日刊大衆TOP 娯楽

パチンコは、今年だけ「年末までの限定チャンス」がある!? 【森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール】

森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール
第51回 最近の新装事情について

 2016年も残すところあと1カ月。早いもので、あっという間に1年が過ぎ去ろうとしています。12月はクリスマスに大みそかと、街全体が浮き足立つ、楽しい予定が目白押し。浮き足立つといえば、パチンカーにとっての「新装開店」もまた、そういった胸がおどるイベントの1つなのではないでしょうか。

 実は、年末年始を控えた今の時期は、人気シリーズや大物版権のパチンコ台の新装開店が多いんです。多くの人が休暇を取る大型連休は、ホールにとってはまたとないかき入れ時。黙っていても客が集まる時期ですからね。そんな年末商戦に合わせて、各パチンコメーカーから、気合いの入った目玉機種が発売されるわけです。今年は『スーパー海物語IN沖縄4』『ルパン三世』『花の慶次』といったビッグネームがすでに導入されていますし、この後も『ヱヴァンゲリヲン』や『テラフォーマーズ』など、メーカー各社が絶対にコケられない機種の登場が控えています。

 個人的には、最近はよほどの大型機種ではない限り、わざわざ新装初日に新台を打つ機会は減りました。でも、パチンコ攻略誌の編集部員だった頃や、フリーライターになったばかりの頃は、毎週のように新装開店へと足を運んでいました。

 こちらのコラムでも以前書かせていただきましたが、私の生涯ベスト出玉である「6万発」を叩き出した『暗黒騎士呀鎧伝』の実戦もまた、新装初日の出来事です。『暗黒騎士呀鎧伝』の機種担当だった私は、攻略誌に新台の実戦データをいち早く掲載するため、新装初日に朝早くから並んで打ちに行ったんです。早起きは三文の得なんていいますが、それ以上の素敵な結果に頬が緩みっぱなしになりました。

 当時は東京の小岩地区や新橋周辺のホールに足を運ぶことが多かったです。どちらも駅周辺にホールが密集しているので、万が一、最初に行ったホールで台確保に失敗したり、台の状況が悪かったりなんてことがあっても、他の候補店へすぐに移動できますから。あと、新橋はサラリーマンの街ゆえ、稼働のピークは夕方以降。なので、新装初日であっても比較的朝のお客さんの並びが少ないので、台の確保が楽なんですよ。そのせいか、他誌のライターさんとバッティングすることもたまにありました。他誌のライターさんと接する機会があまりなかったので、そのときは「あ! パチ○ガの人だ!!」なんて、芸能人を見た気分になったなぁ。

 私はこれまで、東京都内の新装はもちろん、名古屋にあるメーカー直営店での先行導入の新装なども何度か経験してきました。その中で、『ヱヴァンゲリヲン~始まりの福音~』(通称『エヴァ6』)の新装は、かなり珍しいものでした。

『エヴァ6』は2010年6月に全国導入となった機種なのですが、実は全国導入より少し早く、沖縄県で先行導入されたんです。

 メーカーの直営店や本社がある名古屋や大阪での先行導入はよくありますが、沖縄での先行導入は超激レア。パチンコ台ならレインボー並みです。その理由は、当時沖縄県以外のパチンコホールが、APEC開催にともなう新台導入自粛期間に入っていたから。他の地域では、新機種への入れ替えができなかったんですね。

『エヴァ』シリーズは大人気機種ですし、そのときはいち早く実戦データを掲載するために、各パチンコ攻略誌のライターや編集が沖縄に集結しました。仕事で沖縄に行けるなんてまたとない機会なので、『エヴァ6』の担当がワクワクしていたのを思い出します。私も、当時雑誌で担当していた『銀と金』『神魂合体ゴーダンナー』のページの制作が早く終われば、連れて行ってもらえるはずだったのですが、当然間に合わず……。涙をのんだ悲しい思い出ですね。

 ちなみに『銀と金』の新装では、私を含め4人の編集&ライターで新装初日に打ちに行きました。でも全員のヒキが恐ろしく悪く、誰一人として勝ちデータを採れなかったうえ、4人で20万負けてしまいました。これもかなり強烈な新装開店の思い出です。

 新装開店といえば、昔は「必ず勝てる」といっても良いほど、勝ちやすい調整のパチンコ台がゴロゴロしている激アツイベントでした。しかしここ数年、私の体感では7年くらい前あたりから、「新装開店=回収営業」の図式が常識になってしまいました。つまり、実は今は「新装開店は勝てない」というのがセオリーになっているのです。

 良くて数カ月、最悪の場合はたった数日で、新台から客が飛んでしまうケースが散見されるようになったことで、パチンコ台の購入にかかった費用を、黙っていても客がつく新装開店で回収してしまおうとするホールが増えたことがその原因。良心的なホールなら、数十台規模で導入する“目玉機種”くらいは、勝ちやすくとまではいかないまでも、多少遊べる調整にしてくれることもありますが、たいていは新装初日から回収モード。打ちたい機種があるなら、導入から1カ月くらいたってから打つのが吉、なんてケースがほとんどです。

 それがここ最近、どうもまた様子が変わってきているように感じます。

 というのも、私がこのところ足を運んだ新装開店が、まんざら「回収」一辺倒でもないんですよね。もちろん、新装初日から回収営業モードの新台は、悲しいけれど相変わらず多くあります。しかしその一方で、新装当初から勝ちやすい調整にしている機種を、見かける機会も増えました。

 具体的な機種でいえば、『沖海4』や『ルパン三世』なんかは、新装当初から大事に使おうとしているホールがチラホラ見受けられましたね。パチプロが狙うほどのお宝台はまれにしても、お小遣い程度の勝ちが期待できる台なら、わりと簡単に見つかった印象です。

 これはおそらく、「MAX規制」の影響じゃないかと思います。これまでにも何度かお話ししている通り、大当たり確率が約400分の1のMAX機種は、年内にすべて撤去されてしまいます。『牙狼 魔戒ノ花』や『北斗の拳6』といった、多くのホールが主軸にしている人気機種ももちろん例外ではありません。ホールは人気のMAX機種が抜けた穴をなるべく早く埋め、新たにメインとなる機種を育てる必要があるのです。そこで白羽の矢が立ったのが、『沖海4』や『ルパン三世』なのかと。これらの機種を導入当初から勝ちやすくすることで、しっかりと客をつけて人気を出したいという思惑があるはずなのです。

 年末商戦に向け、12月も目玉機種の新装開店が控えています。過度の期待は禁物、あくまで優良店の大量導入に限った話ではありますが、今年、これからの新装はちょっと期待してみても良いのではないでしょうか。年末年始に向け、みなさんの懐が少しでも暖かくなりますように。私も頑張るぞ!

■森本レオ子 プロフィール
「パチンコ必勝ガイド」元編集部員。現在は同誌ライターとして多数の連載を抱える。パチンコ・パチスロ専門チャンネルでのレギュラー出演多数。

パチンコは、今年だけ「年末までの限定チャンス」がある!? 【森本レオ子のぱちんこ堅勝ゼミナール】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.