日刊大衆TOP 芸能

りゅうちぇる「絶対に別れない」“ぺこ”への思いを、涙ながらに語る

りゅうちぇる「絶対に別れない」“ぺこ”への思いを、涙ながらに語る

 12月1日放送の『耳が痛いテレビ 芸能界カスタマーセンター』(日本テレビ系)に、タレントのりゅうちぇる(21)が出演。モデルで恋人のぺこ(21)に対する思いを、お笑いタレントの東野幸治(49)らに語る場面が見られた。

 この日、視聴者が芸能人に本音をぶつける“耳が痛い電話”のコーナーで、一般女性が「りゅうちぇるさんはなんだかんだいって、ぺこちゃんと別れちゃうんじゃないかなって」と発言。女性は続けて「お二人のことをビジネスカップルみたく言う人がいるんですけど、私は本当のカップルだと思ってるんですね。でも、年長者の私から言わせてもらうと、恋愛って永遠じゃないからすごく心配で」と、二人の今後を心配しているのだとコメントした。

 りゅうちぇるはこれに、ぺことりゅうちぇるとして初めてテレビ出演するときに、マネージャーから“別れたときのことを考えると一緒に出すことは難しい”と言われ、ショックだったと発言。しかし続けて「僕自身は絶対別れない自信があるというか、二人でなにもかも乗り越えていく運命だって、絶対に別れないっていう自信があったからこそ、テレビに出られました」と、その思いの強さを明かすと、スタジオの観客席からは拍手が起こっていた。

 そして一般女性から、過去の恋人とも別れるつもりはなくても別れた結果になったのではないかと聞かれたところ、りゅうちぇるは「実はね、本当に心から好きになったことがあるのは“ぺこりん”だけなの」と告白。さらに過去の交際について「自分が一番だったの。なにもかもが。僕の本当の性格はすっごいわがままで自分勝手で自己中で、ホントダメなとこばっかなんだけど」と振り返り、ぺこについて「初めて“あ、この人と僕、一生一緒にいなきゃいけない”って思ったというか、自分のことよりも考えられる相手を見つけられた」と、ぺこは今までの恋人とは違うと説明していた。

 りゅうちぇるはさらに最近は一人での仕事が多くなってきたことで、「やっぱお互いの大切さをまた分かって」と発言。りゅうちぇるの帰りが夜中になったときも、ぺこは眠らずに待っていてくれると話すと目をうるませてしまい、東野から「しゃべりながら泣いてるやないの」とツッコまれ、「すっごい堪えてる」と、必死で泣くことを我慢していた。

「すでにセレブな読者モデルとして話題だったぺこの“恋人”としてメディア出てきたりゅうちぇるですが、もはや完全に独り立ちしましたね。最初こそキワモノとして見られていましたが、そのまじめな性格が知られるにつれ、男女問わず応援する声が増えてきました。来年以降も、まだまだ活躍は続くんじゃないでしょうか」(芸能誌記者)――もはやバラエティ番組には欠かせない存在!

りゅうちぇる「絶対に別れない」“ぺこ”への思いを、涙ながらに語る

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.