日刊大衆TOP 芸能

『NHK紅白歌合戦』初出場の40歳新人歌手「市川由紀乃」という新スター

[週刊大衆2016年12月26日号]

ボートレース戸田
https://www.boatrace-toda.jp/
GⅢ 戸田マスターズリーグ第10戦・週刊大衆杯

『NHK紅白歌合戦』初出場の40歳新人歌手「市川由紀乃」という新スター

 和田アキ子落選、SMAP出演の可否、宇多田ヒカルの初登場……と、今年も巷の話題をさらう『NHK紅白歌合戦』。その中でもひと際輝くのが、初出場の市川由紀乃だ。とはいえ、この40歳の“新人歌手”を知らないというお父サンも多いだろう。

「和服が似合う、王道の演歌歌手です。憂いを帯びつつ、艶っぽい低音も魅力ですが、特筆すべきは声の表現力の多様さ。『風の海峡』『女の潮路』『海峡岬』など、海や港をモチーフにした悲恋曲が多いのも特徴ですね。今年4月にリリースした『心かさねて』は演歌・歌謡曲の週間ランキングで初登場1位。以後、ロングヒットを記録しています」(芸能記者)

 水森かおり以来、13年ぶりとなる女性演歌歌手の紅白初出場という快挙だ。11月24日、この吉報を受けた市川は大号泣。歌への思い入れはハンパではない。「6歳で演歌の魅力にハマった彼女ですが、多難な思春期を送っています。中学1年生のとき、両親が離婚。母は女手ひとつで、7歳上の障害を持つ兄と市川を育ててきました」(制作会社ディレクター)

 16歳のとき、地元・埼玉で、埼玉新聞社が主催するカラオケ大会で優勝。スカウトされ、『おんなの祭り』でデビュー。『NHK新人歌謡コンテスト』で優秀賞受賞など、華々しく活躍するも、26歳のある日、突然、活動を休止する。「“こんな気持ちでは歌えない”と、燃え尽き症候群になったそうです。4年半の間、歌手業から身を引き、新宿の天ぷら屋などでアルバイトをしていたといいます」(前同)

 そのまま引退する道もあっただろうが、力強く復帰。その後の大躍進の結果、紅白出場へと結実したのだ。「彼女は、謙虚過ぎるんです。いい人過ぎる」と言うのは、民放局ディレクター。

「“三歩下がって歩く”を地で行く控えめな性格で、舞台裏でもスタッフに丁寧。いつも周囲を気遣う女性らしさがありますね」(前同) 過去に彼女が本誌のインタビュー連載に登場した際も、担当の記者は謙虚な人柄を感じたという。

 <歌っているときはそうなんですが、皆さん(他の歌手)で並んだりすると、“どうぞ、どうぞ”と、周りの方の後ろに下がってしまいがちで……>と、語ったのちに、<昨年、そんな性格が災いして、ある舞台で、気づかぬうちに後ろに下がってしまい、ステージの後ろに転落してしまうというアクシデントがあったんです> ドヒーッ! と、本誌取材班の度肝を抜くひと幕も。

 そんな彼女が、紅白の準備に忙しい中、特別に本誌にコメントを寄せてくれた。<皆様の応援のおかげで、この度『第67回NHK紅白歌合戦』に初出場することが出来ました。子供の頃から家族で見ていました番組で自分が歌えるなんて……。感激で胸がいっぱいです。これからも努力し続けて参りますので、今まで同様、温かい応援を頂けると幸いです。当日は感謝の気持ちをこめて、精一杯歌います。ありがとうございました。市川由紀乃>

 デビューから23年――市川由紀乃の歌は、あなたの胸を打つはずだ。

『NHK紅白歌合戦』初出場の40歳新人歌手「市川由紀乃」という新スター

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.