日刊大衆TOP 芸能

加藤綾子、岡副麻希、水ト麻美…人気女子アナ「師走の最新ニュース」!!

[週刊大衆2016年12月19日号]

加藤綾子、岡副麻希、水ト麻美…人気女子アナ「師走の最新ニュース」!!

 師走に入り急激に冷え込み出した日本列島。耐えがたい寒さを和らげてくれる存在といえば、“テレビ界の華”の女子アナたちに違いない。そんな女神たちに関する身も心もアツくなるホットニュースをお届けする!

 まずは、古巣フジテレビの顧問弁護士に就任するという菊間千乃元アナ(44)の話題から。菊間元アナは1995年、フジ入社。明るい笑顔ですぐに人気アナとなるが、98年9月、『めざましテレビ』で防災器具を体験リポート中に安全装置が外れ、ビル5階の窓から転落する大事故に遭遇してしまう。「地上のマットに叩きつけられた彼女は腰椎圧迫骨折で全治3か月、リハビリに1年を費やす重傷を負ったんです」(放送作家)

 そんな彼女を、さらなる不運が襲う。2005年7月、バレーボール中継後の打ち上げで同僚や番組共演者と会食した際、当時18歳だったジャニーズの内博貴に飲酒させたとして、大バッシングされたのだ。

「番組を降板し、居場所を失った菊間元アナは当時ロースクールに通っていたこともあり、司法試験にチャレンジする道を選び、07年12月にフジをひっそりと退社しました。10年に2度目の挑戦で新司法試験に合格。司法研修を経て弁護士になりました」(芸能記者)

 晴れて弁護士になった彼女は所属する法律事務所がフジの法務を担当していた縁で、フジの顧問弁護士チームの一員になったという。「11月末には菊間さんを講師に招いて社内で法務教室が行われたそうです。いよいよ本格的に菊間さんがフジの法律関係を見るようですよ」(制作会社関係者)

 石持て追われた古巣に錦を飾った菊間元アナ。まさに“恩讐の彼方に”といったところか。

 一方、この夏“熱愛&妊娠”騒動に見舞われたのが、夏目三久(32)と有吉弘行のカップル。だが、その後の展開は第一報以上にミステリアスなものだった。8月24日の日刊スポーツが「有吉の子供 夏目三久が妊娠」の大見出しで2人の熱愛を報じたのがすべての始まりだったが、テレビ全局と他のスポーツ紙は完全スルー。あれからジャスト3か月後の11月24日、日刊スポーツはスクープは誤報だったと認める<お詫び>の記事を掲載した。

「日刊の記事は“夏目三久さんに深刻かつ多大な迷惑をおかけした”と全面的に謝罪する一方、有吉に対してはひと言の謝罪もない不自然なもの。これはやはり“芸能界のドン”と呼ばれる夏目の所属事務所社長に対するお詫びが狙い。全面降伏といわれても仕方がないでしょうね」(夕刊紙記者)

 それを証明するかのように、内部からは不穏な話が聞こえてくるのだ。「担当記者らが、この謝罪文掲載に大激怒。自信も裏づけもあると、“謝罪文を出すなら辞表を出す”という大騒動になったそう。まだまだ波乱があるかもしれません」(女性誌記者)

 そうかと思えば、フジの秋元優里アナ(33)は12年にデキ婚した5歳年下の後輩、生田竜聖アナとの間に離婚の危機話が緊急浮上。「秋元アナは自身が出演する『ワイドナショー』で、夫とは別居中で離婚に向けて協議中であることを認めています。離婚の原因とされるのは彼女の不倫疑惑。相手はフジの報道局のプロデューサーだともっぱら。もっとも、彼女は“やましいことはない”と釈明してましたけどね」(前同)

 夫の生田アナは、ジャニーズのイケメン俳優・生田斗真の実弟で11年の入社。先輩のお姉さんアナたちからもかわいがられていたが、秋元アナが横からかっさらっていくようにデキ婚した。「秋元は、入社当時から浮いた噂には事欠かなかったため、生田アナに“秋元だけはやめておけ”と忠告する先輩も少なくなかったんですが、案の定……。会社にとっては生田のほうが大事。秋元を守る気はまったくないようで、アナウンサー職から追われるのは必死でしょうね」(フジ関係者)

 今年4月にフジを退社した、加藤綾子(31)。すでに、CMにも3本出演。フリーとして順調すぎる滑り出しだ。そんな彼女が11月に初のエッセイ&フォトブック『あさえがお』(小学館刊)を上梓。スラリと伸びた美脚と胸の量感は圧倒的だ。カトパンのさらなる今後に期待したい!

 カトパンが抜けた『めざましテレビ』で人気急上昇中なのが“黒すぎる女子アナ”岡副麻希(24)。天然キャラと体当たりのパフォーマンスで、バラエティ番組にも引っ張りだこの彼女だが、「岡副は早朝3時には局入りするんです。だから、日によってはフジに寝泊まりしているのかも。ところが彼女、報道局のフロアの床にお構いなしに荷物を置いて、地べたに座ったり、寝たりするクセがある。その姿に“岡副、フジ局内ホームレス説”が浮上しています」(制作会社スタッフ)

 一方、TBSは熱愛話で沸いている。朝の情報番組『あさチャン!』でおなじみのTBS宇垣美里アナ(25)にスキャンダルが噴出。『週刊文春』12月8日号が報じたのは、ジャニーズの「Hey!Say!JUMP」の伊野尾慧との親密交際だ。

「2人の交際は今春から始まったようですが、明るみになったのはそれだけではなかった。彼女は伊野尾に“かけもち恋愛”されていたんです。また、その相手が『あさチャン!』のライバル、『めざましテレビ』のキャスターを務めるフジの三上真奈アナというから、タチが悪い」(前出の夕刊紙記者)

 14年に入社した彼女は、アイドル並みのフェイスとボディで大人気。男の影は常にチラついていたともいわれる。芸能ライターの織田祐二氏は話す。「『あさチャン!』のオープニングで、他の出演者とは違い、彼女だけ太ももに手を置いたり、ちょっと変わったポーズのことが多いんです。実はあれ、男にブロックサインを送ってるんじゃないかと」

 一方、不安なのは、元TBSアナの枡田絵理奈(30)。14年12月に広島カープの堂林翔太選手と入籍し、この秋から『クイズ☆スター名鑑』のアシスタントとして古巣に帰ってきた彼女に、芸能マスコミ間で浮上しているのは、夫との破局説だ。

 一時は“広島のプリンス”。といわれた堂林だが、結婚後は年々、成績が下降。カープが25年ぶりにセ・リーグで優勝した今季も堂林は蚊帳の外だった。まだ子どもも小さいのに広島から上京し、仕事を再開した彼女を見れば夫婦の危機が囁かれるのも無理からぬところ……。

 スポーツ紙記者に取材をかけると、「いやいや、不仲どころかアツアツですよ。5つ年上の彼女は“たとえ彼がクビになっても、私が食べさせるから大丈夫”と健気なことを言っているそうです」

 これぞ女房の鑑! だが、前出の織田氏は手厳しい。「枡田は自身のブログで手料理を紹介していますが、なんとクマさんの形をしたかわいらしいオムライス。とてもプロ野球選手の食事とは思えなかった。あれじゃ、元気が出ませんよ」

 一方、来年30歳になる日テレの看板娘、水卜麻美アナ(29)にも、フリー転向説が囁かれている。周囲の雑音を封じるためか、先日出演した『1周回って知らない話』で「現時点で(フリーになる気は)まったくないです」と断言。それでも「電撃退社はある」(日テレ関係者)と見る向きは少なくないようだ。

「水ト自身に“30歳は節目の年”という意識があるうえ、食レポばかりで、太ったり、痩せたりを繰り返す現状にも不満がある。見逃せないのは、熱愛が報じられた関ジャニ∞の横山裕との交際が水面下で続いているという噂があること。彼女は、真剣に結婚を夢見ているようなんです」(前同) どちらに転んでも大ニュースになるのは間違いない。

 10月から『モヤモヤさまあ~ず2』の3代目アシスタントになったのが、テレビ東京の福田典子アナ(25)。今、彼女の人気が急騰中だ。お披露目となった10月23日の放送は沖縄・久米島の豪華版だったが、さっそく三村マサカズは、乗馬中の福田アナが鞍の上で腰を揺らす姿を見て、「どこが気持ちいいの?」。彼女にクラシックバレエの経験があると知った三村が、Y字バランスをおねだりする場面もあった。

「福田アナはとにかくノリがいい。今年6月まで福岡のRKB毎日放送の局アナで、8月からテレ東に中途入社したのもワケありっぽくてイイ(笑)。入社早々、優遇されてるのを見ると、局のおエライさんと何かあるんじゃないかと勘ぐりたくなりますね」(織田氏)

 美女アナは、いろんな意味で忙しいのだ。

加藤綾子、岡副麻希、水ト麻美…人気女子アナ「師走の最新ニュース」!!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.