日刊大衆TOP 芸能

大谷翔平の二刀流、広島カープの躍進…2016年プロ野球「マニアック解説」

[ヴィーナス2016年12月04日号]

ボートレース福岡
http://www.boatrace-fukuoka.com
GⅢマスターズリーグ第4戦・週刊大衆杯(7月20日~7月25日)

大谷翔平の二刀流、広島カープの躍進…2016年プロ野球「マニアック解説」

 渡り歩いた球団を必ず優勝に導き、数々の大打者から慕われ、「伊勢大明神」とも呼ばれた日本を代表する名コーチに今シーズンを振り返ってもらった。プロの中のプロの視点で見ると、野球って、こんなに奥が深いんです!

 2016年のプロ野球は、セ・リーグでは広島カープが25年ぶりに優勝し、パ・リーグでは日本ハムが11.5ゲーム差をひっくり返して逆転Vを果たすなど、大いに盛り上がりを見せた。すでに来年に照準が向いている野球ファンも多いと思うが、その前にもう一度、今季を振り返ってみたい。

 そこで、野村克也監督の下、ヤクルトで打撃コーチを務め、3度のリーグ優勝、2度の日本一に輝き、その後も近鉄、巨人など、行く先々のチームを優勝に導いた伊勢孝夫氏にインタビュー。レジェンド級の裏話まで飛び出した!

 インタビューが行われたのは、日本ハムがCSファイナルステージでソフトバンクを撃破した翌日のことだった。「凄いのが出てきたね。大谷(翔平)は限界を超えとんな。日本人じゃ打てない。あれは無理や」

 1戦目、大谷は7回1安打無失点と好投。5戦目には、7-4で迎えた最終回、リリーフでマウンドに登り、日本最速の165キロを計測。圧倒的な投球で、試合を締めくくった。「もしワシが打撃コーチやったら、タオルを投げてるな。ノムさんが監督だったら試合中に“おい、なんとかしろよ”って言うんやけど、“なんとかなりません”って言うよ。大谷が投げる試合は捨てさせるな。松坂大輔は“平成の怪物”っていわれてたけど、大谷は何やろな。“平成のゴジラ”か(笑)」

 伊勢氏が白旗をあげるほど、大谷の投手としての才能はズバ抜けているのだが、打者・大谷について聞いてみると、「打者としては、けっこう攻めるところがある」と話す。

「上背があって、リーチが長いから、ベルトから上、つまりインハイは絶対に打てない。ただ、それには条件があって、145キロ以上の真っすぐな。CSでも攝津(正)や岩嵜(翔)が徹底的に、そこを攻めてたけどな。でも、それだけ大きなウィークポイントがあるのに、そこまでマークせなアカンのかと。それやったら、中田(翔)やろと思って見てたんやけど。結局、中田に打たれたよな。マークの仕方が悪かったんとちゃうかな」

 もう一つ、CSで印象的な場面が伊勢氏にはあったという。「3戦目の初回、ソフトバンクの千賀(滉大)がレアードに3ランを打たれたけど、なんでやねんと。1-1から4球続けてフォーク。最後に高めに浮いてホームラン。“そこは1球インサイド挟まなアカンやろ!”って、思わずテレビの前で口に出してたよ。次の打席は徹底してインサイド攻めてたけど、打たれてからじゃ遅いわ。実はベテランの捕手(細川亨)だと、一か八かの勝負をせんのよ。安全策に行く。年寄りの捕手には大きな落とし穴があるんよ」

次ページ >> 名捕手・古田の意外な配球の傾向

大谷翔平の二刀流、広島カープの躍進…2016年プロ野球「マニアック解説」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.