日刊大衆TOP 芸能

小木博明「うるせえババアだな」松丸友紀アナの嫌味に反発!?

小木博明「うるせえババアだな」松丸友紀アナの嫌味に反発!?

 11月13日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)にて、“ジジイ芸人レギュラー陣スペシャル”が放送された。おぎやはぎの小木博明(45)と矢作兼(45)、劇団ひとり(39)など、レギュラー陣の“ジジイ化”を憂う企画が先日行われているのだが、その未公開分がこの日、放送されたのだ。

 まずは、彼らのジジイっぷりを確かめるため、“年をとったと感じるエピソード”について質問。この問いに矢作は「収録が2時間超えると、完全に電池が切れることがある」、小木は「台本を覚えられない」と回答していた。ちなみに、今年で35歳を迎えたアシスタントの松丸友紀アナウンサー(35)は、年をとったことで「上手に嫌味が言えるようになった」そうだ。

「20代は嫌なことがあっても言えなかった」と語る松丸アナは、こんなエピソードを披露した。ある日、コンビニでレジへ行ったが誰もおらず、ずっと待たされてしまった。そしてようやく何ごともなかったかのように店員が出てきた。そのとき、松丸アナは「ビックリした~! みんな帰っちゃったかと思いました」と嫌味をひと言、言ってやったというのだ。このエピソードに小木は「うるせえババアだな!」、矢作は「腹立つ言い方だな(笑)」、劇団ひとりは「ストレートな嫌味じゃねえかよ」と、レギュラー陣も爆笑していた。

 ちなみに、現在の彼女の仕事に対するモチベーションは「楽に仕事ができたら良い」だそう。このスタンスについて、ハライチの澤部佑(30)は「所ジョージ(61)さんみたいな考えかたじゃないですか!」と絶妙なたとえでツッコんでいた。(寺西ジャジューカ)

小木博明「うるせえババアだな」松丸友紀アナの嫌味に反発!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.