日刊大衆TOP 芸能

稲森いずみに井森美幸、四十路美女たちが独身を貫くワケ

特別な香り
http://www.lovecosmetic.net/
いつも彼氏がいる女性には秘密があった!奥手な彼を一瞬でその気に。

稲森いずみに井森美幸、四十路美女たちが独身を貫くワケ

 テレビのワイドショーやスポーツ新聞は、今日も芸能人の恋愛や結婚の記事でにぎわっている。にもかかわらず、実は意外な人が未婚だったりする。容姿はもちろんキャラも魅力的なのに、なぜか結婚しない美女たち。今回は団塊ジュニア世代を中心にリストアップしてみた。

 まずは、グッピーこと女優の高橋由美子(42)。“最後の正当派アイドル”と称されていた彼女もいまやアラフォーだ。2000年頃から活躍の場を舞台やミュージカルにしており、テレビドラマでは『ショムニ』(フジテレビ系)での暗いOL役や『めぞん一刻』(テレビ朝日系)でのネグリジェの朱美さん役など、“濃い”キャラも堂にいってきた。実は、2001年に発売された週刊誌で、過去に不倫をしていたことを高橋自身が告白している。相手はコンサートのスタッフで、1991年から96年まで関係は続いたという。堀越高校時代に同級生だったSMAPの稲垣吾郎(43)をフッたという噂もあるというし、実際はかなりの小悪魔なのかも?

 元アイドルでタレントの井森美幸(48)もシングルを貫く四十路美女の一人だ。2004年頃に一般男性との熱愛が報道されたこともあったが、以降は音沙汰なし。恋人でも自宅に入れるときは消毒スプレーをかけるほどの潔癖性なうえ、極度のヤキモチ焼きでもあり、そうした性格が結婚を遠ざけているのかも、との声もある。まさかデビュー時のキャッチフレーズ「まだ誰のものでもありません」が32年たった21世紀でも持ちネタになろうとは……。

『夕焼けニャンニャン』(フジテレビ系)なき後の夕方の帯番組『パラダイスGoGo!!』から生まれたアイドルグループ、CoCoの元メンバーである宮前真樹(43)も、いまだに独身。当時はメンバーの三浦理恵子(43)や瀬能あづさ(43)の陰に隠れて目立たなかった宮前だが、2008年に食育インストラクター資格を取得。メーカーとのコラボや食育教室、レストランの経営など、得意な料理で細く長く生き続けている。2013年に出演した『有吉ゼミ』(日本テレビ系)で、「元彼と別れた後も、500回ぐらい告白している」と“重たい女”エピソードを披露。その相手はかつて交際が報道された、KinKi Kidsの堂本光一(38)ではないようだが……。

 また、1988年、JR東海のCM『クリスマス・エクスプレス』での美少女ぶりが印象的だった深津絵里(43)も、いまだに独身だ。歌手の小沢健二(48)と別れてからは、映画にドラマに舞台にと俳優業に奮闘し、国民的女優にまで上りつめた。近年、結婚の噂はほとんど聞こえてこないが、一部報道によれば、スタイリストの男性と長年同棲しており、自由気ままな恋人生活を楽しんでいるというが……真相はいかに?

 さらに稲森いずみ(44)も独身である。1994年の女優デビュー作『上を向いて歩こう!』(フジテレビ系)からすでに20年以上。NHK大河ドラマ『篤姫』の滝山役など、近年は当たり役が多く、中堅女優としての地位を確立させた感のある稲森。そのルックスと同様、私生活も華やかで、俳優の反町隆史(43)、要潤(35)、五代目尾上菊之助(39)、長谷川博己(39)などと熱愛の噂があった。イケメンとばかりつきあってきたために、もう結婚しなくてもいいと考えているのかも?

 芸能界で成功しているということは、それだけ経済的にも充実しているのだろう。男に依存する必要なんてないのかもしれない。自立した女は美しい!?

稲森いずみに井森美幸、四十路美女たちが独身を貫くワケ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

  • 奥手な彼を一瞬でその気にさせるアプローチ方法

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.