日刊大衆TOP 娯楽

パチンコ超大物機種『花の慶次X』は実際勝てるのか? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!
第37回 熱い漢が帰ってきた!「ホールに新たな大物機種が登場」

 前日から打つ店を決めていたのに痛恨の大寝坊。狙い台に座れないことは分かっているけど、釘だけは一応見ておきたい。遠路はるばるホールへ向かってみると定休日……。もしこれが朝ならガッカリすぎるけど、逆に得したような気分になったポンコツパチプロのアンドレです。

 早いものでもう師走。パチンコ業界では、昨年から話題になっていたMAX機種の撤去問題がヤマ場を迎えようとしています。大当たり確率が320分の1よりキツいスペックは、「年末までに撤去完了せよ」というお達しのアレです。足並みがそろいにくいパチンコホール業界ですが、決まりを守らなかった場合のペナルティが待っていることもあり、それぞれのホールで独自の方針を立てて対応しているはずです。

 しかし、具体的な対応策は意外なほどバラバラ。他店のMAX機撤去が進むほど、MAX好きの客を自店に呼び込めるため、ギリギリまでMAX機種をはずす気がないホールもあります。これは非常に危険な賭けの“チキンレース”。年末ギリギリに台を一気に入れ替えてリニューアルオープンでもする意気込みなのか、もしくはそのまま「閉店休業」に追い込まれてもいいと覚悟を決めているのか……。実は今回は後者のケースが意外に多そうなので、MAX機種の『牙狼 魔戒ノ花』や『北斗の拳6 拳王』などをいまだに多く残しているホールは、今後の動きを要チェックです。

 前向きなホールは早めに撤去を済ませて、ライトミドル(大当たり確率が約200分の1前後の機種)や甘デジ(同じく約99分の1前後)といった当たりやすい機種の増設や、1パチ以外の低貸しコーナー、2パチや0.5パチを新設したりしています。本来ならミドル(大当たり確率が~約320分の1)の島を充実させたいところだと思いますが、『真・北斗無双』を超えるヒット機種がなかなか出てこないので、ホール側も客側も魅力的な新機種を切望しているのが実情でしょう。

 ミドルの機種では、現時点でいうと『ルパン三世 Lupin The End』と『スーパー海物語IN沖縄4』がまずまず頑張っていますが、わしが今、最も注目しているのは『花の慶次X~雲のかなたに~』です!

花の慶次X~雲のかなたに~
花の慶次X~雲のかなたに~(ニューギン)
◆大当たり確率:約1/319.6
→確変時:約1/137.6
◆確変突入率:50%
◆確変継続率:65%
(C)隆慶一郎・原哲夫・麻生未央/NSP 1990 版権許諾証YSD-338

 正直なところ、スペックだけを見たときはピンと来ませんでした。個人的に、過去の『慶次』シリーズは徹底的に打ち込んできましたが、それだけ思い入れが強いと、どうしても歴代の『慶次』と比較してしまうからです。ところが実際に打ってみた他の慶次マニアに聞いてみると、意外なほどに評価が高い。ならば打ちもせず見過ごすのは愚かというもの。さっそくわしも打ってみました!

 導入されて半月ほどですが、新台コーナーの中でも客つきはトップクラス。なかなか空き台は見つからないものの、夕方のタイミングで運良く座れました。演出の予習はゼロですが、“初代慶次の良さ”にこだわっているらしいので、その点に注目してみます。

 打ち始めると2000円を使い切る前に、懐かしい初代『花の慶次』バージョンのキセル演出がビシューン! キセルはシリーズおなじみの激アツ演出ですが、他の予告があまりに弱すぎ。期待して良いのか悪いのかソワソワしていたら、これがすんなりと大当たり。そのまま50%の壁も突破して、確変の「戦モード」に突入です。

 実戦前にわしが一番懸念していたのは、「約137分の1」という確変中の大当たり確率です。甘デジの通常大当たり確率よりも当たりにくい確率ですから、ダラダラ間延び感があるんじゃないかと思っていましたが、サクサクと爽快に当たり続け、あっという間に10連まで伸びました。

花の慶次X~雲のかなたに~10連出玉

 実戦はちょいラッキーな展開でしたが、初代を意識した演出が散りばめられていたのは、台として高評価です。確変中、プレミアム演出が大幅に出現しやすくなったのもイイ! 特に注目して欲しいのは効果音。以前の『慶次』をよく打っていた人にはたまらない熱さがよみがえるはずです。スペック面のポイントとしては、今回は確変転落後でも100回転の時短があるので、計算上はここで4回に1回は大当たりを引き戻せます。逆に初代ではにっくき存在だった“小当たり”や“パカパカ潜伏大当たり”はありません。スペックは非常にわかりやすいので、安心して打てますのう。

 演出とスペック、いずれも歴代『慶次』シリーズの中ではベストバランスといえるかも。今回の『慶次X』は短時間の勝負でも勝てるチャンスは十分にありますが、キッチリ勝ちたいならホールのイチオシ日などが最大の狙い目です。有名でメジャーな機種ほど「分かりやすい日に客へ還元する」傾向が高いからです。どこからもボーナスがもらえないパチプロたちも、今回の『慶次』をかなりアテにしています(笑)。

 これからのミドル戦線が楽しみになってきましたのう!

■アンドレ プロフィール
1967年大阪府生まれ。パチンコメーカーや直営店が数多く存在する名古屋を拠点に『パチンコ攻略マガジン』の専属ライターとして活躍中。パチプロとしての長い経験や知識に加え、幅広い業界人とのパイプを生かした多角的な分析が得意。

パチンコ超大物機種『花の慶次X』は実際勝てるのか? 【現役パチプロ・アンドレ「パチンコ事情」最前線!!】

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.