考えられませんが、当時はそんなホールがごく稀に存在していました。

 そして27個目に運命の瞬間が到来。役モノ内部のスキマに玉が挟まって動かなくなりました。正常な台角度であれば絶対に起こらないアクシデント。当時は「玉が役モノ内で引っ掛かると店員が手で大当たり穴に入れる」というルールがあったので、ついにわしの勝利。墓穴を掘ったな店長!

 “絶対に当たらない台”を攻略し、沼パチンコを征服したカイジのような達成感を味わいましたが、投資5万4千円で回収は1万円のみ。わしも若かったとはいえ、典型的な火ダルマ負けでした。皆さんはくれぐれも真似しないようにして下さいね(涙)。

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコに「絶対当たらない台」がある!? お宝台に潜んでいたワナとは?【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.