日刊大衆TOP 芸能

米倉涼子、広末涼子ほか「人妻芸能美女たち」の私生活“激ヤバ”暴露

[ヴィーナス2016年12月04日号]

米倉涼子、広末涼子ほか「人妻芸能美女たち」の私生活“激ヤバ”暴露

 2016年も残すところあとわずか。“ゲス不倫”に“薬物逮捕”にと大きな芸能ニュースが多かった年だが、まだ、ワイドショーを賑わす話題が飛び出してきそうだ。人妻芸能美女たちは情念をたぎらせているという。

 まずは、すでに離婚協議に入っていることが伝えられている米倉涼子(41)。「14年12月に、起業家のA氏と電撃結婚。しかし、わずか3か月後、夫婦の愛の巣を飛び出して別居生活に入りました。その背景に、人前で罵声を浴びせられたり、5時間正座させられての説教があったりと、A氏の“モラハラ”があったと報じられました」(夕刊紙デスク)

 10月から、米倉主演の人気ドラマシリーズ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第4シリーズがスタート。初回から視聴率が20%超えと絶好調だったが、肝心の離婚協議はどうなのか。

「メディアで悪者扱いされたことに夫が腹を立てており、それが協議を長引かせている原因です。しかし、さすがに別居期間が2年以上になると、裁判になればまず負けることはないでしょう。来年の夏には決着がついているのでは」(女性誌記者)

 米倉の作戦勝ちということか。「私、失敗しないので」と言うドヤ顔が目に浮かぶが、いやいや結婚は失敗していますから……。

 9月28日に結婚披露宴を行った、片岡愛之助と藤原紀香(45)も、かなりヤバそうだ。「披露宴に、元愛人を招待したばかりか、その愛人と紀香を並ばせてスリーショット写真まで撮ってる……愛之助の神経を疑います。しかも、この元愛人は、熊切あさ美との交際時に二股をかけていた相手。愛之助の“芸の肥やし”を認めていた紀香も、さすがに呆れたのでは。今後、さらなる“文春砲”が愛之助に炸裂するとの噂もある。そうなれば、アウトでしょう」(スポーツ紙記者)

 だが、そもそも紀香に梨園の妻が務まるかとの声も。「以前、三田寛子が、“週に3~4回、料理とか絵とかマナーとか、お母様と一緒のお稽古が当たり前だった”と話していましたよね。それほど、梨園の妻は自分を消して夫を支える覚悟が必要です。“藤原主義”を貫いてきた彼女が、この先何十年も、その役目を果たせるとは、とても思えません」(芸能評論家の織田祐二氏) 我々も、ゴージャスな紀香が子作りを楽しめずにいる姿は見たくない。文春砲の炸裂に期待しよう。

 文春砲といえば、8月、小倉優子(33)の夫で、SMAPのヘアメイクなども手がける人気美容師の菊池勲氏が、小倉の同じ事務所の後輩のタレント・Uとの不倫を暴いたことも、記憶に新しい。「菊池氏は育児にも消極的。今回も、ゆうこりんが第二子を妊娠中の不倫ということで、傷ついた彼女は家出別居に踏み切りました。菊池氏のあまりの裏切りに非難が集まり、離婚は決定的と思われました」(芸能プロ幹部)

 ところが小倉は、騒動から1か月が経ち、「私にも反省する点があった」とし、離婚回避を明言。これで、雨降って地固まると思われたが、菊池氏への不信感は消えてはいないという。

「“五股不倫”が発覚した乙武洋匡さんの夫婦も、一度はやり直す方向で歩みを揃えたものの、結局、信頼関係が回復しないまま離婚に至りました。余計なストレスを抱えては、子どもの成長に悪影響を及ぼしかねませんし、ゆうこりんも離婚を決意するでしょう」(前同)

 前出の織田氏は、「旦那さんはバツイチ。前回も浮気が原因ともいわれています。モテ男の浮気癖は一生、直りませんよ」とみる。

 小倉と同時代にグラビアで活躍をした面々も、夫婦関係に隙間風。いつ離婚してもおかしくないという。まずは、ほしのあき(39)。ブログで“ペニオク詐欺”の片棒を担いだとして活動休止中になった矢先、13歳年下の夫で競馬騎手の三浦皇成に、合コン不倫騒動が発生。かねてより、離婚危機説が消えないが、「この不倫騒動とほぼ同時期に、茨城県内に床面積265平方メートルという白亜の豪邸を建て引っ越ししました。三浦は、8月に落馬による大怪我で長期休養が決定的ですが、ほしのはマスコミの直撃に“離婚は永遠にありえませんから!”と言い不仲説を完全否定。夫を支えていくことを宣言していました」(芸能ライター)

 だが、この彼女のアピールには裏があるという。「娘を、芸能人の子どもが多く通う有名私立幼稚園に入園させたいからです。片親では入園資格を満たせないため、合格発表のある今年11月までは、どうしても別れることができなかったそうです。無事、娘の入園が決まり、三浦も復帰が見えてくれば、電撃離婚が発表される可能性は高いと思いますよ」(前同)

 ほしのとグラビア時代から親友で、ペニオク問題も同じく当事者だった熊田曜子(34)にも、離婚の噂が。「昨年10月に第二子を出産しながら、最近、DVDを発売するなど、本格的にグラビア活動を再開させているのが怪しい。ほしのとはしばらく距離を置いていたが、最近になって急接近。8月には一緒の写真をインスタグラムで公開しています。夫と別れ、芸能界でどう生き抜いていくかなど、情報交換をしているようです」(同)

 島田紳助との“不倫密会”を報じられたのも、もう10年近く前の話。「紳助と熊田の極秘映像があると聞いている」(同)というが……!?

 大物女優たちも、かなりアブナイ。7月放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)で、家事を一切やっていないことを告白した観月ありさ(39)も、離婚フラグが立つ一人。

「昨年3月に結婚した夫は、年商150億円の社長・青山光司氏。観月に家庭的なことを求めてこないそうですが、これは、突如、夫が離婚を切り出す夫婦の特徴でもあります。若いうちはいいですが、最近の観月の美貌の劣化スピードは、フェラーリマニアの青山氏も想定外で、遊び仲間には“正直、参った”とこぼしているなんて話も……」 ヤケクソで不倫する?

 昨年、イケメン俳優・佐藤健との“岩盤浴不倫”が発覚も、その後、夫のキャンドルジュン氏との間に3人目の子どもを出産した広末涼子(36)にも、離婚危機説がくすぶり続けている。

「キャンドル氏は、かつては世界を舞台に活躍していたアーティスト。しかし最近は、震災復興事業に注力し、稼ぎは広末に依存。浮気にも文句が言えない立場で、いつ捨てられてもおかしくない。彼女は、成り上がるために男を利用する打算的なタイプではなく、奔放な男好き。すでに別の男がいても、不思議ではありません」(芸能評論家の三杉武氏)

 一方、「ネタが欲しかったら、広末を張りなはれ!」(在阪のプロデューサー)という声も……マジで!?

 離婚秒読みではといわれているのは、元TBSの枡田絵理奈(30)。夫は、広島カープの堂林翔太選手だが、「25年ぶりのセ・リーグ優勝も、堂林は完全に蚊帳の外。今季も一軍と二軍を行ったり来たりで、チームにまったく貢献していません。減俸も間違いない。夫が勝負の年を迎えるのに、枡田はサポートする気配もない。10月から『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)で本格仕事復帰。有名人をイジリ倒す悪ノリ番組ですが、出演者らには、“枡田の結婚話のイジリはNG”と伝えられたと聞いてます」(制作会社関係者)

 枡田同様、最近、仕事を増やす若槻千夏(32)や、まだ子どもに手がかかる時期なのに『砂の塔 知りすぎた隣人』(TBS系)でのドラマ復帰を急いだ菅野美穂(39)にも、離婚の危機が一部で囁かれている。「この秋、番宣でバラエティ番組に出まくった菅野のテンションが高すぎた。よほどストレスを抱えていたのでは」(テレビ誌記者)

 現代はストレス社会。鬱憤もたまには放出せねばなりませんぞ!

米倉涼子、広末涼子ほか「人妻芸能美女たち」の私生活“激ヤバ”暴露

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.