日刊大衆TOP 芸能

大谷亮平ほか、韓国で人気の日本人タレントが増えている!

大谷亮平ほか、韓国で人気の日本人タレントが増えている!

 “ガッキー”こと女優の新垣結衣(28)が踊る“恋ダンス”がかわいすぎると話題になり、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)が回を重ねるごとに視聴率を伸ばしている。その“恋ダンス”の中でもダンスを披露している俳優の大谷亮平(36)は、主人公たちの契約結婚の仲に割って入るイケメン役なのだが、“第二のディーンフジオカ”、“逆輸入俳優”としても注目を浴びている。

 大谷は日本のドラマに出演するのは4作目で、レギュラー出演するのは今回の『逃げ恥』が初めてだが、お隣の韓国ではすでにドラマや映画で活躍していて、人気俳優の仲間入りをしているのだ。しかし、大谷は韓国生まれの日本人ではなく日本でモデル活動をしており、2003年にダンキンドーナツのCMに抜擢されたのが韓国でのデビューだった。セリフがないCMだったのだが、ネット上で「あのイケメンは誰?」と話題になり、これがキッカケで、現代自動車、オリンパス、携帯電話会社のKTFやSKテレコムなど大手企業のCMに出演。2006年にはドラマ『ソウルメイト』(韓国MBC)で俳優デビューし、以後も韓国で活躍の幅を広げていった。大谷は日本でブレイクした今でも、韓国のテレビに並行して出演中。バラエティ番組で即興のラップを披露するなど、歌手としても活躍するディーンフジオカを思わせる、多才な一面も披露している。

 大谷以外にも韓国で活躍している日本人の芸能人としては、女優の笛木優子(37)も有名だ。2000年に『天気予報の恋人』(フジテレビ系)で国内のドラマ初出演後、2001年から韓国を本拠地とするべく、“ユミン”という芸名で活動を開始すると、同年、ドラマ『わが家』(韓国MBC)で主人公の同級生で聴覚障害者のチョン・ダイン役で女優デビューした。2002年のバラエティ番組『気分転換水曜日』(SBS)などで人気を集め、人気ドラマ『オールイン 運命の愛』(SBS)、『IRIS-アイリス-』(KBS)などに出演(いずれも日本人女性役)。笛木は韓国で活躍した最初の日本人女優となった。

 最近、韓国でもっとも人気な日本人女優といえば、藤井美菜(28)だろう。2005年に出演したインテルのCMが話題になり、2006年公開の映画『シムソンズ』で女優デビュー。韓国のテレビドラマ『冬のソナタ』を字幕なしで見たいと思ったことをキッカケに韓国語を学び始め、2012年から韓国での活動も開始。バラエティ番組『私たち結婚しました 世界版』(韓国MBC)でブレイクして、ドラマや映画などで活躍中だ。

 彼らのほかにも、秋葉里枝(29・日本での芸名は杉本瞳)、女性アイドルグループ・TWICEのミナ(19・名井南)、サナ(19・湊崎紗夏)、モモ(20・平井もも)、男性アイドルCROSS GENEのTAKUYA(24・寺田拓哉)などが韓国で活躍している。

 韓国で活動していなくても人気があるのは、韓国で公開された映画に出演していた芸能人が多い。『Love Letter』の中山美穂(46)、『HERO』の木村拓哉(44)、『ジョゼと虎と魚たち』の妻夫木聡(35)、『花より男子』の小栗旬(33)、『スウィングガールズ』の上野樹里(30)、『NANA』のほか、日韓合作『初雪の恋』で主演した宮﨑あおい(30)などが人気だ。

 最近では動画共有サイトに韓国語字幕つきで違法アップロードされたドラマが話題になることもあり、『半沢直樹』(TBS系)の堺雅人(43)や『下町ロケット』(TBS系)の阿部寛(52)、『5→9〜私に恋したお坊さん〜』(フジテレビ系)の石原さとみ(29)などが人気のようだ。

 訪日外国人の数が年々増加し、急ピッチで国際化が進んでいる日本だが、たくましく海外で活躍する日本人もまた増加中。政治は混乱しているが、まずエンタメの世界から、日韓交流につなげてほしい!?

大谷亮平ほか、韓国で人気の日本人タレントが増えている!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.